言葉・語源

キリスト教の"神父"と"牧師"の違いは?ちゃんと使い分けよう!

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

神父と牧師の違いは?に関する雑学

キリスト教の教会にいる人といえば、あなたはどう答えるだろうか? 「神父」と答える人もいれば、「牧師」と答える人もいるだろう。

さて、「神父」と「牧師」…どちらもキリスト教には欠かせない人たちだが、この2つの違いを知っているだろうか? 「どっちも似たようなものでしょ?」と思えるかもしれないが、この2つは似ているようで全く違うのだ。

今回は、似ているけどまったく別物の「神父」と「牧師」についての雑学を紹介しよう。

【生活雑学】神父と牧師の違いは?

孫ちゃん
キリスト教の「神父さん」と「牧師さん」って何か違いがあるの?
おばあちゃん
キリスト教にも宗派があって、カトリック系や正教会の聖職者を「神父」、プロテスタント系の教職者を「牧師」っていうらしいよ。

【雑学解説】カトリック・正教会が「神父」、プロテスタントが「牧師」

一口にキリスト教徒いっても、一枚岩ではない。仏教に「浄土真宗」や「禅宗」といった宗派があるように、キリスト教もいくつかの宗派に分かれている

大きな分け方をすると、「カトリック」・「正教会」・「プロテスタント」の3つに分かれるのだ。

この3つの宗派を簡単に説明すると、表のとおりになる。

宗派 どんな宗派?
カトリック

西ヨーロッパを中心に信仰されている宗派。

伝統を重んじ、聖人やマリア信仰も盛ん。

正教会

東ヨーロッパを中心に信仰されている宗派。

地域や民族ごとに独立した教会が自治を行う。

聖書や伝統を重んじるのはカトリックと一緒。

プロテスタント

16世紀の宗教改革で生まれた宗派で、ルター派や長老派など様々な派閥に分かれる。

聖書を中心とした信仰をし、教会を通さなくても救われるという考えを持っている。

孫ちゃん
カトリック系と正教会は結構似てるんだね。
おばあちゃん
プロテスタント系は、その中でもさらに派閥があって聖書での信仰ってことだから、他の2つとはだいぶ考え方が違うねぇ。

この3つのうち、カトリックと正教会の聖職者が「神父」プロテスタントの教職者が「牧師」となるのだ。

ちなみに、プロテスタントの教会なのに「神父さん」と呼んだり、カトリックや正教会の教会なのに「牧師さん」と呼ばないようにしよう。「カトリックや正教会」と「プロテスタント」は、同じキリスト教だが信仰の対象など考え方が違う

そのため、宗派を間違えて「神父さん」や「牧師さん」と呼ぶのは失礼にあたるのだ。私の母が、間違えて牧師を「神父さん」と呼んでしまい、注意されたことがあった。

孫ちゃん
やっぱりそこはきっちりしてるんだね。

それでは、次のところから、神父と牧師についての詳しい解説をしていこう。

スポンサーリンク

【追加雑学①】神父についてもう少し詳しく知ろう

まずは「神父」について。実は「神父」という言葉は、教皇や司祭などの聖職者の総称で、正式な役職名ではないのだ。

カトリックの場合はローマ法王を筆頭に・正教会の場合は総主教を筆頭に、司祭や助祭などの役職に分かれている。もちろん、上下関係もある

孫ちゃん
あ~!ローマ法王ってカトリック系のトップなんだね。よくニュースで見るよね。

ちなみに、カトリックや正教会は伝統を重んじるためか、女性の神父はいない。カトリックや正教会に仕える神父たちは、みんな男性であるべきだと決められている。

おばあちゃん
キリスト教には「男女平等」の概念はないってことだねぇ。

さらに、神父は「神様に一生仕える」という使命を背負っているので、一生独身でいなければならないというルールがある。神父でも左手の薬指に指輪をしている人がいるが、それは「教会と結婚した」という意味で指輪をしているのだ。

孫ちゃん
一生独身のルール!?本気で信仰してないと無理な話だ…。

「結婚せず、教会に一生を捧げる」というところから、神父は聖職者として扱われ、信者たちとは一線を画している。どことなく「私のような平民が近づくのは恐れ多い…」と思うのは、私だけだろうか…?

【追加雑学②】牧師についてもう少し詳しく知ろう

それでは「牧師」はどのような人たちなのだろうか? 様々な役職の総称である神父と違って、牧師は役職名だ。

また、プロテスタントでは「神の前ではみんな平等」という考えから、教会の人と信者に区別がない。そのため、神父たちのように牧師の間で上下関係もないのだ。

そして、牧師と信者は立場が同じということから、牧師は聖職者ではなく「教職者」として扱われているのも特徴の1つだ。

さらに、牧師は結婚ができる。また、プロテスタントの教派によっては、女性も牧師になれる

これらのことから、伝統を重んじ神様一筋に生きる神父とは、全く違うことが分かる。個人的には、牧師のほうがとても親しみやすく思えるのだが、あなたはどうだろうか?

おばあちゃん
神父が神の領域に近いのに比べて、牧師は人間的な立ち位置って感じがするねぇ。

雑学まとめ

神父と牧師についての雑学をご紹介してきたが、いかがだっただろうか。神父と牧師は、同じキリスト教の役職だが、全然違う

カトリックや正教会で、聖職者として存在しているのが神父だ。結婚もせず、神父となったその日から教会に尽くしていく…まさに聖職者だ。

プロテスタントの教会で働いているのは、牧師となる。プロテスタントの考えから、信者との間に区別はなく、神父と比べると親しみやすい印象がある。

孫ちゃん
宗教って、「教祖」がいて「その教えを説く人」がいて「信者」がいて…って立場的な上下関係が必ずあるものだと思ってたけど、そうとも限らないんだね。
おばあちゃん
カトリック系や正教会は教会での礼拝が前提、プロテスタント系は教会での礼拝にこだわらず聖書での信仰がメインだから、そういう違いが生まれたのかもしれないねぇ。

似ているようで全く違う「神父」と「牧師」。教会に行く機会があったら、呼び方を間違えないように気をつけよう。

おすすめ記事

終わりのない「楽曲」がドイツで演奏されているという雑学
ドイツの教会で演奏されている曲は終了まで639年かかる【動画】

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー