世界一

世界一危険なポスト!ヤスール火山の火口から手紙が出せる【動画あり】

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

ヤスール山には世界一危険なポストがあるという雑学

近年では連絡は電話やメールですることが増えたが、手紙やはがきを出す機会がなくなったわけではない。毎年年賀状をたくさん書く人もいるかと思う。

手紙やはがきはポストに投函するだけで届けてもらえるので、とても便利だ。人里離れた土地でもポストがあれば、手紙を送ることができる。初めて行った場所でも探せばポストはすぐに見つかる印象だが、どこにでも設置されているのだろうか?

調べてみると、海外にはとんでもない場所にポストがあった。そのポストはヤスール山という山に設置され、世界一危険なポストと呼ばれていた。ヤスール山とは、どんな場所なのか? 雑学としてまとめてみたぞ。

あまりの危険さに驚くこと間違いなしだ!

【世界雑学】ヤスール山には世界一危険なポストがある

エイミー
ヤスール山って世界で最も火口に近づける活火山なんだけど、なんとその火口近くにはポストが設置されてるのよ。
ロバート
REALLY?いったい誰がそんなところのポストに投函するっていうんだい?

【雑学解説】活火山のヤスール山は火口付近にポストがある

ヤスール山はバヌアツ共和国という、南太平洋の島国にある山だ。バヌアツの位置がよくわからない人は、オーストラリアの東側と覚えておくといいだろう。バヌアツは多くの島々で構成されている。

バヌアツの島々は、半数ほどが火山の活動で作られた火山島である。ヤスール山はバヌアツのタンナ島という島の南東にあり、タンナ島も火山島の1つだ。

火山には今まさに噴火している火山もあれば、過去に噴火が観測されたが近年は噴火していない火山もある。そのため火山だから危険とはならないのだが、ヤスール山は現在も噴火活動中の活火山なのだ! ヤスール山の様子を動画でごらんいただこう。

ロバート
WOW…

エイミー
すごい迫力ね…!

動画でこれほどの迫力とは、現地で実際に見ると命の危険を感じそうだ…。勢いよく噴火しているのに、避難せずにのんびり撮影なんてしていていいのか? 実はヤスール山は、「世界で最も火口に近づける活火山」として人気の観光地だ。

ヤスール山の火山観光では、噴火口を見る以外にも楽しみが用意されている。山を登っていく途中に、ポストがあるのだ! このポストはギネスブックで「世界一危険なところにあるポスト」に認定された、まさに世界一危険なポストなのである。

ポストはただの飾りではなく、実際に手紙を投函することもできる。郵便を回収する人も命がけで大変そうだ…。ヤスール山へ噴火を見に行く人は、事前にポストに投函するためのはがきや手紙を用意しておくといいぞ!

ロバート
マグマが燃え盛る火山なだけに、情熱的なラブレターでも送ろうかな?

おすすめ記事

水深10mのギネス!海の中にある郵便ポストが日本にある【動画あり】

続きを見る

スポンサーリンク

【追加雑学①】南極にも郵便ポストが設置されている

火山以外にも変わった場所にポストがないかと探してみると、南極にも郵便ポストがあるとわかった。南極で郵便を出す人なんているのだろうか? 南極の郵便ポストとして有名な場所が、この2つである。

  • 昭和基地
  • ポート・ロックロイ

昭和基地は気象の観測などを行う、日本の観測基地だ。昭和基地には「日本郵便銀座郵便局昭和基地内分室」のポストが設置されている。南極はどの国の領土にもなっていないため、日本の基地内には日本の銀座郵便局が管理するポストが置けるようだ。

ポート・ロックロイは、イギリスが昔運用していた観測基地である。現在は夏のあいだのみ研究員がおり、南極クルーズの人気観光地になっている。お土産や絵はがきの販売もしているので、旅の思い出としてポストに絵はがきを投函する人が多いらしいぞ。

どうやら南極の郵便局は、それぞれの国が観測基地に設置しているものが多いと思われる。昔は遠方との連絡は手紙が主流だったことから、郵便局があり手紙が届くという事実が、南極に滞在する研究員にとって心のよりどころだったのかもしれない。

ロバート
メールって手軽だけど、手書きの手紙の温かさもいいよな。

エイミー
忙しい現代社会だからこそ、たまにはゆっくり手紙を書きたいわよね。

【追加雑学②】ローソンのポストの愛称は「ローポスくん」

いざ手紙を出そうと思っても、切手がない。そんなときに頼りになるのが、コンビニだ。多くのコンビニでは切手を買うことができる。ついでにポストもあれば、そのまま手紙を出すことができてとても楽なのに…。

と、思っていたら切手を買い、そのまま手紙を出せるコンビニが存在することが分かった。コンビニ大手の「ローソン」だ。ローソンでは、店内のレジのすぐ近くにポストが設置されているのである。店内にポストがあるとは、気づかなかった。

ローソンのポストには、愛称もあることが判明した。その名も「ローポスくん」である。2003年に愛称を募集し、ローポスくんに決まったそうだ。ローソンのポストでローポスくんとは、単純だが覚えやすくてかわいい。

外出先で手紙やはがきを出したいのに、ポストが見つからないときには、ローポスくんのことを思い出してほしい。ローポスくんがあなたの手紙を待っているぞ!

ロバート
日本のコンビニって、マジでなんでも屋みたいだよな!

雑学まとめ

今回は、ヤスール山には世界一危険なポストがあるという雑学と、ポストに関するトリビアを紹介した。火山や南極にまであるなんて、ポストの設置場所には限界がないのだろうか…。

手紙は誰かに送るだけでなく、自分に出すこともできる。旅先で絵はがきを購入し、自分あてに出してみるのも、旅のいい思い出になるのでおすすめだ!

ロバート
自分あてに送るか…それもいいアイデアだな。

エイミー
でも、旅行から帰ってきた後に自分が送った絵はがきが到着したら、旅先が恋しくなっちゃいそうだわ!

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー