野菜

冬瓜(トウガン)は優れた夏野菜!ダイエッターにおすすめですぞ〜

トウガンは夏野菜という雑学

トウガン。それは、まるでキュウリを巨大化させたようなウリ科の野菜だ。トウガンを漢字で書くと「冬瓜」となる。

「冬」という漢字が入っているから、冬野菜だと思い込んでいる人もいるかもしれない。しかし、トウガンはれっきとした夏野菜なのだ! 今回はトウガンの雑学を紹介していくぞ。

【食べ物雑学】トウガンは実は夏野菜

トウガンは夏に収穫されるが、冬までおいしく食べることができる。

【雑学解説】トウガンは7~9月に収穫される

まずは、トウガンがどんな野菜なのかを見ていこう。トウガンは、インド・東南アジア原産のウリ科の野菜である。トウガンの主な種類は以下の通りだ。

  • オオマルトウガン・・・球状で完熟すると表面に白粉がつく。
  • ナガトウガン・・・長楕円形の細長いトウガン。
  • オキナワトウガン・・・長楕円形の実で、熟しても表面に白粉はつかない。

トウガンは小さいもので2~3kg、大きいものでは10kgをこえることもある。食べごたえがありそうだ!

こちらは、トウガンの下処理の方法を解説した動画である。

このように、トウガンにはワタがたっぷりと詰まっている。下処理が大変そうなイメージがあったが、慣れればそれほど難しくはなさそうだ。

そんなトウガンは、7~9月頃に収穫のピークをむかえる。全体の95%以上が水分でできており、体を冷やしたりむくみをとったりする効果がある。れっきとした夏野菜なのだ。

それなのに、なぜ「冬」という漢字を使っているのだろうか。その秘密は、トウガンの貯蔵性の高さにある! 実は、トウガンは常温で2~3ヶ月も保存可能なのだ。

夏の終わりに収穫したトウガンであれば、品質を落とさずに年明け前後まで保存することができる。このことから、トウガンは「冬瓜」という名前になったと考えられている。

スポンサーリンク

【追加雑学①】トウガンは夏野菜なのに秋の季語!?

ここで驚きの事実をもうひとつ紹介する。実は、トウガンは秋の季語に分類されているのだ。夏野菜なのに夏の季語ではなく、「冬」という漢字が入っているのに冬の季語でもない。一体どういうことなのだろうか…。

その答えは旧暦にあった! 旧暦と新暦にはズレがあるのだ。旧暦では1~3月を春・4~6月を夏・7~9月を秋・10~12月を冬と考える。

トウガンが収穫される7~9月頃は旧暦では秋となる。このことからトウガンは秋の季語となった。現在人の感覚からすると少しややこしい…!

【追加雑学②】トウガンは超ヘルシー食材だった!

さきほども少し触れたが、トウガンの95%以上は水分でできている。トウガン100gあたりのカロリーは16kcalだ! お腹いっぱい食べても太る心配はほとんどない。

「ほぼ水分だけなら栄養もないんでしょ」と思うかもしれないが、そんなことはない。トウガンにはビタミン・ミネラルがバランスよく含まれている。代表的な栄養素を見ていこう。

カリウム

トウガン100gあたりには、200mgのカリウムが含まれている。カリウムには体内の余分なナトリウムを排出する作用がある。高血圧の予防におすすめだ。

カリウムには利尿作用があり、むくみの予防・改善にも効果的だ。むくみに悩んでいる人はぜひ積極的に食べてみてほしい。

ビタミンC

トウガン100gあたりには、39mgのビタミンCが含まれている。ビタミンCは美肌に欠かせない栄養素のひとつだ! シミの原因となるメラニンの生成をおさえる働きもある。

関連雑学

ホクロに生えた毛が太くて濃い理由に関する雑学
処理したい…ホクロの毛が太くて濃いのはどうして?

続きを見る

サポニン

トウガンには、サポニンという注目成分も含まれている。 サポニンには糖の吸収と脂肪の蓄積をおさえる働きがある。ダイエッターの強い味方となってくれそうだ。

雑学まとめ

今回はトウガンの雑学を紹介してきた。トウガンは夏野菜だが、冬まで保存できることから「冬瓜」という名前がついたと考えられている。

しかも、収穫のピークは旧暦で秋であるため、秋の季語に分類されている。なんだかややこしいが、今度トウガンを食べるときは少しだけ思い出してほしい。

いま読まれている記事

© 2020 雑学カンパニー