アニメ

塗料じゃない!"シャアザク"がピンクの理由とは?赤い彗星なのに…【ガンダム】

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

ガンダムで「シャアザク」の色がピンクの理由に関する雑学

世の中には色々な色があり(ダジャレ風)、それぞれからイメージされる言葉がある。たとえば「白」なら清潔感、「黒」なら暗い・不吉、「金」ならゴージャス、などだ。

その中でも「赤」といえば、「機動戦士ガンダム」の登場人物「シャア・アズナブル」を思い出す人も多いだろう。

作中のシャアは「赤い彗星」の異名をもち、「通常の三倍の速さ」でモビルスーツを操るパイロットである。

もちろんシャアが乗る専用のザク(シャアザク)は真紅に染まっている…と思いきや、パッと見るとサーモンのようなピンク色に塗られているのだ!

だったら「ピンクの彗星」と呼びたいところだが、それじゃあカッコがつかない。今回はなぜ「赤い彗星」の愛機・シャアザクがピンク色になっているのか? その雑学を探っていきたい。

【サブカル雑学】ガンダムの「シャアザク」の色がピンクの理由とは?

ゆい
シャアザクがピンク色なのは、ピンクの顔料が余っていたから…?
ひかり
…ではないのです!!

【雑学解説】シャアザクがピンクである理由は塗料ではない!

シャアザクがピンクである理由は塗料ではない!というトリビア

こちらは「機動戦士ガンダム エクストリームバーサス2」のプレイ動画だが、やはりシャアザクは「赤」というよりピンクに近い色であることがわかる。

 

 

実は、ガンダムファンの間ではこの理由について、有名な話がある。

その話というのは、「ガンダムの制作会社・サンライズでは、当時ピンクの顔料が余っており、それを消費するためにシャアザクをピンクに塗った」というもの。

これは、GyaOにおいて配信されていた番組「溜池Now」において、オタキングこと岡田斗司夫などが語っていたことから、ファンの間でも信じられていた。

だが、これは都市伝説であり、当時の制作スタッフによると、本当は全然別の理由らしい。

ガンダムはもともと低予算番組であり、80種類ほどの色しか使用できず、いわゆる赤色はガンダムの腹部などで使用していた。

シャアザクにも同じ赤色を使うと、ガンダムとの戦闘シーンなどで色が被ってしまい、画面で見えづらくなるから…というのが本当の理由とのこと。

また、シャア本人の制服も赤であり、シャアとシャアザクが同じ画面に映ると見えづらくなるのも理由の1つだそうだ。

真相を聞けば、「シャアザクがピンクである」のは、とても合理的でプロフェッショナルな理由であり、納得がいくものである。

ゆい
視聴者の私たちのことを考えてくれた結果だったのね…!

スポンサーリンク

【追加雑学①】シャアザク以外にも!ガンダムにおける、色にまつわる都市伝説

シャアザク以外にも!ガンダムにおける、色にまつわる都市伝説についてのトリビア

先ほどの「シャアザクがピンクである理由」以外にも、ガンダムでは色に関する都市伝説はいくつかある。その中のいくつかを紹介しよう。

アムロのパイロットスーツの色

ガンダムの主人公・アムロは、作中において白いパイロットスーツを着て出撃しているが、オープニングに搭乗するアムロは青いパイロットスーツを着ており、違和感を覚えた人もいるだろう。

これについても「青い顔料が余ってたから」という都市伝説が出回ったが、本当の理由は、オープニングで表示される主題歌の歌詞(白い文字)が見えやすくするためらしい。

ひかり
顔料余ってた説使われすぎじゃない!?

クワトロ・バジーナの制服がノースリーブなのは、色指定ミス?

ガンダムの続編である「機動戦士Ζガンダム」では、シャアがクワトロ・バジーナと名前を変えて登場するが、クワトロの制服がノースリーブであるのが話題となった。

これについては、関連書籍において「クワトロの制服がノースリーブなのは色指定ミスによるものであり、本来は白い袖だったがノースリーブになった」との記載があったために、信じているファンも多かったのである。

だが、Zガンダムの制作に関わっていたクリエイター・小林誠が、twitter上で上記の「色指定ミス」の件を否定しており、こちらも都市伝説であるようだ。

ひかり
クリエイターさん、ちょっとおこじゃないっすか…。

なおクワトロ時代のシャアは、ファンから「グラサン・ノースリーブ」と揶揄されることも多く、シャア本人としては、この制服のデザインについて文句を言いたいのではないだろうか?

スポンサーリンク

【追加雑学②】ガンダムには色にまつわる異名をもつキャラクターが多い

ガンダムには色にまつわる異名をもつキャラクターが多いというトリビア

「赤い彗星」のシャアの名前が目立つガンダムだが、実は作中では色にまつわる異名をもったキャラクターが多い。

ゆい
異名ってなんだかあこがれちゃう…!

黒い三連星

ガイア・オルテガ・マッシュの3人チームであり、黒いモビルスーツ・ドムに乗って登場。三位一体の攻撃である「ジェットストリームアタック」でガンダムを苦しめた。

青い巨星

青いモビルスーツ・グフでガンダムを苦しめたランバ・ラルのこと。アニメ内で「青い巨星」と呼ばれてはいないが、後のゲームなどの作品において、このような異名が付けられた。

白狼

ガンダムから派生した企画「モビルスーツバリエーション(MSV)」に登場するキャラクターである、シン・マツナガの異名。白い高機動型ザクや高機動型ゲルググに搭乗している。

ひかり
白狼…!かっこいい…!

真紅の稲妻

こちらもMSVに登場するジョニー・ライデンのこと。赤い高機動型ザクや高機動型ゲルググに搭乗しており、「赤い彗星」のシャアと間違われることもあったとか。

なお、シャアとは違い、愛機の色はピンクではなく真紅である。

シャアザクがピンクな理由|雑学まとめ

塗料じゃない!"シャアザク"がピンクの理由とは?赤い彗星なのに…【ガンダム】についてのトリビアまとめ

今回のシャアザク雑学でわかるのは、もっともらしい都市伝説でも意外といい加減な内容だということだ。

ひかり
顔料余り説の多さにびっくりしちゃったよ!しかもその説全然合ってないし!
ゆい
よくよく考えたら、そんな説が本当なわけないわよね…!

ガンダムに限らず、人気作品にまつわる都市伝説は数多く存在するので、「裏話」として出回っている噂を耳にした場合は、キチンと調べるクセをつけてほしい。

皆さんも、間違った都市伝説をドヤ顔で披露して、笑いものにならないよう気をつけていただきたい。

おすすめ記事

昭和のロボットアニメは海外で人気だった!という雑学
超絶人気!海外でウケてる"昭和のロボットアニメ"はなに?

続きを見る

ルパン/ヤマト/ガンダムのアニメは、1作目で打ち切りだった…

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー