企業・商品 意外

任天堂が発売した"ラブテスター"とは?どう森にも登場!【動画】

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

任天堂は"愛を計る機械"を作っていたことがある!に関する雑学

人とは好きな人の事は何でも知りたがる傾向にあると思う。趣味とか、好きなものなど…もっとストレートにいけば、あの娘は自分のことを好きなのかどうなのか? など、気になりすぎて眠れない夜を過ごすこともあるだろう。

もしも、好きな相手の愛情度などが数値で、目で見ることができる機械があれば画期的ではないか? 実はあったのだ、二人の愛情度を測ることができる機械が…しかもあの任天堂の製品なのだ。

独特なフォルムや良い性能のゲーム機を出している任天堂なら、ありえなくもない話である。どんな機械なのか気にならないだろうか? 

今回は、任天堂の驚きの製品についての雑学をご紹介しよう。機械の本当の意図を知れば、思わず「なるほど」と、頷いてしまうはず!

【生活雑学】任天堂は「ラブテスター」を販売していた

秀吉くん
『愛を計る機械』?そんなもん本当にあったんっすか?しかも天下の任天堂!
信長さん
ああ、そうだ。昭和44年に、二人の人間のお互いの愛情度を測る機械『ラブテスター』は本当に存在していたのだ。
秀吉くん
…ラブテスター!!

【雑学解説】「ラブテスター」の仕組みは?

昭和44年に発売されたこの「ラブテスター」というおもちゃは、見た目は何かの測定器のような目盛りの付いたボディから、金属の握り手のようなものが付いた、赤と黒のコードが出た姿をしている。

その金属を二人の異性がそれぞれ持ち、空いた手はお互いに手を繋ぐと、メーターの針が動き出す。その数値がお互いの「ラブ度」を示している、というものである。値段は1800円。おおよそ現在にして7000円くらいの製品である…高い…。

秀吉くん
オモチャっていうにはちょっと高い値段設定っすね…。

機械に詳しい人ならばどういうことかおわかりだと思うが、構造としては人間の手の汗などから発する微弱な電流が、この機械に検知され、さも愛情を測っているかのように見えるという、いわゆるジョークグッズである。

異性カップルでなくとも、同性・友達・親などの二次元の嫁以外の相手でならば遊ぶことは可能であるし、とてつもなく仲のいいカップルなのに、ラブテスターがうんともすんともいわない…ということもあるが、「あなたの愛なんてその程度なのね!」などと決して怒ってはいけない。

実はこの製品の本当の意図は、別のところにある。

この製品の使用方法の手を繋ぐ、という行為こそが、ラブテスターの本当の目的なのだ。「愛情が測れる」ということを口実にお互いに手を繋ぐことができる。それがきっかけで、二人の親密度が上がることもあるかもしれないのだ。

昭和の時代はまだまだ男女が手を繋ぐなんて、恥ずかしく思うような時代である。そういうきっかけ作りを狙った製品と考えると、なかなか大人向けのチャレンジ精神旺盛なおもちゃだと思う。

信長さん
この商品の開発者、なかなか気が利いているよな。

スポンサーリンク

【追加雑学①】ラブテスターは任天堂のゲームに登場する

任天堂といえばテレビゲーム。皆様はどのゲームが好きだろうか。数多くのゲーム本体とソフトを世に送ってきた任天堂ではるが、実はオマケ要素などで、ラブテスターが登場するTVゲームがいくつか存在するのである。

姿だけ登場するものから、実際にゲーム機の機能を使って二人のラブ度を測れるミニゲームであったり、要素は様々である。以下のゲームに登場している。

  • メイドインワリオシリーズ
  • どうぶつの森シリーズ
  • ピクミン2
  • マジック大全

メイドインワリオシリーズのラブテスターは、形は違えど実際に測れる。またマジック大全のラブテスターはなんと、あたかもラブ度が高いかのように見せかけられるマジックツールになっているのである。

しかしどれも最近の子供達が好んで遊ぶゲームばかりであるが、はたしてラブテスターが何なのか、通じるのであろうか…。ゲーム&ウォッチやファミコンロボットでもなかなか際どいというのに。

秀吉くん
全部死語になりつつあると思うっす…。時代感じるっすね。

【追加雑学②】ラブテスターは今でもゲットできる!?

ところでラブテスターの見た目、どのようなものであるか気にならないであろうか? こちらの動画の冒頭部分にラブテスターが登場している。

信長さん
ドイツにはこんな博物館があるのか…。
秀吉くん
こんなにいろんなゲームが今まで登場してきたんっすね~!なんか感慨深いっすわ!

軽くラブテスターの構造説明も入っている。そして想像していたよりも、小さい機械であるなと感じた。しかしゲームの博物館を作ってしまうとは凄い…ドイツに行きたくなってしまった。

使い方は前途したとおりであるが、この動画を見ながら、筆者も少しネタとして欲しくなってしまった。有名どころのネット通販やオークションなどを調べてみたところ、どうやらこの製品は復刻版が存在しているのだ。

なかなかチャレンジ精神旺盛な復刻版であるが、見た目をそのままに、お値段は3150円と、当時以上にお安く手に入れられる。それでもなかなか手を出すには勇気のいる値段であるが…。

発売日は2010年…中古品を漁るしかない。Amazonなどではまだ、中古品を手に入れることも可能かもしれないので、ネタとして手に入れてみたい方は、ぜひ買ってみてほしい。筆者はこの記事を書きながら冷静になって、購入するのはやめた。

秀吉くん
合コングッズとして使えないっすかね、コレ。

「ラブテスター」の雑学まとめ

今回は、任天堂の「ラブテスター」についての雑学をご紹介した。ラブテスターとは、愛を測る要素のある機械ではあるが、本当の目的は気になる相手と手をつないだり、親密になるきっかけ作りを目的とした、ジョークグッズだった。

気になる相手と復刻版や、ゲーム機のラブテスターを使ってみるのも良いだろう。そこから話題が広がることもあるかもしれないのだから。

もちろん一人でやることは、おすすめしない。それはただ寂しくなるだけである…。

秀吉くん
ちょっと気になる女の子がいて…。どう思ってるか気になるんっすよね…。
信長さん
『サル山のサル』と思っていると思うぞ?
秀吉くん
そう言われるって分かってたっすよ…。

おすすめ記事

任天堂の社名の由来は「運を天に任せる」からだった?に関する雑学
任天堂の社名の由来は"運を天に任せる"だった?ゲーム会社の由来を調べてみた

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー