日本の法律

NHKの受信料を払わなくていいのは…家電量販店の店頭のテレビ!|ルール雑学

電気屋さんの店頭のテレビはNHKの受信料を払わなくて良いという雑学

自宅でテレビを設置するときに必ず契約しなければいけないNHK。今ではテレビを見る人も少なくなってきているので、その受信料についてたびたび世間でニュースになるが、筆者はちゃんと支払っている。

そんなNHKだが、ふと疑問に思うことはないだろうか。テレビを売っているお店といえば当然、家電量販店。その店頭に並ぶテレビは番組を映し出しているものがある。あのテレビたちは商品だと思うのだが、はたして受信料を支払っているのだろうか…。

気になったので調べてみた!

【ルール雑学】電気屋さんの店頭のテレビはNHKの受信料を払わなくて良い

電気屋さんの店頭のテレビは「画質確認」のために番組を映し出している。

【雑学解説】店頭のテレビは「画質確認」のために映しているのでNHKの契約義務はない

調べてみると、電気屋さんなどの量販店の店頭に置いてあるテレビにはNHKの受信料義務がないことがわかった。その理由は簡単にいうと「放送の受信を目的としていない」からだ。

NHKの受信料の法的根拠である放送法第64条(受信契約及び受信料)の第1項には以下のようにある。

協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送、若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。

この条文を見てみると、放送の受信を目的としていなければ受信料契約をしなくてもよいという感じだ。では、店頭のテレビはどうなのかというと、あくまで「画質の確認」のために番組を映しているので、「放送の受信を目的としない」にあたらないらしい。

うーむ、たしかに店頭でわざわざテレビを見ようという人はいないと思うが、なんだか屁理屈とか言葉遊びのような…。放送を目的としているか、していないかの基準はどこにあるのだろう。

たとえば自宅のテレビでもゲームをするため、DVDを見るために置いてますと言い張ることもできる。このあたりはいろいろと問題があるので、筆者が自ら試してみることはできない。世の中は不思議なことばかりである。

スポンサーリンク

【追加トリビア】イギリスではテレビを買うために許可証がいる

日本では一般的にテレビを置けばNHKの受信料を支払うのが義務とされているが、外国はどうなっているのか調べてみた。すると、イギリスではなんとテレビを買うために許可証がいるらしい。

許可証といっても厳格な審査があるわけではなく、お金で購入する仕組みだ。この金額の中にイギリスの国営放送BBC(日本でいうNHK)の受信料が含まれている。つまり、受信料を先払いしないと、そもそもテレビを買えないといった感じだ。

料金は例年同じというわけではなく、物価の変動によってイギリス政府が決定している。このBBCの受信料という概念は教育番組などを制作できるメリットがあるため、NHKを含めて世界中で参考にされているそうだ。

ちなみにイギリスでは無許可でテレビの受信をした場合は罰金となる。こういった背景とインターネットの普及があってか、イギリスでも日本と同じようにテレビを見る人が減っているそうだ。

どこの国も時代にあわせて変化しているということだろう。世界中からテレビが消える日もそう遠くないのかもしれない。

トリビアまとめ

今回はテレビの受信料にまつわる話を紹介した。NHKの受信料についてはあれこれ話題となるが、筆者は夏の甲子園が好きなので、そのためにちゃんと料金を支払っている。

ちなみに筆者はNHKの教育番組で育った世代だが、親戚の子どもたちを見ていると最近はYouTubeが主流のようだ。筆者も教育系ユーチューバーになれば子どもたちの人気者に! なんて妄想をする日々である。

それでは!

こちらの記事もおすすめ!

Copyright© 雑学カンパニー , 2019 All Rights Reserved.