水中の動物

そんなところに!?エビの心臓と胃は○○にある

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

エビの心臓と胃はどこにある?に関する雑学

食卓にエビ料理が登場したとき、ちょっと嬉しい気持ちになる人はどれくらいいるだろうか。いい大人になった今でも、エビ料理にときめいてしまう自分に驚きを禁じ得ない。

エビチリ・エビマヨ・エビフライといったエビ料理はもちろん、ただの野菜炒めでもエビが入るだけで贅沢な気持ちになる。エビにはそんな力があるのではないだろうか。

さて、そんな素晴らしき食材・エビだが、その体の構造には謎が多い。料理をするために殻をむくと、お腹の中に内臓がない小さな生き物とはいっても、心臓はあるはずだ

というわけで、今回はエビの心臓がどこにあるのかを調べてみたので、雑学としてご紹介しよう!

【動物雑学】エビの心臓と胃はどこにある?

ライオンくん
エビって体には身しかない気がするけど、もしかすると心臓も胃もないのか?
ウサギちゃん
エビの心臓と胃は頭にあるんだよ。
ライオンくん
なにいぃぃぃ!?

【雑学解説】エビは心臓だけでなく、胃や肝臓も頭にある

エビは心臓だけでなく、胃や肝臓も頭にあるというトリビア

エビの心臓は、なんと頭の中にあった。正直「マジか…」と思った。目の後ろに心臓。脳の隣に心臓。なんかうるさそうである。

そして、心臓だけでなく胃も頭のなかにあることがわかった。食べたものがしばらく頭にとどまるので、透明なエビだと頭の色が食べたエサの色と同じになるらしい。

ライオンくん
頭に胃があるって…なんだか宇宙人みたいだな…。

エビの頭のみそがお好きな方もいるだろう。みそというからには脳みそだろうと思っていたが、あれは肝臓であるとのこと。驚きである。

ちなみにカニみそも肝臓。カニみそを知ったあの日からずっと騙されていた。

スポンサーリンク

【追加雑学①】エビの色が赤いのはアスタキサンチンの力

エビの色が赤いのはアスタキサンチンの力というトリビア

エビの殻に多く含まれるアスタキサンチンは、β-カロテンやリコピンと同じ仲間の色素である。抗酸化作用があり、その成分はしわ・しみ・美白などの対策として効果的といわれている。

エビが生きているとき、赤いアスタキサンチンはタンパク質とくっついている。そのため、生きているエビは茶色く見えている。しかし、加熱するとアスタキサンチンとタンパク質の結合がとけ、アスタキサンチン本来の赤い色がでてくるというわけだ。

実はアスタキサンチンという色素は、もともとエビの体に備わっているわけではない。「ヘマトコッカス」という藻を食べることによって、徐々に身体に蓄積されていくのだ。鮭やカニも同様である。

ウサギちゃん
アスタキサンチンは赤い魚介類に含まれているけど、トマトなどの赤い野菜には含まれてないんだ。

おすすめ記事

鮭は赤身魚ではなく白身魚?に関する雑学
赤いじゃん…!鮭が赤身魚ではなく白身魚である理由とは?

続きを見る

アスタキサンチンは脂溶性の色素なので、炒めて食べると体内に吸収されやすい。ゆでて食べる場合でも、ごまやアボカドなど脂質を多く含む食品と食べるといいだろう。

【追加雑学②】エビが長寿の象徴である理由

エビはしばしば長寿の象徴としても取り上げられるこれは、エビを加熱したときの曲がった腰と、長いヒゲが老人を連想させるためといわれている。そのためエビを漢字で書くと「海老」となり、「老」の字がついているのだ。

また、エビは目が出ているため「めでたい」とかけて、お祝いの席によく用いられる。また、色が鮮やかな赤であることも「紅白」のイメージにふさわしいのだろう。

おすすめ記事

鶴は千年・亀は万年。鶴と亀はなぜ縁起がいい?

続きを見る

雑学まとめ

そんなところに!?エビの心臓と胃は○○にあるという雑学まとめ

エビについての雑学、いかがだっただろうか。よく見るとグロテスクな雰囲気のあるエビ。エビを初めて食べた人に敬意を表したい。頭に心臓があるなんて、想像の斜め上をいくにもほどがある

我々がふだん食しているおいしいエビは、筋肉の部分である。どうりでぷりぷりと弾力があるはずだ。彼らはあの筋肉を使って、広い海を自由に動き回っているのだ。

次にエビを食すときには、頭にある心臓とその他もろもろをこの目でおがんでから、油で炒めてしっかりアスタキサンチンを摂取することにしよう。

ライオンくん
エビのあの身って筋肉なのか?ムキムキじゃねぇか…!
ウサギちゃん
エビってボクたちの想像の斜め上をいく生き物だね…!

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー