五輪の歴史

宗教問題…。古代オリンピックが終わったのはキリスト教がきっかけ

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

古代オリンピックが終わったのは、キリスト教がきっかけという雑学

オリンピアの遺跡

現在私たちが知っているオリンピックは、「近代オリンピック」に分類されている。近代オリンピックが始まるずっと昔、「古代オリンピック」というのがあった。

古代オリンピックは紀元前のころからギリシャで行われていたのだが、あることがきっかけで無くなってしまったのだ。

一体何が起こったのか? 今回は、そんな古代オリンピックにまつわる雑学を紹介しよう。

【オリンピック雑学】古代五輪が終わったのは、キリスト教がきっかけ

新人ちゃん
ずっと昔にも、ギリシャでオリンピックってあったんっすよね?どうしてなくなっちゃったんっすか?
マッチョ課長
宗教が変わってしまったからだ。一神教のキリスト教が入ってきたことで、ギリシャの神々のための宗教行事だった古代オリンピックは終わってしまったんだ…。

【雑学解説】オリンピックはギリシャの神様のための祭典だった

なぜキリスト教によって古代オリンピックが終わってしまったのかというと、古代オリンピックが何のための祭典だったのかが関係している。

現在ではオリンピックといえば、世界各国の運動会のようなイメージがある。しかし、古代ギリシャで行われていた古代オリンピックは違い、ギリシャの神々のための宗教行事だったのだ。

古代ギリシャ人は、古代オリンピックでスポーツや芸術を通して、ギリシャ神話の神々をあがめていた。日本でも、神事として相撲や芸能が奉納されることとあるが、それと似ている。

新人ちゃん
古代オリンピックは神聖なものだったんっすね。

古代ギリシャはやがてローマ帝国に吸収されることとなるのだが、それでもしばらくは古代オリンピックを続けることができていた。しかし、ローマ帝国がキリスト教を国教としたことで、古代オリンピックは終わってしまったのだ。

キリスト教は一神教(いっしんきょう)だ。つまり、「神様は1人だけ!」という価値観である。対するギリシャは多神教(たしんきょう)。ゼウスやヘラなど、様々な神様が信じられていた。

ローマ帝国がキリスト教を国教にしたことで、多神教の価値観は禁止されてしまった。それにともない、ギリシャの神々のための祭典だった古代オリンピックも終わってしまったというわけだ。

価値観が1つ変わるだけで、1169年間も続いた古代オリンピックが終わってしまった。なんともあっけない終わり方ではないだろうか。

マッチョ課長
ギリシャの神々は個性的だが、特に『全知全能の神・ゼウス』は強烈なキャラクターでなかなか面白いぞ。

おすすめ記事

全知全能の神ゼウス!に関する雑学
強さも浮気も神レベル!"全知全能の神ゼウス"ってどんな神様?

続きを見る

スポンサーリンク

【追加雑学】近代にオリンピックが復活した理由とは?

393年に最後の古代オリンピックが行われて、そこからオリンピックは歴史から姿を消していた。しかし、そこから1500年ほどの月日が流れたある日オリンピックは復活することとなる!

オリンピックを復活させたのは、ピエール・ド・クーベルタンというフランスの教育者。クーベルタンは歴史書に書かれていた古代オリンピックに感銘を受けて、近代にオリンピックを復活させようと立ち上がったのだ。

おすすめ記事

近代オリンピックの父・クーベルタンの挫折と情熱に関する雑学
スポーツで世界平和!近代オリンピックの父"クーベルタン"の挫折と情熱。

続きを見る

「ルネッサンス・オリンピック」という演説で賛同者が集まり、国際オリンピック委員会が設立される。そして、アテネで第1回オリンピックが開催されたのだ。

新人ちゃん
記念すべき第1回オリンピックの開催地は、やっぱりギリシャだったんっすね。

ちなみに、オリンピックのシンボルでおなじみの五輪マークはクーベルタンが作ったものである。

もしもクーベルタンが、古代オリンピックに感銘を受けずに、ギリシャの歴史の一部として扱っていたら…。今のオリンピックは無かったのかもしれない。

おすすめ記事

オリンピックの「五輪マーク」は何を表している?という雑学
五色?五大陸?"五輪マーク"の由来とは?【オリンピック・シンボル】

続きを見る

雑学まとめ

今回は、古代オリンピックが終わってしまった理由についての雑学をご紹介した。

古代ギリシャで行われていた古代オリンピックは、現代のスポーツの祭典というよりは、ギリシャの神々への祭典だった。

しかし、ギリシャを支配したローマ帝国がキリスト教を国教にしたことにより、価値観の違うギリシャの多神教的な考えは禁止されてしまった。それにともない、ギリシャの神々のための行事だった古代オリンピックも終わってしまったのだ。

それから1500年後に、クーベルタンが「オリンピックを復活させよう!」と呼びかけるまで、オリンピックは古代ギリシャの行事の1つにすぎなかった。1人の男の呼びかけによって、オリンピックは現在にも親しまれている大きな行事となっている。

マッチョ課長
近代オリンピックを復活させたクーベルタン…彼の心臓はギリシャのオリンピアに埋められている。彼はまさに『オリンピックに心臓を捧げた』男なわけだ!
新人ちゃん
『進撃』よりも文字通りって感じっすね。

おすすめ記事

近代五輪の父・クーベルタンの心臓はギリシャのオリンピアに埋められているという雑学
近代オリンピックの父"クーベルタン"の心臓はギリシャのオリンピアに埋められている

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー