武将・武士

武士は"一郎=長男、二郎=次男"…じゃない!意外な名前のルール【男兄弟】

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

「一郎」・「二郎」はもともと長男・次男の名前ではなかったという雑学

もし「一郎」・「二郎」・「三郎」という名前の兄弟ならば、順に長男・次男・三男というイメージだろう。

たとえば、政治家の小沢一郎は長男、俳優の佐藤二朗は次男、スポーツ界の重鎮・川淵三郎は三男であり、イチローこと鈴木一朗が次男であるなどの例外もあるが、冒頭のイメージは変わらない。

だがしかし! 実は「一郎」・「二郎」は、それぞれ「長男」・「次男」に使われる名前ではなかったのである。今回は、これまでの常識を覆す意外な雑学を解説していきたい。

【歴史雑学】「一郎」・「二郎」はもともと長男・次男の名前ではなかった!

孫ちゃん
俳優の佐藤二朗さんって、おもしろいよね~。二朗ってことはやっぱり次男なのかな。
おばあちゃん
そうらしいねぇ。でも実は、一郎とか二郎って名前は長男・次男の名前じゃないんだよ。
孫ちゃん
え?そうなの!?じゃあ何?
おばあちゃん
長男・次男って意味での名前は「太郎」・「次郎」。まあ次男の場合は、読みはどっちも「じろう」だけどね。

【雑学解説】「一郎」・「二郎」は○番目の名前

「一郎」・「二郎」は○番目の名前についてのトリビア

冒頭にも述べたように、現代では「一郎」と「二郎」は長男と次男に付けられる名前であるが、本来長男と次男に付けられていた名前は「太郎」「次郎」である。では、なぜ「太郎」と「次郎」なのだろうか?

かつての武家において、名前は成長するごとに変わるものであり、子どものころに付けられた名前はいずれ使われなくなるものだった。

そのため、生まれた順番がわかりやすくなるよう、便宜的な名前として「太郎」・「次郎」・「三郎」…などの数字を使った名前が付けられていたのである。

「太」という字は、子どもが健康に育つようにという意味で使われており、「次」は長男に次ぐ男の子というそのまま意味。そこから「太郎」・「次郎」となったそうだ。

おばあちゃん
便宜的な面もあるけど、ちゃんと子供を想った意味もあるんだねぇ。

ここで疑問となるのが、「一郎」と「二郎」の扱い。この2つの名前は最近になって登場した名前なのだろうか? そんなことはなく、実は「一郎」と「二郎」はそれぞれ11番目と12番目の男の子に付けられる名前だったのだ!

孫ちゃん
11番目と12番目!?
おばあちゃん
昔は子供が多かったからねぇ。

素直に「十一郎」と「十二郎」にしなかったのには、実はわけがある。武士といえば切腹がつきものだが、切腹の際には腹を十字に切っており、「十」という字は、切腹した傷を思い浮かべるために使うことが避けられたのだ。

孫ちゃん
今じゃ全然想像もできないけど、昔は「十」ってあまりよくないイメージなんだね。

そのため、「十一」と「十二」から「十」を取って、「一」と「二」を使ったという。では、13番目・14番目…はどうなるかというと、「又」や「与」のような「再び」という意味をもつ漢字を付けて「又三郎」・「与四郎」のようになったらしい。

かつての武家では、跡取りを多く残すために子どもが多かったという事情から、このような名付けルールができたと思われる。そして、近世になると一族の子どもの数が減ったため、長男と次男にも「一郎」・「二郎」が付けられるようになったようだ。

これまで考えることもなかった、「一郎」と「二郎」にまつわる歴史的なルール。かなり意外なものではないだろうか?

おすすめ記事

「イチロー」こと、鈴木一朗さんは次男という雑学
イチローこと鈴木一朗さんは次男だった!名前の由来とは?

続きを見る

スポンサーリンク

【追加雑学①】三四郎は何番目の男の子?

三四郎は何番目の男の子?についてのトリビア

夏目漱石の小説のタイトルにもなっており、お笑い芸人のコンビ名にもなっている「三四郎」という名前。これって3番目なのか4番目なのか? まさかの34番目の男の子なのだろうか…と疑問に思う方もいるだろう。

孫ちゃん
うんうん。そうだよね。何番目の子供なんだろ?

簡単に答えをいうと、「三四郎」は7番目の男の子のことである。三と四を足して七…という理屈らしい。

なぜ「七」ではなく「三四」を使うのかといえば、「十」を使わないのと同じ理由らしい。しかも、「七」の字は「十」に加えて横に棒が1本余分であり、これが切腹した際に体外に出た腸を想像させるのが名前に使われないゆえんだ。

おばあちゃん
そんな理由があったんだねぇ。

ここまで書いてきてなんだが、「十郎」は10番目の男の子に普通に使われているらしい。これについての理由は不明だが、なぞのダブルスタンダードに違和感を覚えてしまうのは、私だけだろうか?

孫ちゃん
えぇ~~~!?ほんと謎~~!!超矛盾!

【追加雑学②】氏名の記入例が「山田太郎」である理由

氏名の記入例が「山田太郎」である理由についてのトリビア

「太郎」という名前で思い浮かぶ名前の筆頭といえば、「山田太郎」。役所などの書類において、男性の氏名記入例として「山田太郎」と書かれているのを目にした方は多いだろう。

孫ちゃん
女性の名前は「山田花子」さんね。よくあるよくある。

では、なぜ記入例は「山田太郎」なのか? たしかに「太郎」は男子の名前としては一般的だが、日本全国における名字のランキングで「山田」はトップ10にも入らないのに…。

もちろん、日本全国における名字のツートップといえば「鈴木」・「佐藤」であるが、「鈴木」や「佐藤」は地域ごとに偏りがあり、西日本ではトップ10に入らない場合もあるとか。

おすすめ記事

日本で最も多い苗字ランキングに関する雑学
日本一多い名字ランキングトップ10!都道府県ごとのトップ3も発表!

続きを見る

その点、「山田」はどの地方でも安定して多い名字であり、日本全国の誰が見ても一般的な名字といえるのだ。

また、これは個人的な推測だが、「山」も「田」も小学1年生で習う漢字であり、簡単に書くことができるというのも「山田」が使われている理由なのではないだろうか?

おばあちゃん
あながち間違ってないだろうねぇ。読めない人はいないだろうし。

今までサラッと眺めていた「山田太郎」の名前だが、採用されている理由には納得の理由があったのである。

雑学まとめ

武士は"一郎=長男、二郎=次男"…じゃない!意外な名前のルール【男兄弟】についての雑学まとめ

「一郎」・「二郎」にまつわる意外な雑学はいかがだっただろうか?

今回のトリビアを調べているときに思ったのが、武士には子どもが多く、名付けもきっと面倒くさかったんだろうな…ということである。

おばあちゃん
だからきっと「便宜上」付けられてしまう名前があったってことだろうね。

現代の日本では、少子化が問題になるほどに子どもが少ないので、名前を考える余裕もきっとあるだろう。もし、アナタが親になるときは、便宜的な名前ではなく、じっくりと考えた名前を付けてあげてほしい

孫ちゃん
そりゃもう当然!めちゃめちゃ考えるよ!
おばあちゃん
キラキラネームはやめときないさいよ。

おすすめ記事

森鴎外の子供たちの名前は元祖キラキラネームということに関する雑学
森鴎外の子供の名前はキラキラネーム。そんな名前をつけた理由は?

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2021 雑学カンパニー