健康

"血が濃い"ってどんな状態?特定疾患の可能性が…【多血症】

「濃い血」とは赤血球量が多いということに関する雑学

血は水よりも濃いなんてことわざがあるが、今回タイトルになっている「濃い血」は、血は血でも血縁関係の血ではない。体内を流れている血のことだ。

血の気多い! とか、血気盛んなやつ! とか日本語にはそういった「血」を使った表現が多いが、どれもこれも本当に血液が濃いわけではないらしい。

今回は我々の体内を流れる「血」についての雑学をご紹介する!

【人体雑学】「濃い血」とは赤血球量が多い

「濃い血」とは赤血球が多い状態のことで、「濃い血」の人たちの中には、10万人に2人くらいしかかからない特定疾患の可能性もある。

【雑学解説】「濃い血」とは赤血球(ヘモグロビン値)が高いことである

「濃い血」はヘモグロビンが高いことだ。検診で必ず調べるので(学生なら貧血検査のときに調べる)「血が濃い」・「血が薄い」などの表現で指摘されたことがある人も多いだろう。

「血が濃いよ、タバコ減らしてね」とか「ヘモグロビン値が高いから再検査してね」なんていわれたことがある人もいるかもしれない。

ほとんどの場合は、検査前日に水分をあまり取らなかったため、採血時は脱水状態になっていること。また普段から生活習慣が乱れていてストレスが多かったり、タバコを吸っていたりすることが要因で、「病気ではないが赤血球が少し多い」という状態になることが多い。

「濃い血」の人たちの中には、早めに治療を開始したほうが良い人もいるので、ヘモグロビン値が18を超えている人や、何か思い当たることがある人は、ぜひこの先も読んでほしい。

【追加トリビア①】貧血の反対である多血症って何?

「濃い血」=多血症ではない。多血症と診断されるには、いろいろな検査をしなければならないからだ。ただ単に赤血球が多い場合は「多血症疑い」といわれることが多いだろう。

多血症には大きく分けて2種類ある。

相対的性多血症

多血症疑いのほとんどの人が、この相対的性多血症といわれている。「見かけの多血症」と「ストレス多血症」に分けられる。

見かけの多血症は、いわゆる脱水によって血が濃くなってしまって、見かけ上赤血球が多くなっている状態。下痢や嘔吐、高熱で水分が減っているときなどに「見かけの多血症」となる。水分を取れば正常に戻るので、あまり心配はないといわれている。

ストレス多血症は、脱水がなく、赤ら顔で肥満・高血圧・喫煙・飲酒量が多い中年男性、いわゆるメタボさんに多い。症状は頭痛・めまい・のぼせ・倦怠感・動悸などが現れる人もいる。ドキッとしたひとは今晩楽しみのお酒、一口でいいから減らそう!

真性多血症

真性多血症は、1年間に人口10万人あたり2人ほど発症するといわれている骨髄増殖性の病気だ。簡単にいうと、赤血球がどんどん作られて増えていく病気。

明治大学OBの坂口裕之選手もこの稀な病気をわずらっている。坂口裕之選手の動画はこちらだ。

2019年1月の大学生活最後のレースは、彼が望んだような結果にはならず残念だったが、それでも彼は病気と付き合いながらエースとしてチームを引っ張っていき、諦めることなく現在も選手として走り続けている。同じ病気の方の希望でもあるだろう。

真性多血症の治療は「しゃ血」という献血と同じようなことをする。治療が必須な病気なので、検診で多血症疑いで「要精査」といわれたら必ず病院へいこう。

スポンサーリンク

【追加トリビア②】多血症は予防できる?

多血症の予防は、生活習慣・食生活の改善・過労を避ける・ストレスを貯めないなどがある。また、脱水にならないためにこまめな水分補給も効果的だ。

多血気味といわれている人も、同じように予防法を試してもらいたいが、真性多血症だったら、この予防法では予防できないので、心配なら一度病院で診てもらってからのほうが安心だろう。(検診結果で受診不要、経過観察などと書いてあれば、必ずしも病院にいく必要はない)

【追加トリビア③】献血に行こう!

私のような血気盛んな女はめんどくさいと世間では思われるみたい…でも実は血は薄い。ヘモグロビン値は10~11しかなく、いわゆる貧血だ。

献血車を見つけるとすぐ飛び込むのだが、玉砕してバスから降りる…ヘモグロビン値が基準に満たないから献血できないのだ。無念すぎる。

もし多血気味といわれている人は、献血に行ってみたらどうだろうか? 血を抜くことで多少多血が改善され自分のためにもなるし、誰かの命を救えるかもしれない!

トリビアまとめ

今回は「血」についての雑学を紹介した。「濃い血」は赤血球が多いということだったが、自分の検診結果どうだったっけ? と思った人はぜひ見てみてほしい。

特に多血症は中年男性でメタボ気味の人は要注意ということだったが、脱水が原因であることも多いのでこまめに水分を摂ろう。あ、お酒は水分じゃないから飲み過ぎないでね!

関連雑学

血液がドロドロになるのはいつ?原因と対策について解説!

続きを見る

Copyright© 雑学カンパニー , 2020 All Rights Reserved.