企業・商品

なぜBR?31アイスクリームのロゴの"BR"ってなに?

31アイスクリームのロゴの"BR"に関する雑学

「サーティワンアイスクリーム」というお店の名前、一度は聞いたことがあるのではないか。アメリカに本社がある人気のアイスクリーム屋さんだ。私もここのアイスクリームが好きで、季節によって入れ替わるフレーバーを楽しみにしている。

さて、サーティワンアイスクリームのロゴを見ると、なぜか「BR」となっている。どう略しても「BR」にはならないのになぜだろう…? さて、今回はサーティワンアイスクリームのロゴマーク「BR」についての雑学を紹介していくぞ!

【生活雑学】サーティワンアイスクリームのロゴマークの「BR」とは何か

サーティワンアイスクリームの「BR」はBaskin Robbinsの(バスキン・ロビンス)の略!

【雑学解説】バスキン・ロビンス(BR)は2人の創業者の名前

「BR」のロゴの元になっているバスキン・ロビンスとはいったい…という感じだが、これはサーティワンアイスクリームの創業者の名前である。

1946年にバスキン氏が開業した「バートンズアイスクリームショップ」というお店と1945年にロビンス氏が開業した「スノウバードアイスクリーム」というお店が1953年に合併し、「バスキン・ロビンス」という名前のアイスクリーム屋さんになった。

もともと「サーティワンアイスクリーム」は日本で始まった会社ではなく、アメリカから始まった会社である。アメリカでは「サーティワンアイスクリーム」ではなく、「バスキン・ロビンス」と呼ばれている。

「バスキン・ロビンス(Baskin Robbins)」を略すと「BR」。なるほど、サーティワンアイスクリームのロゴにはそんな意味があったのか…!

スポンサーリンク

【追加トリビア①】サーティワンアイスクリームと呼ぶのは日本と台湾だけ!?

普段私たちは「サーティワンアイスクリーム」という名前で親しんでいるが、このお店をこう呼ぶのは日本と台湾の人だけである。アメリカの人に「サーティワン」と伝えても通じないなんて衝撃だ…!

本国アメリカのサーティワンアイスクリームの法人名は「Baskin-Robbins Inc.」で、日本での法人名は「B-R サーティワンアイスクリーム株式会社」となっている。

関連雑学

サーティーワンは海外では通じないという雑学
正式名称は"Baskin Robbins"!"サーティーワン"は日本でしか通じない

続きを見る

ちなみに、サーティワンの名前の由来は「31日間(1ヵ月間)毎日違った味を楽しんでもらいたい」というところからきている(おまけの雑学だが、サーティワンの冷蔵庫は32種類のアイスクリームが置けるようになっているため、大抵の店舗では32種類のフレーバーを置いている)

「サーティワンのアイスクリーム全種類食べてみた」という動画も発見した。見てみると理解が深まる!

「BR」のロゴをよく見るとうまく「31」という数字を表しているので、店舗に行った際はぜひチェックしてみてほしい。

【追加トリビア②】サーティワンアイスクリームの価格は店舗によって違う!

読んでいるうちに、なんだかサーティワンアイスクリームが食べたくなってきた…という人もいるのではないか。しかしアイスクリームの価格を調べようとして公式ホームページを見ても詳しくは記載されていない。これはなぜだろうか…?

実はサーティワンアイスクリームの価格は店舗によって違うのだ。これは販売状況や立地条件などによって決まっている。あなたの最寄りのサーティワンの値段は安い? それとも高い?

トリビアまとめ

今回は、サーティワンアイスクリームのロゴマークである「BR」についての雑学をご紹介した。創業者の名前「バスキン・ロビンス」の略とは驚きだった…!

いつ行ってもたくさんのフレーバーがあって、選ぶだけでもワクワクするサーティワンアイスクリーム。家族や友達と一緒に食べることがあれば、ぜひこの雑学を教えてあげてほしい。

こちらの記事もおすすめ!

Copyright© 雑学カンパニー , 2020 All Rights Reserved.