果物

超巨大!世界で一番大きい果物はジャックフルーツ(パラミツ)【動画あり】

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

世界で最も巨大な果物ジャックフルーツに関する雑学

あなたはジャックフルーツという果物の名を聞いたことがあるだろうか。どんな果物かって、何を隠そう、世界最大の果物である。

世界最大ってどんな? 果物の王様・ドリアンとどっちがでかい? などという声が聞こえてきそうだが、はっきり言って、ジャックフルーツのでかさの前には、ドリアンなんて足元にも及ばない。

またジャックフルーツは食材としての万能っぷりや、栄養価の面でも注目され、近年着々と知名度を上げつつあるスーパーフードでもある。

さて、いよいよその全貌が気になってくるところ。今回はそんな世界最大の果物・ジャックフルーツの雑学を紹介しよう!

【食べ物雑学】世界で一番大きい果実は「ジャックフルーツ」

ロバート
フルーツってヘルシーで美味いよな。腹いっぱい食いたいぜ!

エイミー
それなら、世界最大の果物・ジャックフルーツなんてどうかしら?直径70cmになるほど巨大なうえ、栄養満点のスーパーフルーツなんていわれてるのよ。

【雑学解説】果物の王様はドリアンではなくジャックフルーツ!?

ジャックフルーツはインドが原産とされる果物で、東南アジアやブラジル、アフリカなどの熱帯地域で主に生産されている。いわゆるトロピカルフルーツの一種で、日本でも沖縄あたりでは生産されていたりするぞ。

植物学的には、イラクサ目クワ科パンノキ属パラミツ。日本では和名の「パラミツ」という呼び方もポピュラーだ。漢字で書くと「波羅蜜」。なんか昔のヤンキーの「夜露死苦」みたいなノリである。

なんといっても、驚かされるのはその大きさで、幅は40cm・長さ70cm・重さ40~50kgと、普通に大人の女の人ぐらいの重量になる。

果物の王様と言われるドリアンが約20cm~30cm、重さは1~5kgなので、ジャックフルーツの方がはるかにでかい。というか重量の差を考えると、ジャックフルーツにいかに実がつまっているかがわかる!

どっちが王様なのかいよいよわからないぞ。

ロバート
腹いっぱい食えるってレベルじゃねーぜ!

以下の動画でその大きさを体感していただこう。これはまさに想像を絶するでかさ!

ロバート
マジででかいな!!

エイミー
切り分けるの、ちょっとめんどくさそうね。

東南アジアの市場なんかに行くとまるでボーリング場の玉みたいに、ゴロゴロとコイツが転がっているわけだ。

うん、この雑さ加減が東南アジアっぽくてたまらん!

ジャックフルーツは木の幹に実る

そのとてつもなく巨大な姿を見てしまうと、にわかには信じがたいが、ジャックフルーツは果物の名に恥じず、ちゃんと木に実る。

…それってクソ怖くね? 枝とか折れて落ちてくるんじゃね?

と、思うところだが、安心してほしい。ジャックフルーツは自分の図体をよく理解しており、枝ではなく、木の幹に実をつけるのだ。見てくれは木から巨大なコブが生えてるみたいでとってもユニークだぞ!

いや、やっぱり普通に落ちてきそうー!! 木と繋がってる柄の部分がすっごい丈夫とかそんな感じなのか? ご覧の通り、数人がかりでないと危なくて収穫もできないほどである。

おすすめ記事

ドリアンが臭い理由とは?お酒を一緒に摂取したらダメです【動画】

続きを見る

スポンサーリンク

【追加雑学①】で、ジャックフルーツってどんな味なの?

見た目からかなりインパクトのあるジャックフルーツ。気になるのはそのお味のほうだが…。はっきりいうと、人によって好き嫌いがわかれる。

よく熟したジャックフルーツは強烈な甘い匂いを放ち、「チューイングガムみたい」と感じる人もいれば、苦手だと「ドリアン並みに臭い」と感じる人もいる。

味としてはナタデココのような歯応えのある食感に、酸味と濃厚な甘みが共存したなんとも不思議な味わいだ。パイナップルのようでもあり、アボカドのようでもあり、バナナのようでもある。

自分で言っていて何が言いたいのかわからなくなってきたが、とにかく表現しにくい味なのだ。

ロバート
パイナップル?アボカド?バナナ?わかんねーよ!!
エイミー
複雑な味っていうのはよく分かったわ。

また熟していないものを選んでしまうと、生で食べるには味が薄すぎるので、旅行先の市場などで買うなら「よく熟したものがほしい」という旨を伝える必要がある。

熟していないものを生で食べてしまい「ジャックフルーツはマズイ」と思い込んでしまう人も多いのだ。

ジャックフルーツは食べ方もいろいろ

ジャックフルーツは実を開くと、中身に10cmほどの果肉が、トウモロコシのように列を成して並んでいる。

食べ方としては、これを生でひとつずつつまんで食べるのがまずひとつ。そのほかにもドライフルーツや、チップスにしたものなんかが人気だ。

これはチップスながらに食べ応えがありそう!

また熟していないジャックフルーツは味が薄いと言ったが、これは料理に使うと、炒め物やカレーなど、なんにでも合う万能食材へと変わる。料理に使う場合は調味料の味付けがしやすいよう、熟していないものを選ぶほうがいいのである。

というか、熟したものは逆に主張が強すぎて料理には合わない。

ジャックフルーツはとにかく食感が良く、食べ応えがあるので、お肉に代わる食材になる。こういった側面から近年はアメリカなどでも、ベジタリアンやヴィーガンを中心に注目されているのだ!

以下はジャックフルーツを使った疑似他人丼のレシピ動画。種も茹でれば栗みたいにおいしく食べられるのがポイントである。

ジャックフルーツはAmazonなどでも出回っていたりするので、日本にいても意外と気軽に食べられる。丸ごとをさばくとなるとやはり大変なので、家で使うなら缶詰のものを注文するのが便利だ。

お肉などと比べるとカロリーも低いので、ダイエット食としてもいいかも!

もし自分で切り分ける場合、皮から出てくる白い樹液がベトベトして、手につくと取れにくいので少々厄介だ。そんなときは、食用油を使って洗い流すのがおすすめ。これは東南アジアの現地人なんかも御用達の方法だ。

【追加雑学②】ジャックフルーツは栄養満点のスーパーフード

ジャックフルーツはその栄養価にしても、実は王様クラスである。含まれている主な成分と、健康効果は以下の通り。

  • βカロテン・ビタミンC・食物繊維など…アンチエイジングや免疫力アップに効果的
  • カリウム…高血圧に効果的
  • カルシウム・マグネシウム…骨粗しょう症に効果的
  • たんぱく質…筋肉の素(微量だが果物に含まれているのは稀)
エイミー
女性は積極的に摂取したいフルーツね!

ちなみにたんぱく質に関しては、物足りなければ豆腐などの大豆製品と合わせて調理すると、十分な量を摂取できる。

こんな感じでジャックフルーツは果物としてはかなり栄養価の高い、スーパーフードなのである! それでいてお肉の代わりになる食べ応え…。これはいよいよ試す価値ありではないか。

食べ過ぎには注意!

これだけ身体にいいなら! とバクバク食べてしまいそうなところだが、ジャックフルーツは、空腹時にそれだけで食べたり、あまり量を食べ過ぎたりすると、下痢を起こしてしまうリスクがある。

食物繊維が非常に豊富なため、消化するために胃酸が大量に分泌されるからだ。東南アジアやインドの現地人でも普通にお腹を壊すらしいので、あくまで限度をわきまえて…。おいしく食べられる範囲で楽しもう!

雑学まとめ

今回は世界最大の果物・ジャックフルーツの雑学を紹介した。

びっくりするほどのでかさは見せかけだけでなく、食材としても抜群に優れたジャックフルーツ。ドライフルーツやチップス、または料理に入れたりと食べ方が豊富なので、生が苦手な人も大丈夫だ!

まさに知る人ぞ知る、果物界の裏の王様…それがジャックフルーツなのである。

エイミー
ジャックフルーツ1個買うのって大変そうだけど、ドライフルーツや缶詰でも購入できるのはいいわよね。
ロバート
ジャックフルーツを毎日食べたら、オレ、ますますハンサムになっちまうぜ!!

おすすめ記事

世界で一番大きな柑橘類は晩白柚という雑学
世界一大きな柑橘類は晩白柚(ギネス認定)。熊本県で生産されてます

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー