笑える 芸術・文学

"尻をなめろ"だと…?モーツァルトは下ネタが大好きだった【動画】

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

モーツァルトは下ネタが大好きだったという雑学

意外と下ネタ好きのモーツァルトさん

クラシックを聞かない人でも、その名を知らない人はいない作曲家・モーツァルト

ハイドンやベートーベンと共にウィーン古典派を代表する巨匠であり、幼い頃から神童の呼び声高く、あのマリー・アントワネットにプロポーズした逸話もある。

その優美な作風もあいまって、華やかな時代に生きた天才のイメージが強いモーツァルトだが、実は意外な一面ももっているのだ。

悪いことは言わない。モーツァルトのイメージを崩したくない方は、ここで読むのをやめることをおすすめする。そうでない方には、彼のとっておきの秘密をお教えしよう!

【歴史雑学】モーツァルトは下ネタが大好きだった

信長さん
サル、今回はお前の好きそうなネタだぞ。かの天才作曲家のモーツァルトは『俺の尻をなめろ』という下品極まりない曲を作っているのだ。
秀吉くん
ちょ…僕そんな下ネタ好きじゃないっすよ…!で、どんな曲なんっすか?!

【雑学解説】曲はいいのに…モーツァルトは下ネタが大好きな天才

曲はいいのに…モーツァルトは下ネタが大好きな天才についてのトリビア

ブルクガルテンにあるモーツァルトの像

モーツァルトは35歳の若さで亡くなったが、生涯の作品数は約900作! ジャンルも交響曲からオペラまで多岐にわたり、『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』や『トルコ行進曲』など代表作を上げればきりがない。

そんな有名どころとは対照的に、教科書には絶対載りそうにない『俺の尻をなめろ』は、1782年、モーツァルトが26歳の時に作ったカノンである。カノンとは声楽曲のこと。そう、つまり、このお下品なタイトルの曲には、歌詞が存在するのだ!

秀吉くん
『俺の尻をなめろ』の連呼…!!僕、嫌いじゃないっすわ…!!
信長さん
この馬鹿ザルめが…。

念のためくり返すが、これは26歳のモーツァルトが作った曲である。

小学生くらいの男の子なら「も~ほんとに下品な子だな!」と微笑ましく思うかもしれない。しかし、成人男性(しかもキャリアも地位もある)の作品だと思うと、「こいつ大丈夫か?」と真顔にならないだろうか。

大丈夫! モーツァルトの名誉のため説明しておくと、彼はただ単に下ネタが大好きだっただけだ。

ドイツ語の「俺の尻をなめろ」は日本語でいえば「クソくらえ」くらいの意味なので、何も本当に尻なめを強要しているわけではない。むしろしてたらどうしよう。

秀吉くん
あ、なんだ…ホントになめてほしいってワケじゃないんっすね…。
信長さん
お前…なんでそんな残念そうな顔をしているんだ?

ちなみに一時期付き合っていた、いとこ宛てには「ぼくらのお尻を和平の印にしよう」だの「君のベッドをウンコで汚しちゃうぞ! 僕のお尻が火事になっちゃった! どういうこと?」だのと、お尻とウンコ満載のラブレターを送っている。

どういうことって言いたいのはこっちだよ!

残念ながらモーツァルトが特殊な性癖の持ち主だったことはたしかなようだ。…全然大丈夫じゃなかった。

スポンサーリンク

【追加雑学】実は変人だらけ?残念な偉人たち

天才はやはり普通の人とは違うというべきか、モーツァルトのように素顔が残念だった偉人は他にも大勢いるぞ!

アンデルセン
アンデルセンについてのトリビア

ハンス・クリスチャン・アンデルセン

『みにくいアヒルの子』・『人魚姫』など数多くの名作を世に送り出した「童話の神様」ことアンデルセンは、極度の心配性である。

なかでも一番恐れていたのは「生き埋めにされること」! 埋葬されてから息を吹き返した人の話を聞いたことがきっかけで、「眠ったり気絶している内に埋められたらどうしよう…」と震え上がったアンデルセン。

「死んでません」と書いたメモを常に持ち歩いていたという。こちらもモーツァルト同様、とっくに成人してからのエピソードである。なんかかわいそうになってくる。

秀吉くん
心配性っていうか、もう病気レベルの話じゃないっすか…!

おすすめ記事

童話作家・アンデルセンは「私は死んでません」というメモを置いて眠っていたという雑学
童話作家アンデルセンの性格は超心配症。寝るときに何をしていた…?

続きを見る

ノーベル
ノーベルについてのトリビア

アルフレッド・ノーベル

ダイナマイトを発明したスウェーデンの科学者・ノーベル。彼の遺言に従って創立されたのが、毎年人類に多大な貢献をした人物に贈られるノーベル賞だ。

現在、物理学・化学・生理学および医学・文学・平和・経済学の6部門の賞があるが、ラインナップ的にあってもよさそうな数学賞はない

その理由は、ノーベルが嫌っていた最大の敵・レフラー博士が数学者だったからだ! 坊主憎けりゃ袈裟まで憎いというが、才能ある数学者には残念な仕打ちである…。

ルソー
ルソーについてのトリビア

ジャン=ジャック・ルソー

『社会契約論』を著したフランスの啓蒙思想家・ルソーは、モーツァルトがかすんで見えるほど、筋金入りの変態である。

少年時代から公然わいせつ罪の常習犯だったばかりか、ムチでお仕置きされたいがためにイタズラする超ドMでもあった。

ついでに、5人の子供は全て自分で育てず孤児院に入れてしまう。その理由は「ノラ猫は丈夫だから、捨て子もたくましく育つはず」という謎理論…。

ルソー、倫理や道徳を学ぶべきはどう考えてもお前の方だぞ!

信長さん
まぁなんとというか…いろいろな意味で革新的な人物だったのだろうな…。

雑学まとめ

モーツァルトの雑学まとめ

いまだにウンコ・チンチンでゲラゲラ笑える少年の心をもった筆者でも、モーツァルトのラブレターにはさすがにドン引きしてしまった。大事に保管しておく女の方もどうかしてない? モーツァルトの血筋はみんなああなのだろうか…。

モーツァルトは胎教にもいいといわれているが、こんな一面を知ってしまうと、天使のような神童より、ケツだけ星人のような子が生まれてきそうなイメージだ。まあ、クレヨンしんちゃんはお下品だけど元気ないい子だし、それも悪くはないかもしれない。

秀吉くん
…モーツァルト、いいっすね!
信長さん
お前、下ネタ好きじゃないとかさっき言ってなかったか?

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー