漫画・ゲーム

裁判沙汰!"ポケモン"は肖像権で訴えられたことがある。

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

「ポケットモンスター」は昔、肖像権で訴えられたことがある

コンテンツというものは、ときにトラブルを起こすことがある。幅広い世代に愛されている「ポケットモンスター」も、あるトラブルに巻き込まれたことのあるコンテンツの1つだ。

実は、「ポケットモンスター」で裁判沙汰になった事件があることを知っているだろうか? それが原因で、あるポケモンが不遇の扱いを受けてしまったことも…。

今回は、そんな「ポケットモンスター」に関する雑学を紹介しよう。

【サブカル雑学】「ポケットモンスター」は昔、肖像権で訴えられたことがある

「ポケットモンスター」は昔、超能力者ユリ・ゲラーに肖像権や名誉棄損で訴えられたことがあり、裁判にまで発展したことがある。

【雑学解説】肖像権の侵害?言いがかり?まさかの裁判に!

肖像権の侵害?言いがかり?まさかの裁判に!というトリビア

ユリ・ゲラーというのは、イスラエル出身の超能力者だ。「スプーン曲げの人」といえば、ピンと来る人もいるかもしれない。そんな彼がどうして「ポケットモンスター」を訴えたのだろうか?

彼が「ポケットモンスター」を訴える原因となったのが、「ユンゲラー」というポケモンだ。このポケモンはエスパータイプのポケモンで、片手にスプーンを持っているのが特徴となっている。覚える技の1つにも「スプーンまげ」という技が含まれている。

名前やスプーンという要素だけ取っても、「スプーン曲げで有名になったユリ・ゲラーをモデルにしている」と思われても仕方のないことだ。

裁判の発端は、ユリ・ゲラーが日本に来た際に、ユンゲラーのポケモンカードを見たことだった。ユンゲラーのポケモンカードには「良いユンゲラー」と「悪いユンゲラー」の2種類ある。ユリ・ゲラーは、悪いキャラクターとしての展開があることに怒ったのだ。

さらに、「ユンゲラーの額にある星はユダヤ教のシンボルである「ダビデの星」で、おなかの模様はナチス親衛隊を表している! だからこのキャラクターは反ユダヤ主義を唱えている!」ということまで主張する始末。

ユンゲラーのキャラクターデザインのコンセプトに関しては公式の発表はないが、ファンのあいだでは、超能力実験に使われた「ゼナーカード」が元ではないかと考察されている。つまり、「反ユダヤ主義」を唱えているわけではないのだ。

私自身も「ユンゲラーはユリ・ゲラーをモチーフにしたポケモンだ」と思っているのだが、この事件から、存命の人物をモチーフにするときは慎重に扱うべきだと思った。

いくら創作のキャラクターとはいえ、自分をイメージさせるような名前や特性をもったキャラが、悪役として描かれることもあるというのは、あまり気持ちの良いものではないだろう。

「反ユダヤ主義」うんぬんについては言いがかりだと思うが、ユリ・ゲラーが怒るのも無理はないと思う。

スポンサーリンク

裁判の結果は?

【ポケモン】裁判の結果についてのトリビア

さて、言いがかりにも近い訴えから起こった裁判。その結果は、「ポケットモンスター」側の勝利で終わった。

ユリ・ゲラーが負けた理由として、

「ユンゲラーと自分が似ているのなら、ここで超能力によるスプーン曲げをしてください」

と、裁判中に「ポケットモンスター」側の弁護士から言われて、ユリ・ゲラーが閉口してしまった…とよく言われているが、これはデマである。

正しくは、『「ユンゲラー」という名前が使われているのは日本だけなので、連邦法では訴訟の要件を満たさない』というものだ。ちなみに、海外ではユンゲラーは「カタブラ」という名前で親しまれている。

全世界でユンゲラーが「ユンゲラー」として親しまれていたのであれば、もしかしたら、「ポケットモンスター」は裁判に負けていたのかもしれない。

【追加雑学】起訴が原因でユンゲラーはカードから除外されることに…

さて、「ポケットモンスター」側の勝利で終わったユンゲラー裁判だが、この裁判が原因でユンゲラーは不遇の扱いを受けることになってしまった。

1番大きいのは、ポケモンカードからの除外だろう。ユンゲラーは2001年から2002年にかけて販売されていた「ポケモンカードe」以降、カードに採用されなくなってしまったのだ。

ユンゲラーの進化前であるケーシィや、ユンゲラーの進化後となるフーディンはカードに採用されているのだが、ユンゲラーだけはカードに登場しなくなった。

ユリ・ゲラーに考慮しているのか、それともユリ・ゲラーのように「ユンゲラーは反ユダヤ主義を唱えている」と思ってしまう人が出てくることを危惧してなのか…。いずれにしても、かわいそうなポケモンとなってしまったものである。

いつかまた、ユンゲラーがポケモンカードに描かれる日は来るのだろうか…?

雑学まとめ

裁判沙汰!"ポケモン"は肖像権で訴えられたことがある。という雑学まとめ

今回はポケモンの驚きな雑学を紹介したが、いかがだっただろうか。世界的に人気なコンテンツといっても、トラブルを起こしてしまうこともある。「ポケットモンスター」の場合は、ユンゲラーをめぐって、ユリ・ゲラーとの裁判沙汰が起こってしまった。

ユリ・ゲラーの主張には言いがかりのようなものもあるが、「自分をモチーフにしたと考えられるキャラクター」の扱いによって、自分の名誉が侵害されると思うのは無理もないことだ。

存命中の人物をモチーフにするには、細心の注意を払う必要があることを教えてくれる事件だと、私は思う。

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー