球技

サッカーの"片手スローイン"が禁止された理由とは?【動画あり】

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

サッカーの「スローイン」は片手でもよかったという雑学

プレミアリーグにて

スローイン、それはボールがフィールドの外に出てしまったときに、手でボールを投げ入れてプレーを再開する動作だ。

スローインといえば、多くの人は両手でボールを頭の上に掲げて投げ込む姿を想像するのではないだろうか? 実際にスローインには、投げ方にいくつかの決まりがあり、現在は片手で投げることは禁止されている。

しかし、昔はスローインを片手で投げ込むことも許されていたのだ。一体どうして禁止になってしまったのだろうか? 今回の雑学では、サッカーにおけるスローインについて調査してみた。

【スポーツ雑学】サッカーの「スローイン」は片手でもよかった?

新人ちゃん
サッカーのスローインは、両手投げじゃないんですか?
マッチョ課長
現在はね。でも、昔は片手投げが主流だったのだよ。
新人ちゃん
へ〜。なんで禁止になったんですか?
マッチョ課長
あるイギリス人選手がボールを飛ばしすぎたために、片手投げは禁止されたのだ!

【雑学解説】片手投げから両手投げに変更されたのは、あるひとりの選手が原因

昔のサッカーにおいては、スローインは片手投げが主流だったのだ。しかし、1882年にこのルールに転機が訪れる。

きっかけとなるのは、イギリス人選手のウィリアム・ガンの登場である。この選手はサッカーだけでなく、なんとクリケット選手でもあった。まさに二刀流。

クリケットの練習もしていたことから、肩が強かったウィリアム・ガンは、片手投げでサッカーボールを60ヤード近く投げることができたといわれている。ちなみに60ヤードは、約54.8メートル。強肩とはまさにこのこと。

マッチョ課長
まさに、ガン(銃)のようなスローイングだったわけだな!
新人ちゃん
はいはい…

このスローインを武器に得点を重ねていったことに対して、他チームは猛反発。そりゃそうだよね。もはやサッカーじゃなくなってるし…。

この手法を封じるために、スローインは両手投げすることに決まったのだ。ルール改正を強いるほどのスローインってすごすぎ。

新人ちゃん
当時、観ていた人はびっくりしただろうなぁ~。

【追加雑学①】ハンパないって!現代のロングスロー

かくして、スローインは片手投げ禁止になったのだが、両手投げになった現代でも、長距離のスローインを投げることのできる選手は数多くいる。

その代表といえるのが、ロリー・デラップ選手だ。まずはその動画から確認してみよう。

マッチョ課長
これだけ飛ばせれば、チームの強力な武器になるよなぁ~。

ものすごい飛んでいる。

デラップの所属しているストークシティは、このスローインを武器に、世界最高峰のイングランド・プレミアリーグで奮戦したのだ。世界でも通用するスローイン!

スポンサーリンク

【追加雑学②】芸術点をあげたい!?ハンドスプリングスロー

次に紹介するのは「ハンドスプリングスロー」と呼ばれるものだ。その名のとおり、ハンドスプリングをしながらスローインを投げることである。

百聞は一見に如かず。まずは動画をご覧いただこう。

新人ちゃん
こんな投げ方、ありなんですか?
マッチョ課長
あり…のようだな。でも、着地に失敗したら選手は恥ずかしいだろうな…

ハンドスプリングをしながら、その遠心力でスローインするって、すごい身体能力。日本代表も結構苦しめられている。

世界には数多くのスローインが存在している。フィールドの外にボールが出たときも注目してみると、サッカー観戦がよりおもしろくなるだろう。

雑学まとめ

今回の雑学ではスローインについてまとめてきた。まさか片手で60ヤードも投げることのできる選手がいて、その選手がきっかけでルールが変わっていたとは…。

現代でも数多くの選手が、多彩なスローインを披露して観客を沸かせている。いつか、日本の選手がこのようなスローインを投げるところも見てみたい。

マッチョ課長
記事の結末もアクロバットなスローイングも、着地が重要というわけだな!
新人ちゃん
……

おすすめ記事

オリンピックメキシコ大会で、日本サッカーはフェアプレー賞も受賞しているという雑学
銅メダル+フェアプレー賞!日本サッカーの偉業を振り返る【メキシコオリンピック・動画】

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー