江戸時代 驚き

蚊を殺す→島流し!生類憐れみの令ってこんなに厳しかったのか…!

生類憐れみの令の時代、飛んできた蚊を一匹潰すだけで島流しに処されることもあった

徳川綱吉

江戸時代、第五代将軍・徳川綱吉によって出された法令「生類憐れみの令」。綱吉は犬将軍とまで呼ばれ、この法令でお犬様は人間よりもえらく尊い。「もしお犬様を傷つけるようなことがあれば打ち首!」…と、このようなとんでもない悪法として記憶している。

実は、生類憐れみの令の対象は犬だけではなく、馬・牛・猫など身近な動物はもちろんのこと鳥・魚・虫なども含む、生き物全般だった。飛んできた蚊をパチン! と潰すだけで罰せられたというエピソードもあるほど、当時の人々を苦しめたのだ!

今回は、バカ殿か!? とさえ言いたくなるような、この生類憐れみの令についての雑学を紹介するぞ!

【歴史雑学】生類憐れみの令の時代、飛んできた蚊を一匹潰すだけで島流しに処されることもあった

お犬様だけじゃない! 蚊さえも潰せなかったとんでもない法令だった。

【雑学解説】生類憐れみの令の時代は、生き物を殺すと罰せられた

生類憐れみの令は130もの法令の集まりのことで、中身をみていくと生き物全般に対して厳しく定められているのだ! いくつか紹介していこう。

  • 犬を捨てたり傷つけてはいけない
  • 馬やブタなど生き物を殺してはいけない
  • 魚釣りの禁止
  • 鳥の捕獲禁止

これでは当時の人々は肉・魚を食べることができなくなり、みんなベジタリアンになれということだ。さらにエスカレートしていくと…

  • 虫を捕獲して虫の音色を聴くための飼育は禁止
  • 金魚を飼いたいなら幕府に届けで出ること
  • 田んぼや畑を荒らす害鳥は離島に運んで放すこと
  • 蚊が止まったら、そっとうちわであおいで逃がす、もしくは我慢すること

これをお殿様に守れと言われれば、当時の人々は守るしかないではないか。もし破った場合は、はりつけの刑・打ち首・島流しなど厳しく処罰されるというのだ…。やりすぎだ…やはりバカ殿か!? と腹が立つが、当時の人々はこれを必死に守ったのである。

蚊を殺したらどうなる!?

ほっぺたに止まった蚊を潰し、血を見せた者がいた。当時、法令を破ったものを密告すると賞金がもらえたため、これを見ていた者が密告! 蚊を潰した者は島流しとなり処罰された。

しかし密告した者も、「潰される蚊を救わず、なぜただ見ていたのか」と罪に問われ、閉門(監禁)処分になった。

スポンサーリンク

【追加トリビア①】犬に戸籍と豪邸!?

犬を保護するために、綱吉は犬の戸籍を作って管理し、豪邸のような保護施設でたくさんの野良犬を保護した。

犬毛付書上帳(いぬつけかきあげちょう)

毛の色や種類、どの家に何頭いるかなどを記し、出生届や死亡届も出させた。

犬屋敷を建設

江戸郊外に、東京ドーム20個分もの敷地を使って巨大な犬屋敷を作り、犬を保護した。

犬の医者や犬屋敷専属の役人まで置き、5,000人以上の人手で犬を養育した。これによって、江戸の野良犬は激減したという…。

ここだけ切り取ると、現代の動物愛護の観点からは称賛を受けそうではある…。

関連雑学

「生類憐れみの令」の影響で、中野から高円寺には犬屋敷があったという雑学
生類憐れみの令で"超巨大な犬小屋"が爆誕した【徳川綱吉】

続きを見る

【追加トリビア②】極端な動物保護で人々が混乱

生類憐れみの令は極端すぎる法令だったため、江戸の人々は肉食を禁じられ、害虫や蚊すら殺せない生活…。娯楽としての魚釣りや虫の音色を楽しむなど、日常のちょっとした楽しみすら奪われたのだ。

人間は生類じゃないのか!? と反論することもできなかっただろう…。

【追加トリビア③】命を大事にすることを諭したとの見解も

歴史に残る悪法と言っても過言ではない生類憐れみの令だが、実は動物愛護を通して、命の大切さを諭す福祉政策だったとの見解もされている。

当時は武士の時代。昼間っから刀を振りかざし、殺しあうような時代だ。そんな武士たちへの戒めでもあったのではないか…との考えもある。

しかし…いくら福祉政策だったと言われても、蚊を潰して処罰された人も生類だ! と言いたくなる。

トリビアまとめ

今回は、生類憐れみの令に関する雑学を紹介した。歴史の授業で習ってはいたが、ここまで厳しい法令だったとは…。

実は、綱吉自身も法令を破りそうになった出来事があった。あるとき「アホー!アホー!」と空を飛ぶカラスの糞が、綱吉の頭に落ちてきた。怒り狂った綱吉は、「捕まえて八つ裂きにせよ!」と…。周りにいた家来たちが、「それは法令違反です!」と必死に制し、このカラスは流罪になったとさ。

糞を落としたカラスに拍手を送りたい。

こちらの記事もおすすめ!

Copyright© 雑学カンパニー , 2020 All Rights Reserved.