地域

水深10mのギネス!海の中にある郵便ポストが日本にある【動画あり】

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

清少納言は、女であることを証明する為に股間を丸出しにしたことがあるという雑学

最近では、スマホやPCから簡単にメールを送ることができる。しかし昔はメールなんてなかった。切手を貼り、手紙やハガキをポストに投函するのが普通だった。今では利用者が減ったからか、あまり街中で赤いポストを見かけない

それが、なんと海の中に立つポストがあるという! ジャブジャブ海の中を歩いてポストまで手紙を出しに行くのか? はたまた海水浴をする客向けのポストなのか?

今回は、「海の中に立つポスト」についての雑学を調査してみた。

【世界雑学】海の中に立つポストがある

エイミー
ロバート、海底にポストがある場所が存在するって知ってた?
ロバート
WHAT?海底?!一体どこにそんなCRAZYなポストがあるんだい?
エイミー
それがどうやら日本に3か所もあるらしいのよ!

【雑学解説】海底ポストは日本で三か所に設置されている

なんと海の中のポストとは、海の底に設置されたポストだった! 潜らないとポストまでたどり着けない。というか海の中に行くまでに手紙びしょぬれになりそうなのだが。

日本ではどうやら3か所の海に設置されているようだ。場所は沖縄県那覇市和歌山県すさみ町静岡県伊東市にあるらしい。

なかでも和歌山県すさみ町の海底ポストはCMなどでも使用され、「世界一深いところにあるポスト」としてギネス認定もされている。その深さは約10メートル! かなりの深さである。

海底ポストが使用されたCMはこちら。実際にポストへ投函される場面はないが、綺麗な海中にしっかりと立つ海底ポストの姿を観ることができる。

エイミー
澄んだ水中のポスト…ロマンティックね!!

CMでは水深10メートルという深さのため潜るのが難しく、最後はダイバーに頼むというシーンがある。かなりの深さなのでダイビングでも簡単に行くことは出来なそうだ。ダイビング初心者の方は無理せずダイビング体験ツアーなどを利用しよう。

このポストもちろん普段使うための物ではなく、どうやら町興しの一環で設置されたようで、ダイビング体験のなかに海底ポストへの投函ができるプランもあるらしい。エアメールならぬアンダーシーメール海の中から届いた手紙ということで、受け取った側は感動してくれるかもしれない。

海底ポストに投函された手紙ダイバーが回収し、町の郵便局から全国へ配達される。海の中からの手紙を受け取るのも嬉しいが、海の中に立つポストぜひ一度見てみたいものだ。

ロバート
オレの文才あふれるラブレターが海からも届けられるなんて…ますますモテモテになっちまうじゃないか!!

スポンサーリンク

【追加雑学】海底ポスト用のハガキがある

海底ポストの存在はわかった。しかし普通に郵便物を持って海に潜ったら、ポストへ入れるときに濡れて使い物にならないじゃないか、と疑問に思った人は多いはず。そこはご安心を。専用のハガキが用意されていて、そのハガキに油性ペンでメッセージを書けば大丈夫だ

専用のハガキ切手代込みで1枚200円。ただし、ポストへ投函する前に海に流さないように注意してくださいとのこと。

エイミー
そういえば、ロバート。そもそもアンタってカナヅチだから、手紙と一緒に流れていっちゃいそうよね。
年賀状も海底ポストから出せる

海底ポストの利用者が最も多いのは、観光客が増える夏休み年賀状シーズンらしい。なんと年賀状も海底ポストから出せるとのこと。真冬の海に、世界一深いところから年賀状を出す。なかなか勇気のいることだが、1年の締めくくり挑戦したい気もする。

ロバート
HAPPY NEW YEARのあいさつを海底からか…なかなかシャレてるよな。
エイミー
そうね、でもとっても寒い時期だから、挑戦する人はくれぐれも無理をしないようにね!

雑学まとめ

海底ポストについての雑学、いかがだっただろうか。近頃は、簡単にスマホや携帯からメッセージが送ることができる。しかしあえて手書きで、しかも海の中から送られたメッセージ特別なものとなるだろう。海底にポストがあるということは、もちろん海もよどみなく綺麗なのだろう。

海底ポストのみならず自然も満喫できそうである。綺麗な海をいつまでも守りたいものだ。海底ポストダイビングツアーは、ダイビングが好きな方や海が好きな方にはぜひおすすめしたい。

エイミー
アタシ、日本に行ったらチャレンジしたいわ!ロバート、カナヅチなアンタは留守番だけどね!!
ロバート
…チェッ!!

おすすめ記事

ヤスール山には世界一危険なポストがあるという雑学
世界一危険なポスト!ヤスール火山の火口から手紙が出せる【動画あり】

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2021 雑学カンパニー