水中の動物

実は基準がない…?クジラとイルカの違いはすごく曖昧。

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

クジラとイルカの違いに関する雑学

海面をピョンピョン跳ねるイルカと、普段はずっしりと構えていて、ときどき水中から体を出し潮を吹くクジラ。そんな彼らには、じつは大きな違いがないのである。

クジラとイルカの違いは基本的になく、かなり適当に決められている。そもそも、クジラとイルカの定義自体があいまいなのだ。とはいえ、一応基準がないわけでない

今回の雑学記事では、クジラとイルカの違いなどについて解説していこう。

【動物雑学】クジラとイルカの違いは?

ライオンくん
オレはあんまり海の生き物に詳しくないからわからないんだけど…クジラとイルカってどう違うんだ?
ウサギちゃん
分類学上ではクジラとイルカの違いは大きさだけなんだけど、その基準はかなりいいかげんなんだよね。

【雑学解説】クジラとイルカの違いは大きさだけ

クジラとイルカの違いは大きさだけというトリビア

クジラとイルカが近い種類の生き物だということはよく知られている。イルカとクジラの違いは何なのだろうか? 実はイルカとクジラに明確な違いはなく、分類学では体の大きさだけで決められている

この話をすると、クジラの子供がイルカだと勘違いされる場合があるが、あくまで成長した大人の大きさの話である。イルカが成長してクジラになるわけではない。

クジラとイルカは違う生き物と考える人が多いが、分類学ではイルカはクジラというグループの一部にすぎない

ライオンくん
クジラっていうグループの中にイルカがいたのか!

とはいえ、分類学が絶対的に正しいわけではなく、いろいろな考え方がある。

【追加雑学①】クジラとイルカの違いは大きさによるが明確な基準はない

クジラとイルカの違いは大きさだとされているが、大体3mから5mが境になっており、これを超えるとイルカからクジラになるといわれる。しかし、例外も多い。

オガワマッコウは、成長しても3mに満たないがクジラに分類されるシロイルカは5m以上でもイルカである。考えてみれば分類学が始まったのは、歴史的には最近である。極めて近い生き物と判明する前から、イルカやクジラは存在していた。

小さいクジラをイルカと呼ぶようにした方が、分類するのに便利だったのだろう。例外がいるのも当然である。

ウサギちゃん
クジラもイルカも、生物分類上では鯨類(げいるい)の動物なんだよ。

ちなみにクジラもイルカも日本語である。日本人以外はクジラとイルカを区別していないのかというと、そうでもない。英語圏であれば、

  • クジラ=ホエール(whale)
  • イルカ=ドルフィン(dolphin)

という具合にちゃんと区別されている。ただその違いはやっぱり曖昧で、アバウトな大きさの違いでしかないのである。

クジラとイルカはサメの仲間だと思われていた?

クジラは哺乳類だが、そのことが明らかになる前は大きな「魚」だと思われていた。水中で生活していることや形を考えれば魚の仲間だと考えるは自然なことである。

大昔には、クジラやイルカはサメの仲間だと思われていたらしい。たしかにサメとイルカの背ビレを見分けるのは難しいし、体型も似ている。

現在でも、サメはイルカに近いと勘違いする人もいるようだ。しかし、サメは完全な魚類であり、骨格などは完全に別物だ

魚類のサメと哺乳類のイルカでは泳ぎ方も全く違う

ライオンくん
オレ、クジラもイルカもサメも、みんな似たような生き物に見えるぞ…。

おすすめ記事

実はサメよりイルカのほうが強い説。水族館のイルカは超強い。

続きを見る

スポンサーリンク

【追加雑学②】クジラはハクジラとヒゲクジラにわけられる

クジラはハクジラとヒゲクジラにわけられるというトリビア

クジラは、歯をもたないヒゲクジラと歯をもつハクジラという2種類に大別される。ヒゲクジラとハクジラの違いはかなり大きい。ヒゲクジラはプランクトンなどを飲み込んで食べているのに対して、ハクジラは魚などを捕えて食べる

ヒゲクジラは魚を飲み込むこともあるが、ほとんどの場合はプランクトンをヒゲでろ過して食べている。ヒゲクジラに飲み込まれた魚は、ほとんど無傷のまま胃に運ばれる。ハクジラも攻撃性の高いものは少ないが、獲物をかみ殺す獰猛な種類もいるのだ。

食性を見ただけでも、ヒゲクジラとハクラジラは大きく違うことが分かるだろう。イルカはハクラジラの1種である

ウサギちゃん
世界最大のクジラ「シロナガスクジラ」は、ヒゲクジラの1種だよ。

おすすめ記事

シロナガスクジラは地球最大の動物で、心臓は軽自動車くらいあるという雑学
シロナガスクジラの大きさが異常。地球最大の生物を見よッ!【動画】

続きを見る

【追加雑学③】シャチはイルカなのか?

シャチは体型がイルカにかなり近い。水族館でショーをするのもイルカと同じである。下の映像はシャチのショーの様子だ。

ライオンくん
これがシャチなのか…?イルカとどう違うのかオレにはよく分からない…。
ウサギちゃん
落ち込まないでライオンくん!ボクたちは普段目にすることなんてないんだもん。違いが分からなくても仕方ないよ!

ショーを見るとイルカの仲間に見えるだろう。とはいえ、シャチは6mはあり、10mに達する個体もいる大きさで判断するなら、完全にクジラと考えるべきだ

英語では「Killer Whell」とも呼ばれており、直訳すると「殺し屋クジラ」になる。しかし、シャチはイルカ目に分類されており、分類学上はイルカということになる

やはり、イルカとクジラの大きさの基準はあいまいすぎるのだ。

雑学まとめ

実は基準ないんです…クジラとイルカの違いはすごく曖昧。という雑学まとめ

今回の雑学で紹介したように、イルカとクジラの違いはかなりあいまいである。イルカとクジラを同じと考えない人もいるが、どちらも一生を水の中で過ごす哺乳類である

イルカはショーなどで人間とうまく共存しているが、クジラはお刺身にされたり、竜田揚げにされたりするイメージがある。クジラの方がなんとなく不憫な気がしてならない。

今後、クジラが活躍する場を見てみたいものだ。

ライオンくん
イルカとクジラの違いなんてどうでもいいだろ?!どっちも海の中で生きてるって分かってるだけで十分じゃないか!人間はどうしてこんなくだらないことを考えたりするんだ…!
ウサギちゃん
ちょっと落ち着こうよライオンくん…。きっと人間は、地球上の動物たちと仲良くなりたくて、いろいろなことを考えてるんだよ…。たぶん…。

おすすめ記事

マッコウクジラの排泄物からつくる香水があるという雑学
龍涎香。マッコウクジラの排泄物からつくる香水がスゴいらしい…

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー