体の仕組み

スゴいぞ尿!尿検査をあさイチのおしっこで行う理由とは?

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

尿検査の尿は朝起きてすぐの理由に関する雑学検診時期が近づくと少し憂うつな気分になるのが、家で忘れずに採らないと怒られるアレ、尿検査だ。朝起きてすぐ尿をコップに採るって、なんか面倒だ。

尿は身体の中の要らなくなった物が出ているだけでしょ? そんなもの検査して何がわかるんだ? そう思ったことがある人も多いだろう。

今回は、そんな不当な扱いばっかりされている尿検査の雑学だ。尿検査の尿が朝起きてすぐの理由を、雑学としてご紹介するよ!

【人体雑学】尿検査の尿は朝起きてすぐのものである理由とは?

ダヴィンチさん
尿検査を朝一番の濃い尿で検査するのは、体の状態を反映しているからなんだ。
科学者くん
体の状態を反映…ですか?
ダヴィンチさん
そうだよ。検査項目によっては、運動や食事の影響で値が変化するものもあるから、できるだけ朝一番の安静時の尿が良いんだ。

【雑学解説】尿検査の朝一番の尿で何を調べているの?

尿検査の朝一番の尿で何を調べているの?というトリビア

尿にはさまざまな病気のサインが出ている。糖尿病・腎臓病・膀胱の病気・心臓病・肝臓病・すい臓の病気があるかもしれない! ということまで教えてくれるのだ。赤ちゃんであれば、先天的な病気が発見されることもある。たかが尿検査と侮ってはいけない。

しかし、なぜ朝一番じゃなきゃだめなんだろう?

実は、朝一番の濃い尿が、身体の状態を一番よく反映しているからだ。尿の成分は、運動や食事の影響で値が変化するものもある。だからできるだけ朝一番の安静時の尿がよい。特に尿タンパクは、立っているだけで尿中に出てしまうことがあるので注意が必要だ。

科学者くん
朝一番の尿が良いっていうことは、それ以外の尿は検査には使えないっていうことですか?!

朝一番に採り損ねたらもうダメ!?

結論からいうと、朝一番の尿じゃなくても大丈夫! 朝一番の尿でもっとも影響を受けるのは、尿タンパク。尿タンパクは運動していなければ、それほど問題にはならない。

しかし、子供は別だ。子供は腎臓の位置などの関係で、立っていたり腰を曲げたりすると尿タンパクが出ることがある。これは体位性蛋白尿(生理的)といわれるもので、腎臓に異常が無くても出ることがある。

学校検診で尿タンパクがひっかかってしまうと再検査が必須。あの面倒な尿検査をもう一回しなければならなくなるので、なるべく子供の尿は朝起きてすぐのものが良い。

ダヴィンチさん
大人の検査だったら朝一番でなくても大丈夫なんだけど…。以下の学校保健の文章を読んでみよう。

体位性蛋白尿は健常者の10%、検尿陽性者の20〜40%を占めるといわれています。可能なら別の日に提出してもらうのが良いですが、運営上無理な場合は、検尿に出さないよりは出す方がいい。そんな場合は、排尿した後、コップ一杯の水を飲んで、椅子などに座って2時間程度安静を保ったうえで採尿してください。

学校保健「学校検尿について」

子供は再検査を避けるためにも、朝一番の尿を採ろう!

スポンサーリンク

正しい検査を受けるために覚えておきたいこと

正しい検査を受けるために覚えておきたいことについてのトリビア

正しい検査結果を得るための基本を伝授しておくぞ!

尿検査前日はジュース類やビタミンC剤(サプリなど)をたくさん飲まないこと

前日にビタミン剤などを飲むと、尿糖の値に影響することがある。実際尿中に糖が出ているのに、出ていない(陰性)と判定されてしまうのだ。

栄養ドリンク色に染まった尿では正しい値が出ないかも知れないと、覚えておこう。

尿検査当日の朝は起きたらすぐトイレで尿を採ろう

運動によって尿タンパクが出てしまうことがあるので、動く前の朝一番に採ろう!

尿は中間尿を採ろう

中間尿というのは、尿がではじめて少し経ったところで採る尿のことだ。特に女性は、尿道付近に細菌(身体には悪さしない菌)が増殖していることがあるので、その細菌を尿に混入させないためにも気をつけたいところ。

ダヴィンチさん
いろいろ面倒だけど、きちんとした結果を出すために頭に入れておいてね。

【追加雑学】尿検査にお茶や水を提出するとどうなる?

尿検査にお茶や水を提出するとどうなる?というトリビア

なぜこんな話をするのかというと、残念ながら実際にそういう人いるからだ。もし尿の代わりに水やお茶を入れたらどうなるのか?

答えは「すぐバレる」だ。まずパッと見で気付かれ、検査をすると確定できる。

では、水と尿を混ぜた場合はどうだろうか? この場合、検査者はほぼ気がつかない。検査データを見てもわからないことが多いだろう。

しかし、尿を水で薄めてしまうと、重大な病気のサインを見つけるチャンスを失ってしまう。尿糖や尿タンパクが出ていても薄まってしまうので、「異常なし」と判定されてしまうのだ。みすみす早期発見のチャンスを逃すことになる。量が足りないからって薄めちゃだめだぞ!

検査する側は特に困らない。困るのは提出した本人だけだろう。これを読んでるみんなはやらないだろうけど、もしやろうとしてる人がいたら教えてあげてほしい。

科学者くん
病気のサインを見逃してしまうなんて怖いから、もしおしっこが足りなくてもボクは正直に言います!

雑学まとめ

スゴいぞ尿!尿検査をあさイチのおしっこで行う理由についてのトリビアまとめ

今回の雑学記事では、尿検査の尿は朝起きてすぐの理由をご紹介したが、いかがだっただろうか。

そういえば、尿の色ってじっくり見たことがあるだろうか? 朝一番の尿は、濃い黄色やオレンジ色が普通だ。ばい菌が入って炎症を起こしていたり、尿を我慢して膀胱炎になったりしていると、レンガ色や赤や白っぽい色になることもあり、病気を反映していることがある。

もしいつまでも普段と違う色の尿が続くような場合は、泌尿器科で相談してみると良いね!

腎臓病とか怖そうだから、これからもちゃんとしっかり採って検査してもらおう!

ダヴィンチさん
たかが尿、されど尿…ある分野では尿は『聖水』といわれるくらい大事なものなんだよ。
科学者くん
聖なる水…ですか?それはいったいどんな分野なんでしょうか?
ダヴィンチさん
おっといけない…。科学者くんにはまだちょっと早い話だよ。

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー