スポーツ全般

選手がスゴくて…。スキージャンプの"K点"は意味が変わった

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

スキージャンプでは「K点」の意味が変わったという雑学

スキージャンプといえば、筆者が思い出すのは1998年の長野オリンピック日本人が金メダルを獲得したその戦いに、日本中が沸いていた。学校でもテレビを点けることが許されたぐらいだ。

選手が着地する瞬間、アナウンサーが「K点、K点、K点を越えたあーーーー!」と叫んでいた。私も友人も、先生も叫んだ。

こうして日本中に感動を巻き起こした「K点越え」という言葉。なんでも最近は、当時とはその意味が変わって来ているというぞ?

【スポーツ雑学】スキージャンプでは「K点」の意味が変わった

新人ちゃん
スキージャンプの『K点』って、『限界点』っていう意味っすよね?
マッチョ課長
あぁ、以前はそうだったんだが…技術の進歩によって、今は『基準点』という意味で使われているぞ。

【雑学解説】K点が「これ以上飛ぶと危険」という意味じゃなくなった理由とは?

当初、「K点」という言葉は、ジャンプ台を建設する際に、そのジャンプ台で飛べる限界の距離を表したものだった。K点のKはドイツ語の「Kritischer」で、「限界点」の意味。

つまり「このジャンプ台でこれ以上飛ぶと危険ですよ」というポイントだったわけだ。

新人ちゃん
『K』ってドイツ語だったんっすね。

しかし近年のジャンプ競技では、K点越えをする選手など当たり前にいる。空気抵抗の少ないウェアーやスキー板の開発、選手の技術が磨かれたなどで、飛距離は飛躍的に伸びているのだ。

これによって、K点のKも「Konstruktions」という「建築基準」という意味に変わってしまった。現在の競技におけるK点は「ここから飛距離を測りますよ」という基準点に成り下がっているのである。

飛距離がどんどん伸びていくというのはロマンのある話だ。しかしもはや、K点越えのあの興奮は過去のものとなってしまった。競技のおもしろさは変わらないが、長野オリンピック世代の人間としては複雑である。

マッチョ課長
技術の進歩はうれしいものだが、『K点越え』でワクワクすることがないのはちょっと寂しい気もするな…。

知ればもっと面白くなるスキージャンプのルール 

どれぐらい飛んだかもスキージャンプの醍醐味だが、競技では同時にフォームの美しさも競う。採点のシステムを知っていれば、より観戦が楽しくなるぞ!

新人ちゃん
スキージャンプの採点の仕組みってよく分かんないんっすよね。

まず飛距離は、基準を60ポイントとして、K点より遠くなれば加算K点よりも手前であれば減点される仕組みだ。

そしてフォームの美しさは、5人の審判が持ち点20ポイントの減点方式で採点し、最高得点と最低得点をカットした3人の点数が採用される。要するに最高点は60ポイントだ。

スポンサーリンク

審判が見るポイントは、「飛ぶ美しさ・着地の仕方・着地後」の3つ。それぞれに注目して見ると、また違った楽しみ方ができるだろう。

以下は2019年3月に日本新記録を達成した小林陵侑(りょうゆう)選手のジャンプシーンだ! 着地後の点数表示も、仕組みを知っていれば一目瞭然である。

マッチョ課長
この時、小林選手は248mのジャンプを決めて1位に輝いているぞ!

【追加雑学】スキージャンプは囚人を死刑にするかを決めるものだった?

その昔、ジャンプ競技が日本で一般的ではなかったころ、「スキージャンプはノルウェーの処刑法の一種だ」というデマが流されたことがあったという。

囚人を飛ばせて、着地に成功すれば無罪、失敗すれば死刑という、カイジにでも出てきそうなめちゃくちゃな設定である。それほど当時の日本人には、あの高さを飛ぶことは信じられないことだったのだ。

スキージャンプがノルウェーで生まれた1840年ごろといえば、日本は江戸時代…。切腹が行われていた時代に生まれたスポーツと考えれば、そんな想像をしてもおかしくないのかもしれない。

雑学まとめ

ジャンプスキーにおけるK点の意味は、時代を経てそのジャンプ台で飛べる「限界点」から、採点の基準となる「基準点」へと変化した。今ではK点より手前に着地すれば減点になってしまうのだから、改めて技術革新のすごさに気づかされる。

今後、選手たちはどこまで飛べるようになるのだろうか。テレビで競技を観るのが、より楽しみになってきた!

新人ちゃん
選手もスゴいし、その道具を作ってる人たちもスゴいっすね。
マッチョ課長
選手と二人三脚で進化しているんだな!

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー