スイーツ・お菓子

違いは見た目とアレ。かき氷のシロップは全て同じ味

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

かき氷のシロップの味は全部一緒という雑学

あつーい夏になると食べたくなるかき氷。お祭りに行くと、鮮やかな緑色や黄色・赤色をしたかき氷のサンプルが置かれており、どの味にしようかなーと迷ってしまう。あなたはどの味のかき氷が好きだろうか?

いちごは定番だから捨てがたいし…レモンはちょっとサッパリしたいときに食べたい気もする。いやいや、子供も大好きなメロン味も美味しそう。と、選ぶときに迷ってしまう人も多いだろう。

でもかき氷は、実は全部同じ味という話を聞いたことはないだろうか? 明らかに違う味がしているのに同じ味というのはどういうことか? 今回はそんな雑学に迫る。

【食べ物雑学】かき氷のシロップの味は全部一緒?

ガリガリさん
かき氷のシロップの味のベースは一緒で、主に果糖ぶどう糖液糖という成分でできているんだぜ。
ぷよぷよくん
いちごとレモンも味は一緒ってこと?信じられないよ…

【雑学解説】違いは香りと見た目

かき氷の実際の味は、果糖ぶどう糖液糖の味がしているのだ。えーそんなことない! いちご味はいちごの味がしているし、レモンだって爽やかな味がしているもん! と思われた方もいるかもしれない。それは、脳が錯覚を起こしているのだ。

いちごやメロン・レモンなどのかき氷のシロップだが、違いは味ではなく見た目と香り。赤色を見るといちごを連想する人は多いだろう。またレモンは黄色・メロンは緑色と感じる人がほとんどのはずだ。

そこにプラスされていちごやレモンの香りがするため、「いちご味」「レモン味」と思い込んでしまうというわけだ。

その証拠に、目隠しをして鼻をつまんでかき氷を食べても全て同じ味に感じるのである…。

ぷよぷよくん
なんかボクショック…今まで騙されていたんだ…
ガリガリさん
まぁそう言うなよ。全部が全部おんなじ味ってワケでもないんだぜ。

スポンサーリンク

【追加雑学①】全てが同じ味というわけではない

では、全て同じ味かというとそういうわけでもないらしい。たとえば抹茶味には抹茶パウダーが入っているため、抹茶に関しては違う味になる。さきほど自宅にあるシロップの原材料を見ていたが、マンゴー味にはマンゴーピューレが入っていた。

このようにピューレが入っている場合も、多少味の違いが感じられるかもしれない。また、最近かき氷ブームもあり、専門店なども出てきているが、その場合お店で手作りされた本格的なシロップが使用されている。

【追加雑学②】まるで専門店!? 本格かき氷を家で作ろう

専門店に行くと、かき氷でこの値段するの!? という商品もあるが、旬のフルーツがふんだんに使用されており、別格の美味しさだったりする。あの美味しいかき氷を自宅で食べることができたら最高じゃないだろうか?

そこで、ほんのりした甘さがたまらない「桃」を使ったシロップの作り方を、動画でご紹介しよう。

ぷよぷよくん
コレは絶対美味しいヤツだよ…無限に食べれるね…じゅるり…

トローとした桃のシロップが、たまらない! こんな本格的かき氷を家で食べれたら、家族も喜ぶはずだ。ぜひ作ってみてあげてほしい。

雑学まとめ

今回の雑学は、かき氷のシロップは同じ味なのか? についてお届けした。結構これは有名な雑学なので、知ってたよ! という人も多いかもしれない。しかし、普段いかに私たちが嗅覚や視覚に頼っているのかを感じさせられるトリビアでもある。

今度かき氷を何種類か購入する機会があった場合は、ぜひ目隠しして、鼻をつまんでかき氷の食べ比べをしてみてくれ。今まで一生懸命何味にするか考えていた私って…となるかもしれない。ふふ。

ガリガリさん
かき氷は平安時代には存在していたんだけど、当時は砂糖がなかったから『甘葛(あまづら)』っていうツタ植物の樹液を煮詰めたシロップを使っていたんだぜ。
ぷよぷよくん
そんな昔からかき氷はあったんだね!甘葛…どんな味がするんだろう?食べてみたいな…えへへ…

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー