日本史 盛り上がる

後藤象二郎ではなく?日本人で初めてルイ・ヴィトンを買ったのは板垣退助

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

日本で初めてルイ・ヴィトンを買ったのは板垣退助という雑学

日本人初のヴィトンの顧客・板垣退助

世界一のファッションブランドはと聞かれて、「ルイ・ヴィトン」を連想する人は多いはずだ。街を歩けばそこかしこでモノグラムの柄を目にするし、財布はヴィトンじゃなきゃという人もいるだろう。

このように現在はすっかり日本にも浸透した、フランス生まれのヴィトン。そういえば日本にやってきたのって、いつごろの話だったのだろう? まだ出回ってないころにヴィトンを手に入れた日本人は、それこそファッションリーダーだったに違いない!

…何? 日本で最初にヴィトンを買ったのは、自由民権運動の板垣退助だと!?

【歴史雑学】日本人で初めてルイ・ヴィトンを買ったのは板垣退助

信長さん
以前は、ルイ・ヴィトンを始めて購入した日本人は後藤象二郎だといわれていたが、2017年に板垣退助のほうが先に購入していたことが判明したんだ。

秀吉くん
戦国時代にヴィトンがあれば、僕が一番乗りしてたところっすけどね…!
 

【雑学解説】板垣退助が日本人初の顧客だったことが判明

子孫が受け継いだトランクのシリアルナンバーから、板垣退助が日本人初の顧客だったことが判明というトリビア

ある時期からヴィトンの日本人初の顧客は、土佐藩士で大阪府知事を務めたこともある後藤象二郎(ごとうしょうじろう)だといわれていた。

ところが2017年のこと、板垣退助の子孫から高知県の自由民権記念館へ、代々受け継いできたヴィトンのトランクが寄託されたことにより、新たな事実が発表されることになる。

寄託されたトランクのシリアルナンバーは「7720」

そしてヴィトン・パリ店の顧客名簿にもたしかに「itagaki」という人物が、同じナンバーのものを購入した記録が残っており、その購入年月日は1883年1月9日だった。同時に、後藤象二郎が購入したのはこの3週間後だということも判明したのだ。

秀吉くん
僅差で板垣退助の方が先にヴィトンで買い物してたんっすね。

なぜか後藤の事例が先に発表されていたため、長らく彼が日本人初の顧客だと勘違いされていたのである。

史実と照らし合わせてみても、1882年から1883年にかけ、板垣は政治視察のため、後藤と共にパリやロンドンを外遊している。後藤がちょっと後に購入していることを考えると、彼は板垣の勧めでトランクを買ったのかも?

なかには日本人初の顧客が板垣だったことではなく、「というか後藤象二郎でも意外だし!」と思った人もいるのではないか。「改革も大事だが、政治家はこれぐらいオシャレでなくてはな!」などと言っていたのだろうか…。

と、思ったりしたが、板垣がトランクを購入した理由は、「フランスで購入した書物が長い船旅で傷んでしまわないように」だといわれている。なるほど、オシャレではなく政治家らしい理由があったのだな!

信長さん
書物が傷まないように丈夫な高級ブランドのトランクを買う…さすが政治家だな。

スポンサーリンク

【追加雑学①】板垣退助が買ったヴィトンはモノグラムではない

ヴィトンといえば誰もが思い浮かべるのはモノグラムの柄だ。

しかし板垣の所有していたトランクは、モノグラム発売前の、ベージュ地に細い赤の縞が入った「レイエ・キャンバス」を使ったもの。なんでもスペイン王室御用達のモデルだったといわれている。

以下はヴィトンの歴代トランクを紹介した動画だ。レイエ・キャンバスを使ったシリーズもしっかり登場しているぞ!

秀吉くん
ヴィトン=モノグラムっていうイメージがあったっすけど、最初はシンプルなトランクから始まったブランドだったんっすね~!

1854年のモデルは、どこか昔話の『舌切り雀』に登場するつづらを連想させるような…。さまざまなデザインが考案された歴史があるのだなあ…。

スポンサーリンク

現行の「ダミエ」・「モノグラム」は日本由来?

動画後半に登場する、現行の「ダミエ・キャンバス」と「モノグラム・キャンバス」は、日本文化の影響を受けているという説もあるぞ!

なんでもモノグラムのデザインは、日本の「徳川家・島津家の家紋」を模したものの可能性があり、ダミエは日本の伝統的な柄である「市松模様」を参考にしているという話だ。

これらはコピー商品に悩まされていたヴィトンが、その対策として考案したもの。だとすると、日本古来の柄というのは真似されにくいのかもしれない。

信長さん
徳川の奴の家紋なんて使わず、俺の家紋を使えばいいものを…!

おすすめ記事

ルイ・ヴィトンのロゴは、日本の家紋がルーツという雑学
マジか!ルイ・ヴィトンのモノグラムは日本の家紋がモチーフだった

続きを見る

【追加雑学②】板垣退助より先に買った人がいるかも?

板垣退助より先に買った人がいるかも?というトリビア

板垣退助が日本初の顧客として認定された根拠は、現存しているトランクの影響が大きい。しかしヴィトンの当時の顧客名簿には、そのほか多数の日本人の名前も見つかっているようだ!

  • 元薩摩藩士・大山巌(おおやまいわお)…1882年に購入
  • 関西大学創立者・小倉久(おぐらひさし)…1884年に購入
  • 政治家・西園寺公望(さいおんじきんもち)…1886・88年に購入
  • 元薩摩藩士・フランス公使の鮫島尚信(さめじまなおのぶ)…1875年に購入
秀吉くん
そうそうたるメンバーが並んでるじゃないっすか!

なるほど、「日本で初めてヴィトンを買ったのは鮫島尚信」という説も捨てがたい。ただこれに関しては、現物が残っていない以上、ハッキリとはわからないのが現状である。

また詳細な年数こそ不明だが、薩摩藩藩主・島津斉彬(しまづなりあきら)が最初という説もある。

なんだなんだ! 明治維新と同時に、元薩摩藩士の間ではヴィトンが大流行していたというのか? 海外から新しいものを取り入れることは、改革といえば改革だが、両者のイメージのギャップがすごいぞ。

ちなみに紹介したなかだと、1884年に小倉久が購入したものは、現在も関西大学に展示されている!

雑学まとめ

後藤象二郎ではなく?日本人で初めてルイ・ヴィトンを買ったのは板垣退助という雑学まとめ

オシャレの代名詞であるヴィトンの日本人初の顧客が、あの板垣退助だとは意外に思った人も多いのではないか。しかも当時の顧客名簿には、見事に元薩摩藩士の名がズラッと並ぶ。

ただこれも考えてみれば道理で、板垣が長い船旅にも耐えうると判断した頑丈なトランクを、オシャレな女性が持ち歩く姿は想像しにくい。ヴィトンはそこから年月を経て、徐々に男女問わず愛されるようになっていったのだろう。

秀吉くん
もし僕の生きてた時代にヴィトンがあったら、金箔張りの特別オーダーをしてたっすよ!
信長さん
サル、お前『豚に真珠、サルにルイ・ヴィトン』っていう言葉知ってるか?

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー