世界一

交通が不便すぎる…。世界で一番孤立している有人島はどこ?【トリスタンダクーニャ島】

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

世界で一番孤立している有人島はどこ?に関する雑学

トリスタンダクーニャ島の衛星写真

唐突だが、みなさんのなかに離島に住んでいる人はいるだろうか。筆者も瀬戸内海で長年、島暮らしをしている。とはいっても、本州とは車の通れる橋でつながっているため、離島というほどではない。

だが、免許のない学生のころはちょっとした買出しでも、フェリーで本州まで渡る必要があったので、なにかと不便だった

みなさんのなかにも似たような生活をしている人がいるかもしれない。しかし、世界には日本の離島よりもレベルが段違いなほど、孤立している有人島があるという。なかでも、世界で一番孤立しているという島をご存知だろうか。

そんな島で人々は一体、どんな生活を送っているのだろう。今回はこの雑学について詳しく調べてみた!

【世界雑学】世界で一番孤立している有人島はどこ?

ロバート
オレ、ときどき孤立した島でひっそり生活したいって思うときあるんだ…。

エイミー
ロバート、アンタも一丁前に闇なんか抱えてるのね。だったら、南大西洋にある『トリスタンダクーニャ島』に住むことをおススメするわ。

【雑学解説】世界で一番孤立している有人島はトリスタンダクーニャ島

世界で一番孤立している有人島はトリスタンダクーニャ島についてのトリビア

世界で一番孤立しているという有人島。その名は「トリスタンダクーニャ島」だ。周辺の小島を含めれば「トリスタンダクーニャ諸島」と呼ばれている

一体どこにあるのかというと、なんと南大西洋のど真ん中だ。アフリカ大陸と南アメリカ大陸のちょうど中間の海に位置しているどちらの大陸からもおおよそ3,000km前後は離れているという、すさまじい孤立っぷりだ。実際にギネスブックにも「世界一孤立した有人島」として記録されている。

ロバート
どの大陸からも3,000kmも離れてるなんて…孤独もいいところだな…。

周辺を大海に囲まれたそんな島の生活ぶりはどのようなものなのだろうか。詳しく見ていこう。

まず、人口はたったの260人ほどといわれている。そのため、国としての形態はなしておらず、イギリス領としてポンドなどの通貨が使われているそうだ。公用語も英語である。

島の主な産業は農業と漁業。島民は放牧用のヒツジも割り当てられており、完全に自給自足が可能だそうだ。表現が正しいかはわからないが、離島らしい自然に囲まれた生活を営んでいるということだろう。

ちなみにトリスタンダクーニャ島の名産はロブスター。島内で冷凍加工されて、日本にもかなりの量を輸出しているらしい。つまり、日本人は知らないうちににトリスタンダクーニャ産のロブスターを口にしていることがあるということだ。筆者ももしかしたら食べたことがあったのかもしれない。

こうした1次産業を営んで生活している島民たちだが、実は島内ではラジオやインターネットが使えるので、近代化されていないわけではない(Amazonも使えるのだろうか?)

ロバート
Amazonが使えるかどうかはけっこうシリアスな問題だぜ。

ただし、トリスタンダクーニャ島と大陸を結ぶ交通手段は船しかないため、島から出るにも、島へ行くにも、かなりの苦労がいる。なんと、船の定期便では片道、1週間以上もかかるらしい。(Amazonが使えたとしても、離島料金が高そうだ…)

うーむ、生活自体はよくある田舎という感じだったが、やはり交通面の不便さは世界一といった感じである。しかし、筆者の勝手なイメージではあるが、ストレスとかけ離れたのどかな生活ができそうだ。田舎暮らしに興味のある人は1度、観光に行ってみてもいいかもしれない。

エイミー
アタシ達の生活ってけっこうストレスフルなときもあるし、たまにはこんな島でゆっくり過ごすのも悪くなさそうよね。

スポンサーリンク

【追加雑学①】世界一孤立している無人島とは

世界一孤立している無人島についてのトリビア

ブーベ島

さて、世界一孤立している有人島を紹介したので、同時に世界一孤立している無人島も解説しよう。その名も「ブーベ島」だ。

ブーベ島は南アフリカから南南西2,500kmほど離れた場所に浮かぶ無人島である。もはや、南極が近いような位置だ。

エイミー
南極に近いなんて、けっこう寒そうなところね。

周辺には小島などもないため、まさに絶海の孤島といった土地である。もともとは誰も住んでいなかった。しかし、1927年にノルウェーの船の乗組員たちが、上陸して数ヶ月の生活を送ったことからノルウェー領土と認められている。それ以後は定住している人はいないそうだ

そもそも島の大半は氷河に覆われており、定住するには過酷すぎる環境。住もうと思ったら住めるのかまで調べてみたが、自然保護区ということで、島の訪問すら許可が必要とのことである。

エイミー
ブーベ島って自然保護区なのね。
ロバート
仮にこの島に住めたとしても、Amazonは完全にあきらめた方がよさそうだな…。

ちなみに一番近くの人が住んでいる場所は、先に紹介したトリスタンダクーニャ島だ。つまり、訪問の許可が出たとしても、ブーベ島に行くにはトリスタンダクーニャ島以上の苦労がいるということである。

さすがにそこまでして行く人はいないと思うので、こういった無人島があるということだけ覚えておいてほしい。

おすすめ記事

日本で一番大きな無人島は北海道の「渡島大島」という雑学
どんな島?日本で最も大きな無人島は、北海道の"渡島大島"

続きを見る

【追加雑学②】島の定義とは

島の定義についてのトリビア

これまで島についての話題をお届けしたが、そもそも島の定義をご存知の人はいるだろうか。イメージとしては海に囲まれた小さな土地といった感じだが、はたしてその基準とは…。

調べてみたところ国際上では、

  • 四方が海に囲まれている
  • 自然に形成された陸地である
  • 高潮時でも水没しない

との定義だそうだ。

しかし、この定義では大陸なども当てはまるのでは? という疑問がある。さらに調べてみたが、陸地の大きさまで言及している資料は見つからなかった。

ロバート
島と大陸って、けっこうあいまいなものなのか?

だが、おおむね一般的に知られている6つの大陸より小さい陸地が島として認識されているようだ。ちなみに世界で一番大きな島とされているのは「グリーンランド」である。

エイミー
ちなみに、グリーンランドの面積は2,166,000 km²よ。

おすすめ記事

世界一大きい島は「グリーンランド」という雑学
世界一大きい島はグリーンランド!緑じゃなくて氷の島なんです

続きを見る

雑学まとめ

交通が不便すぎる…。世界で一番孤立している有人島はどこ?【トリスタンダクーニャ島】についての雑学まとめ

今回は孤立している島というテーマで雑学をお届けした。筆者も長らく島暮らしをしているので、その苦労はなんとなくわかるが、世界一ともなるとレベルが違うものである。トリスタンダクーニャ島の人々の先祖はどんな経緯でその場所に住むことを決意したのだろうか。気になるばかりだ。

だが、筆者の経験上、離島は海も山もあるので、自然が好きな人にとっては最高の場所である。あとは「どこでもドア」さえあれば…といったところだ。みなさんのなかの誰かが開発してくれたら幸いだ。

ロバート
『どこでもドア』なんてあれば、気になるアノ子の家にも簡単に行けちゃうな!

エイミー
ロバート、アンタはホントに孤立した島で一生過ごすべきだと思うわ…。

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー