肉・魚

スーパーのシシャモは偽物だと…!?その正体は"キャペリン"

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

シシャモの本当の正体に関する雑学

みなさんはシシャモを、きっと1度はスーパーなどで購入して食べたことがあるかと思う。だがそのスーパーで売っているシシャモ、果たして本物かどうかは確認したことがあるだろうか。

実はスーパーで売られているシシャモの多くは、本物のシシャモではないみたいなのだ。「ええー!」と思うだろう。じゃあ今まで食べていたシシャモはなんだったの?

シシャモじゃないものをシシャモだといって売るのは、詐欺なのでは…

本雑学記事では、シシャモの本当の正体について紹介していくぞ。

【食べ物雑学】シシャモの本当の正体

ガリガリさん
スーパーのシシャモは本物のシシャモじゃなくって、『キャペリン』っていう代用魚なんだ。
ぷよぷよくん
だいようぎょ?
ガリガリさん
代用魚っていうのは、貴重な魚の代用品として使われる魚のことだぜ。

【雑学解説】シシャモの本当の正体はキャペリンという魚

シシャモの本当の正体はキャペリンという魚についてのトリビア

キャペリン

スーパーで売られているシシャモの多くは、キャペリンという代用魚だ。シシャモと良く似た見た目をしているが、シシャモとは全く異なるグループの魚である。

ガリガリさん
シシャモは『キュウリウオ目キュウリウオ科シシャモ属』、キャペリンは『キュウリウオ目キュウリウオ科カラフトシシャモ属』なんだ。

キャペリンはグリーンランドやアイスランドで捕れ、日本に輸入されている魚である。1970年以降、シシャモの代用魚として需要が増えていった。

本物とシシャモと比べてキャペリンは価格が安い。本物のシシャモはキャペリンの3倍以上の値段がつく。たしかに本物ではないとはいえ、味自体はシシャモそっくりだし、全然おいしい。だが、本当はシシャモではないものを、シシャモだといって売っていいのだろうか……。

どうやらこのあたりに関する明確なルールはないらしい。わりとグレーゾーンではあるものの、特に裁判沙汰になったことは今までなかった。黙認されているということだろう。

スポンサーリンク

【追加雑学①】本物のシシャモが食べたいときはどうする?

では本物のシシャモが食べたいときはどうすれば良いのか。本物と代用魚を見分けるにはどうしたら良い?

本物はパッケージに「本ししゃも」と書かれている。さらに、商品を1度ひっくり返してみよう。裏面には食品表示ラベルがあるはずだ。そこに「北海道」と書かれていれば本物である可能性が高い。シシャモの代用魚であるキャペリンは、日本では獲れないからだ。

スーパーで売っていない場合は、ネット通販で購入することができる。興味のある人はぜひ購入してみよう。本物のシシャモは脂が乗っていてとても美味しいぞ!

ガリガリさん
シシャモとキャペリンは見た目は似ているけど味は全然違うんだぜ。時期にもよるけど、シシャモの方が脂がのっていて美味いと思うな。
ぷよぷよくん
ボクも本物のシシャモ食べたい食べたい食べたい…

【追加雑学②】シシャモ以外の代用魚

シシャモ以外の代用魚についてのトリビア

アカニシ

シシャモだけだったらまだ良いんだ…。なんと、シシャモ以外にも代用魚はたくさんいるらしい。おいおい、まじかよ…。

たとえば、サザエの代用としてアカニシという貝が使われている。見た目は全く違うが、殻を取ってしまったらどっちがどっちだか分からなくなる。串焼きや炊き込みごはんの具としてよく使われているらしい。

またみんな大好きなマグロ、あれにも代用魚があるらしい。マグロの代用魚アカマンボウ。アカマンボウはよくネギトロを作るときに使われていることがある。

ぷよぷよくん
アカマンボウ…ってことはマンボウが代用魚なの?
ガリガリさん
アカマンボウは見た目はマンボウに似ているけど、マンボウの仲間ではないぜ。

たしかにネギトロってトロの部分が使われているのに、どうりで安いわけだ……。

おすすめ記事

天然イクラと人工イクラの見分け方に関する雑学
天然いくらと人工いくらを簡単に見分ける方法とは?熱湯でわかるぞ!

続きを見る

回転寿司の玉子には黄身が使われていない?白身だけの理由とは?

続きを見る

雑学まとめ

いかがだっただろうか。本記事では、シシャモの本当の正体についての雑学をご紹介した。世の中には代用魚というものが存在するみたいだ。

そしてシシャモ以外にも代用魚は数多く存在する。どれも裁判になったなどの例はないものの、今後どうなっていくことやら……。個人的には代用魚は代用魚で良いからきちんと表示してくれると嬉しいぞ。

みなさんも1度、自分が食べているお魚が本物かどうか疑ってみてはいかがだろうか。

ガリガリさん
代用魚は漁業資源を守るためやコスト削減のために使われているんだ。グレーゾーンとはいえ、これがあるおかげでオレたちは安価で美味い魚が食えるんだぜ。
ぷよぷよくん
そうだよね。ボク最初は『詐欺なんじゃないか』って思っちゃったけど、代用魚って庶民の味方だよね。

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー