寺・神社

お使いの役目!稲荷神社の神様は狐ではない【ウカノミタマ】

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

稲荷神社の神様は狐ではないという雑学

私は小さいころ、「稲荷神社」というものには、狐の神様がいると思っていた。稲荷神社には必ずと言って良いほど狐の像があり、稲荷神社をネタにした漫画などでは、狐のキャラクターが出てくることが多かったからだ。

しかし、稲荷神社には狐の神様はいないのだ! それではなぜ、あんなにも狐の像が置かれているのだろうか?

知ってるようで知らない、稲荷神社と狐にまつわる雑学を紹介しよう。

【歴史雑学】稲荷神社の神様は狐ではない

孫ちゃん
神社でよく見る狐って、その神社の神様なの?
おばあちゃん
いや、狐は神様じゃなくて、農業や商業の神様として祀られてる「ウカノミタマ」のお使いなんだよ。あと、狐がいるのは稲荷神社だからね。
孫ちゃん
あ、どこの神社でもってことじゃなくて稲荷神社だけなんだね。狐は神様のお使いなのか~。

【雑学解説】稲荷神社の狐はお稲荷さんのお使い

稲荷神社の狐は、神使(しんし)と呼ばれる神様の使いである。

昔の日本では、神様が人間の前に姿を現さない代わりに、神様にゆかりのある動物を使って人間たちにコンタクトをとっていたという考えがあった。

稲荷神社に祀られているのは「ウカノミタマ」という農業の神様だ。現代では、漁業や商業など、幅広いジャンルの神様として親しまれるようになっている。

どうして狐が「ウカノミタマのお使い」といわれるのか

それでは、どうして狐が「ウカノミタマのお使いだ」と思われるようになったのか。それには様々な説があるが、有力なものとしては「ネズミを食べていたから」というものが挙げられる。

ネズミは、稲作で大事に育てた稲を食べてしまう害獣。そんな害獣を、狐は好んで食べていた。これを見た人間は…

「狐がネズミを食べてくれることで、稲が荒らされない…。狐は稲を守ってくれる…。狐は稲の神様のお使いなんだ!」

と思うようになった。これが、狐がウカノミタマのお使いといわれている由来である

おばあちゃん
ウカノミタマが農業の神様だったから、そう考えられたんだろうねぇ。

この雑学を知ると、「稲荷神=狐」と思うのは間違っているということが分かる。となると、稲荷神社を扱った漫画などで狐のキャラが神様として出てくるのも、本来の意味から少々違っているということになるのか…。

おすすめ記事

神社に置かれている狛犬は、犬ではないという雑学
神社の狛犬…犬っぽくないな〜と思ってたらアノ動物だった

続きを見る

スポンサーリンク

【追加雑学】稲荷神社にはなぜ油揚げをお供えするのか?

稲荷神社のお供え物として、定番となっているのが油揚げである。お供えでなくても、きつねうどんには油揚げが当たり前だ。

さて、それではどうして「稲荷のお供え=油揚げ」なのだろうか?

実は昔は、稲荷神社のお供えといえば「ネズミの揚げ物」だった。しかし、だんだんと「ネズミを捕まえるのは大変だ」という考えが出てきて、代わりに豆腐で作った油揚げをお供えするように。

その他にも、仏教的な考えから「動物の死体をお供えするのはいかがなものか…」ということで、ネズミから油揚げに変わったという説もある。

もし今もネズミの揚げ物を供える風習が残っていたら、もしかしたらきつねうどんや稲荷寿司はなかったかもしれない。人間の考えの変化から、お供え物が変わってしまったが、個人的にはネズミから油揚げに変わって良かったと思っている。

孫ちゃん
う…。きつねうどんとかおいなりさんとか見たら、「もともとはこれがネズミだったのか…」とか思っちゃいそうでちょっとイヤ…。
おばあちゃん
ふふふ。でも食べるんでしょ?
孫ちゃん
そうだけど!食べるけど!

「稲荷神社の狐」の雑学まとめ

稲荷神社の狐にまつわる雑学を紹介してきた。稲荷神社といえば、どうしても狐のイメージが付きまとう。そこから、「稲荷神社には狐の神様がいるんだ」と思う人も多いだろう。私も昔はそうだった。

しかし、稲荷神社の狐は神様ということではなく、稲荷神社に祀られるウカノミタマという神様のお使いだったのだ! 今風に分かりやすくいうと、ポケモンの主人公サトシの相棒・ピカチュウのようなものだろうか。

おばあちゃん
ピカチュウはサトシのお使いなのかい?
孫ちゃん
う~ん?まあサトシが直接戦うわけじゃないから、似たようなものなのかな?

もしも稲荷神社に行くことがあったら、狐ではなく、ウカノミタマに対してお祈りをしよう。

おすすめ記事

日常のうんちく雑学まとめ
日常のうんちく雑学まとめ31選!トリビア&豆知識を一覧にしました

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー