犬・猫

約2m!世界一長い猫はイギリスに住んでいる【動画あり】

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

世界で最も長い猫に関する雑学

「猫ブーム」が続いている!

私の周りにも猫を飼う友人がずいぶん増えた。たしかに、子猫に見つめられると思わず「家に連れて帰りたい…」と思ってしまう。

そんな猫ちゃんだが、普段私たちは、猫の「大きさ」を感じながら接している。しかし、「長さ」といったイメージで猫を見たことはないのではないか?

どうやら、世界にはとんでもなく長い猫がいるらしいのだ。さっそく調査してみたので、雑学としてご紹介していこう!

【動物雑学】「世界一長い猫」はメインクーンのルドくん!

ライオンくん
「世界一長い猫」は、イギリス・ウェイクフィールド在住のルドくんだ。ネコにも根性のあるやつがいるな!
ウサギちゃん
長さと根性は関係ないけど…スゴいね!

ギネス認定!世界一長い猫メインクーン「ルドくん」

現在生きている猫で、最も長い猫がルドくん。その長さは118.33cm!

人間の10歳男子の平均身長が117.4cmということなので、小学校1年生とだいたい同じ身長ということになる!

品種はメインクーンという世界最大の猫種で、映画「ハリー・ポッター」にも出演していたことで有名である。ルドくんは最大の猫種の最長の猫ということだ。

そして、ルドくんは「世界で最も長い猫」としてギネスにも登録されている。下の動画では、ルドくんとご主人の様子を見ることができるぞ!

どうだろうか? もちろんだが、ふつうの猫のサイズではない。

デカくてかわいい…長くても猫はかわいいということが証明された…。

猫の身長ってどこからどこまで?

猫の「長さ」とは、鼻先から尻尾の先までのことだ。人間の身長とは少し違う測り方である。

人間は2足歩行のため、立ったときの縦方向が一番長い。しかし猫は4足歩行なので、立っている状態では横方向が一番長いということになる。そうなると、頭のてっぺんではなく、鼻の先が一番長さを測れる部分ということになるのだ。

猫界ではどのくらい長い?

ルドくんが長いのは理解できた。では、猫の世界ではどのくらい長いのか?

よく見かける猫の長さは50cm程度。ということは、ルドくんはなんと2倍の長さになる! 人間の男性の平均身長が170cm前後なので、2倍となると340cm!

人間でいうと「3m40cm」の大男になってしまう!もはや進撃する巨人のちっちゃいやつだ。

ライオンくん
巨人はかわいくないけどな…

すごいなルドくん。

世界一大きな猫「メインクーン」ってどんな猫?

世界一大きな猫「メインクーン」

メインクーン

先に記したように、メインクーンは世界最大の猫種である。アメリカのメイン州の「州猫」として定められている猫だ。

被毛の色や尻尾がアライグマにそっくりで、「猫とアライグマの間に生まれたのではないか?」という仮説がある。アライグマが英語でraccoon(ラクーン)ということから、メインクーンとなったそうだ。

メインクーンは、猫とアライグマの種の壁を越えたハイブリットなのかもしれない。

スポンサーリンク

【追加雑学①】これまでで「世界一長い猫」は?

ルドくんは「生きている猫で世界一」だとお伝えしたが、過去にはもっと長い猫がいたのだ。

それはアメリカ・ネバダ州で暮らしていたミマンズ・スチュワート・ギリガン、通称ストゥーウィくん。

その長さはなんと123cm! ルドくんよりさらに5cm近く長い猫が過去にはいたのだ。

ルドくんが小学1年生と同じくらいなら、ストゥーウィくんは小学2年生と同じくらいの身長である。どちらにしても規格外の大きさということは間違いない。

しかし残念ながらストゥーウィくんは、2013年にガンでこの世を去っている。

【追加雑学②】世界一短い猫が小さすぎる…!

世界一長い猫がいるなら、その反対の世界一短い猫はどんな猫なのか?

残念ながら、鼻先から尻尾の先で測った短い猫は発見できなかった。

代わりに、ギネスに記録されている中でもっとも小さかった猫として、ペルシャにいたティンカートイちゃんという猫がいた。体長は19cm…! 手のひらに収まりそうなくらい小さい。これはダメだ。かわいすぎる。

ウサギちゃん
一度お会いしたいよ…!

世界一長い猫と世界一小さい猫では、人間にすると、大人と生まれたての赤ちゃんよりもさらに差がありそうなくらいの違いがある。

下の画像は、世界一小さい猫として話題になった「サビイロネコ」の様子を捉えたものだ。かわいいなんてもんじゃない。1日1回見ても飽きない自信がある。

https://youtu.be/W86cTIoMv2U

ライオンくん
な、なんだ…この庇護欲をそそられる映像は…!

スポンサーリンク

【追加雑学③】さまざまな「長い」記録を持つ猫たち

世界には、身長が長いだけではなく、さまざまな「長い猫」の世界一がある。

世界一「尻尾」が長い猫

アメリカのミシガン州に暮らしていたメインクーン種のシグナスは、尻尾の長さがなんと44.66cm! 世界一長い尻尾の持ち主であった。

残念ながら2017年11月、火事により他界している。

世界一「体高」が長い猫

サバンナキャットのアークトゥルスは、背までの高さが48.4cmで、世界一背の高い猫としてギネス認定されている。しかも「世界一尻尾が長い猫」シグナスと同じ家に住んでいて、一軒の家から2匹も世界一が誕生したのであった。

アークトゥルスもシグナスと同じ火事により他界している。残念でならない。

世界一「毛」が長い猫

世界一長い毛の持ち主は、アメリカ・カルフォルニア州オーシャンサイドに住むソフィー。一番長い尻尾の毛は25.68cmもある。

世界一「寿命」が長い猫

猫の平均寿命は15歳といわれている。アメリカ・テキサス州オースティンのクリーム・パフちゃんは、38歳と3日生き、世界一長く生きた猫として知られている。人間でいうと168歳! 信じられない長生きさんだった。

【追加雑学④】猫の世界一はアメリカで誕生している

世界一の「長い」記録の猫たちを挙げたが…お気づきだろうか? すべてアメリカで記録されている猫である。猫ギネスの多くはアメリカで誕生しているのだ。

これはなぜか?

アメリカは世界で最も多く猫を飼っているからである。

猫の飼育数ランキングで、アメリカは7405万匹と堂々の1位である。ちなみに日本は、952万匹で6位。

ライオンくん
そりゃあギネス記録も生まれるってもんだ。
ウサギちゃん
アメリカは犬好きのイメージだったけど、猫も人気なんだね!

雑学まとめ

今回の雑学はいかがだっただろうか。

小学1年生と同じくらいの長さをもつルドくん。一度抱いてみたくなったのではないか。そして、世界一小さいティンカートイちゃんと並べ、比べてみたくなったに違いない。

さまざまな世界一がある猫の世界であるが、その多くの猫がアメリカで飼われていることもわかった。

人は誰しも、世界一という言葉に魅力を感じずにはいられない。今後はできれば、日本からも世界一が出てほしいものだ。

おすすめ記事

世界一高級な猫"アシェラ"とは?高価な猫ランキングを発表!【動画】

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2021 雑学カンパニー