世界史

王妃の一声!ハンカチ=正方形はマリー・アントワネットの発案

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

ハンカチ=正方形はマリー・アントワネットの発案に関する雑学

私たちの日常になくてはならない存在、ハンカチ。貴方はハンカチが売られているのを見て、ある違和感を持ったことはないだろうか?

ハンカチはハイブランドから100均に至るまで、様々なメーカーが販売しており、色・柄・材質も様々だ。にもかかわらず、1つだけハンカチが頑なに守り続けている謎の決まりがある。

それは…ハンカチが正方形だということ!

そう、真四角なのだ。売り場を端から端まで見渡しても、ハンカチはすべて正方形で、ほかの形のものは一切見当たらない

しかし、ハンカチはそもそも手や汗を拭くものであるため、別に四角い必要はないのではないか? ハートや星形のハンカチがあったら可愛いし、子どもも大喜びしそうなものだが…。

ハンカチが正方形を強いられているのはなぜなのか? 今回はその謎に迫る雑学を紹介するぞ!

【生活雑学】ハンカチ=正方形は、マリー・アントワネットの発案

孫ちゃん
おばあちゃんのそのハンカチ、すごいきれいな色~。そういえばハンカチってみんな四角だけど、違う形のものってあるのかなぁ。
おばあちゃん
あぁ、それだけどね、あんたはマリー・アントワネットって知ってるかい?
孫ちゃん
なに突然。なんか聞いたことある名前だけど…。
おばあちゃん
ハンカチが正方形になったのは、マリー・アントワネットがそう決めたからなんだよ。

【雑学解説】マリー・アントワネットの一声でハンカチの形が正方形に統一された

マリー・アントワネットの一声でハンカチの形が正方形に統一されたというトリビア

ハンカチが正方形になった理由…それは、17世紀後半のヨーロッパにあった。

当時のセレブ貴族たちのあいだでは、「ロココ調」とよばれる、貝殻の曲線や植物の細かい模様をモチーフにした、豪華なデザインが大流行していた。

それは、ハンカチも例外ではなかった。ハンカチは、庶民がもつことは到底できない超贅沢品ハンカチで家柄がわかるとまでいわれたほどで、豊かさの証であり、センスの見せ所でもあった。

孫ちゃん
へぇ、意外。ハンカチなんて、今じゃ誰でも持ってるのに。

セレブたちは、ハンカチの豪華さやデザインの珍しさを競った。それは次第にエスカレートしていき、レースの付いたものや、刺繍の付いたもの卵型三角型のハンカチもあったという。

孫ちゃん
あれ?もともといろんな形があったんだ!?
おばあちゃん
そうだねぇ。まぁレースや刺繍は今もあるけど、卵型や三角形というのはこれまた斬新だねぇ。

そう。この頃までは、ハンカチは正方形だとは決まっていなかったのだ…!

スポンサーリンク

突然の法律「ハンカチは全て正方形にすべし」

突然の法律「ハンカチは全て正方形にすべし」についてのトリビア

ところが1785年。フランス国王ルイ16世が、「ハンカチは全て正方形にすべし」という法律を作ってしまった。このときから今に至るまで、ハンカチは正方形と決まってしまったのだ。

孫ちゃん
えっ、どういうこと?法律作っちゃったの?

この決まりは彼の妃である、マリー・アントワネットが進言して作らせたのだという。なぜマリーアントワネットはそんなわがままを言い出したのか? 調べてみると2つの説が見つかった。

1つは、世の中に色々な形のハンカチが溢れかえっているのを煩わしく思ったということ。なんとなく正方形が好き! だから皆も正方形にして! といったところだろうか。彼女はファッションリーダーでもあったので、その彼女が正方形のハンカチを持つことで、トレンドとして流行したのかもしれない。

おすすめ記事

マリー・アントワネットはファッションリーダー!に関する雑学
やりすぎ感。マリー・アントワネットはファッションリーダーだった

続きを見る

もう1つはこんな説だ。豪華なハンカチを見せびらかすのが流行するなか、マリー・アントワネットはいつも自分が1番オシャレでいたかった。そこで、自分だけが可愛いハンカチをもつために、周りに正方形のハンカチを強制した説。オシャレしていいのは私だけ! という彼女らしい理屈である。

孫ちゃん
うわぁ~…。マリー・アントワネット、超わがままじゃん…。
おばあちゃん
まぁ今でも「自分大好き」って人はいるから…。自分に自信がある証拠なのかもしれないねぇ。

おすすめ記事

「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」は本当?に関する雑学
"パンがなければお菓子を食べればいい"の本当の意味とは?【マリー・アントワネット】

続きを見る

今となっては、彼女の本当の心中はわからない。正方形のほうが作るのも畳むのも楽なので、もしかしてそこまで見越していたのかも…? 日本ではこの逸話にちなんで、マリー・アントワネットの誕生日11月2日に1番近い祝日である、11月3日がハンカチの日とされているぞ。

孫ちゃん
誕生日の11月2日じゃないんだ。一番近い祝日って…。
おばあちゃん
語呂合わせで「ハンカチの日」と決まったわけじゃないから、マリー・アントワネットのことを知らなかったら意味がわからないかもしれないねぇ。
孫ちゃん
いやいや、マリー・アントワネットのこと知ってたって、誕生日がハンカチの日じゃないんだから意味わかんないでしょ~。
おばあちゃん
まぁ、でもこれであんたはしっかり覚えられたねぇ。

雑学まとめ

王妃の一声!ハンカチ=正方形はマリー・アントワネットの発案についてのトリビアまとめ

ハンカチについての雑学、いかがだっただろうか。ハンカチが正方形なのは、マリー・アントワネットがそう決めたからだった。人類は、200年以上もその決まりを守り続けていたのだ。

孫ちゃん
四角い方が使いやすいしね。
おばあちゃん
マリー・アントワネットのわがままがきっかけかもしれないけど、結局正方形がいちばん理にかなっているんだろうねぇ。

彼女がいなければ、今も色々な形のハンカチがお店に並んでいたかもしれない。何気なく手にしていたハンカチの形に、こんな歴史があったとは驚きだ。ハンカチがどうして正方形なのか? なんて、考えたこともなかった人も多いのではないだろうか?

普段当たり前だと思っていることも、立ち止まってどうしてだろうと考えてみよう。思わぬ発見があるかもしれないぞ。

孫ちゃん
今まで知らなかったことを知るのって何気に楽しいしね!

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー