企業・商品

パパラッチ対策!ケリーバッグの由来はモナコ公妃だった【エルメス】

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

ケリーバッグの由来はグレース・ケリーがお腹を隠したからという雑学

今回の雑学テーマはケリーバッグ。

ケリーバッグといえば、エルメスの代表的なバッグの一つである。

今ではケリーバッグという名前で親しまれているが、バッグ自体はこの名前で呼ばれる20年以上も前に誕生していたのである。

では、なぜ「ケリーバッグ」と呼ばれるようになったのか。そこにはハリウッドの大人気女優からモナコ公妃に転身したグレース・ケリーの存在が欠かせない。

【生活雑学】ケリーバッグの由来はグレース・ケリーがお腹を隠したから

孫ちゃん
あ~、ケリーバッグいいな~。「品のある大人の女!」って感じ~。
おばあちゃん
それはどこのブランドだい?
孫ちゃん
エルメスだよ~。おばあちゃん知ってる?ケリーバッグって、グレース・ケリーがパパラッチからお腹を隠すために使ったんだよ。

【雑学解説】ケリーバックの由来

ケリーバッグは、もともとは馬具メーカーだったエルメスが、鞍やサドルにつけるサドルバッグを婦人用のハンドバッグに改良し、1935年に発売開始した「サック・ア・クロア」のことである。

1956年、モナコ公妃となったグレース・ケリーがパパラッチにカメラを向けられた際に、持っていたバッグでとっさに妊娠中のお腹を隠した。そのときの写真が雑誌の表紙に使われたことでバッグが注目されたのだった。このバッグこそが「サック・ア・クロア」なのだ。

孫ちゃん
グレース・ケリーはね、大人気の女優からモナコ公妃になった人なんだよ。いつもパパラッチに追いかけられてたんだろうね~。
おばあちゃん
有名人が写真を撮られて、着てる服や持ってる物が注目されるのはよくあるねぇ。

グレース・ケリーのおかげで一躍有名になった「サック・ア・クロア」を、エルメスがモナコ公国の許可を得て「ケリーバッグ」と呼ぶようになったのである。

スポンサーリンク

【追加雑学①】ケリーバッグの特徴

それでは、ケリーバッグの特徴をみていこう。

1930年代、当時エルメスの当主だったロベール・デュマが、純粋にバッグとしての美しさを持ったハンドバッグを作ろうとして誕生したのがこのケリーバッグである。

ケリーバッグは台形型で、外側にポケットはなく、フラップ(ふた)を被せてクロア(ベルト)で開閉するフォーマルシーンに似合うバッグだ。

大きな特徴は、持ち手が1本であること。縫製は外から見えない柔らかでフェミニンな内縫いタイプと、縫製が外から見えるシャープで凛とした印象の外縫いタイプがある。

馬具メーカーだったエルメスが馬車から自動車への移り変わりをすばやく察知して、皮革製品の展開に力を入れたことで大成功。今日も憧れのブランド、憧れのケリーとして君臨しているのだ。

【追加雑学②】ケリーと人気を二分するバーキン

エルメスでケリーと同様に人気なのが「バーキン」である。このバーキンという名前も、イギリス出身の歌手で女優のジェーン・バーキンが由来だということをご存知だろうか?

1983年のある日、エールフランスの機内で、たまたま隣り合わせたジェーン・バーキンとエルメスの5代目社長が意気投合したことがきっかけなのである。

機内でエルメスの手帳にたくさんのメモを挟んでいたジェーンが、手を滑らせてメモを落とした際に、「どの手帳にもメモが挟みきれない、どのバッグにもポケットが足りないし!」と言うのを聞いたエルメスの社長が、「手帳を大幅に変えるのは難しいが、エルメスのアトリエであなたの理想のバッグを作りましょう」と申し出たことで誕生したバッグなのだ。

バーキンの特徴は高い収納力である。前面にオープンポケット、背面にファスナーポケットも備えていて、ケリー同様にフラップとクロアがついているが、持ち手が2本あり、フラップを内側に入れるとトートバッグのように使えるのだ。

孫ちゃん
バーキンも素敵なんだよね~。見た目はケリーとバーキン、ちょっと似てるんだよ。
おばあちゃん
たしかにバッグ自体は似てるけど、持ち手が1本か2本かで雰囲気が結構変わるもんなんだねぇ。
孫ちゃん
そうそう!そうなんだよ!ケリーは上品、バーキンはカジュアルって感じ。いつか絶対ほしいな~!

雑学まとめ

ケリーバッグについての雑学、いかがだっただろうか。ケリーバッグは、モナコ公妃となったグレース・ケリーが妊娠中のお腹を隠して有名になったことからつけられてた名前だった。姓のケリーを使ったのは、モナコ公国が公妃のイメージを守ろうとしたためだと伝えられている。

デビューから4年でアカデミー主演女優賞を受賞しクールビューティーと称賛されていたグレース・ケリーが、人気絶頂でモナコ公国のプリンセスに転身するという、20世紀のシンデレラストーリーは当時誰もがうっとりしたことだろう。

孫ちゃん
おばあちゃん、この当時のこと記憶にあるんじゃない?
おばあちゃん
う~ん…なんか聞いたことあるようなないような…。

そんな彼女が愛用していた、エレガントで気品ある美しいバッグにその名前がつけられ、憧れとして今でも全世界の女性を魅了しているのである。

おばあちゃん
エルメスはたしかに上品なイメージがあるね。
孫ちゃん
うんうん。ケリーが似合うような大人の女になるぞ~!

関連雑学

ルイ・ヴィトンのロゴは、日本の家紋がルーツという雑学
マジか!ルイ・ヴィトンのモノグラムは日本の家紋がモチーフだった

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー