芸術・文学

天才ゆえに…?夏目漱石の脳は東大に保管されている

夏目漱石の脳は東大に保管されているという雑学

夏目漱石

『吾輩は猫である』『坊ちゃん』などで知られる文豪・夏目漱石。歴史好きや作品のファンでない人にとっても、旧千円札の人として認知されている偉人である。

小説家のイメージが強い漱石だが、それは晩年の話で、もともとは凄腕の英文学者。イギリスでの英文学研究を文部省からお願いされるほどの天才なのだ!

私たち凡人とはそもそも脳ミソの出来が違うのだろうな…。何? 今でも漱石の脳は残ってるって!?

【歴史雑学】夏目漱石の脳は東大に保管されている

夏目漱石の脳は、妻・鏡子の依頼によって解剖され、医学の発展に貢献した。

【雑学解説】大きくはないが発達した前頭葉。漱石は頭の回転が速かった?

大きくはないが発達した前頭葉。漱石は頭の回転が速かった?というトリビア

夏目漱石の脳は現在も「東京大学医学部標本室」にてホルマリン漬けにされ、保管されている。残念ながら一般公開はされていないようだが。

作家としては言わずもがな、教師時代にしても右に出る者がいないぐらいのエリートと扱われていた漱石のことだ。どんなに大きな脳をしていたのだろう…。

しかしその重量は1,425g。成人男性は1,350~1,500gぐらいが一般的とされているので、平均と比べてさして大きいわけではない…意外である。

しかし重量こそ普通でも、頭の回転の速さや、言語処理の能力を司る前頭葉は著しく発達しているという。やはりという感じだが…それでさほど重くないということは、かなり偏った才能の持ち主だということか?

ちなみに記録されているなかで一番重いのは、19世紀ロシアの文豪イワン・ツルゲーネフの2012gである。平均より500g以上重いとは…ツルゲーネフ、頭めっちゃデカかったんじゃないか?

スポンサーリンク

解剖の経緯は五女・雛子の死から

解剖の経緯は五女・雛子の死からというトリビア

東京大学

肝心なのは、なぜ東大に彼の脳が保管されているのかである。これは漱石の主治医であった東大病理学教授の長与又郎(ながよまたお)に、漱石の妻・鏡子が解剖を依頼したからだ。

解剖を行ったからといって、漱石の死に事件性があったわけではない。鏡子は生前の漱石のある想いを汲み、解剖に踏み切ったのだ…。

1911年11月29日、漱石が亡くなるちょうど5年前のこの日、まだ1歳を迎えたばかりの五女・雛子が突然死した。このとき夏目夫婦は娘を解剖せずに弔ったため、その死因は結局わからずじまいだったのだ。

後年、漱石はこのことを「娘がなぜ亡くなったのかを知っておくべきだった」と、後悔し続けていたという。

本人がこの世を去った際、その姿が脳裏によぎった鏡子は漱石の想いを汲み、また医学の進歩の手助けになることを彼も望んでいるだろうと、解剖を依頼したのである。

漱石の小説には家族愛が伝わるものが多いことから、雛子の死が彼にとってどれほどの衝撃だったかは察しがつく。実際このころノイローゼにも悩まされているし、晩年の漱石は死を目前にしながら悲痛な想いを抱えていたのだ。

トリビアまとめ

天才ゆえに…?夏目漱石の脳は東大に保管されているというトリビアまとめ

夏目漱石の脳は、今も東大医学部の標本室に保管されている。前頭葉が発達し、回転の早かった彼の脳は死してもなお、医学の発展という形で人の役に立とうとし続けたのだ。

没する数年前に痛ましい事件があったといっても、やはり愛する夫の遺体を解剖に出すのは勇気のいることだろう。夏目夫婦がいかにお互いのことを理解し合っていたかが、垣間見える逸話である。

Copyright© 雑学カンパニー , 2020 All Rights Reserved.