虫・昆虫

シロアリはゴキブリ!?アリのほとんどは分類上"ハチ"の仲間

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

シロアリ以外のアリは全て「ハチ」?に関する雑学

ハチとアリは共に女王を頂点とした社会性をもつ昆虫である。アリとハチの社会は、非常に似ていることは間違いない。

ハチとアリは別の昆虫だと考える人は多いと思うが、アリとハチは非常に近縁な昆虫だということがわかっている。アリハチの一種ともいえるのだ。

だがシロアリだけは、ハチには含まれないのだという。一体どういうことだろうか? 今回は、シロアリを除いたアリはハチの仲間だという雑学についてご紹介しよう。

【動物雑学】シロアリ以外のアリは全て「ハチ」?

ライオンくん
シロアリ以外のアリはハチの一種なのか…。じゃあシロアリは何なんだ?
ウサギちゃん
アリはハチ目・スズメバチ上科・アリ科に属するスズメバチの親戚で、一方のシロアリはゴキブリの仲間なんだ。

【雑学解説】アリとハチは同じ昆虫?

アリとハチは非常に似た社会を作る昆虫だが、アリはハチと違って空を飛ぶこともできず、針ももたないというイメージがある。そのため、アリとハチ別の昆虫と考える人が多いが、分類上アリはハチの仲間だと考えられている。

分類上のアリはハチ目・スズメバチ上科・アリ科に属することになっており、スズメバチの親戚である。また、スズメバチ・アリの方が、スズメバチ・ミツバチよりも遺伝的に近縁だということがわかっている。

女王と交尾をするオス以外は全てメスだという共通点も、アリとハチが同じ種類の昆虫だと考えれば自然なことだろう。

ウサギちゃん
こんな共通点をもった昆虫なんてそうそういないよね。

シロアリはゴキブリの仲間!?

しかし、シロアリだけはハチの仲間ではない。シロアリはアリに非常に似た社会を作る昆虫であり、アリの仲間だと考えても無理はない。

しかし、アリとは関係ないゴキブリと近縁であることがわかっている。

シロアリは、もともとはシロアリ目という独立した目に分類される昆虫だった。しかし、かなり以前から一部のゴキブリとの類似性が指摘されていた。

2000年代に系統解析が行われるようになり、遺伝的シロアリがゴキブリと近縁であることは確実になった。

ライオンくん
どっちも人間に嫌われてるっていう共通点もあるよな。

現在、シロアリゴキブリ目に分類する考えが主流になっている。一方で、シロアリがゴキブリ目になると用語が混乱するため、シロアリ目を残そうという意見もある。

シロアリはアリと非常に似た社会性をもっている。しかしシロアリのオスは、女王と交尾すること以外の役割を多くもっている点がアリとは異なる。その視点で見ると別の生き物だということもわかるだろう。

おすすめ記事

シロアリはアリの仲間ではなくゴキブリの仲間という雑学
シロアリはアリではない。実は"G"の仲間で"G"より強力な害虫。

続きを見る

スポンサーリンク

【追加雑学①】針をもつアリは少なくない

アリは空を飛ぶイメージがないが、アリのオス基本的に羽アリである。実は、ほとんどの種類のアリは空を飛ぶことができるのだ。また女王アリもオスと交尾する前はがついており、それを使って飛ぶことができる。

日本では非常に少ないが、毒針をもつアリは海外では少なくない。むしろ、海外では針をもつアリの方が多いという。この事実を知れば、アリがハチの仲間だということも納得できるだろう。

 

上の動画は、珍しい日本産の針をもつアリを撮影したものだ。

ウサギちゃん
このアリの毒液は刺激臭で、敵から逃げるために吹きかけたりもするんだ。

アメリカなどで大量に繁殖し、外来種の殺人アリとして恐れられるヒアリがいる。このヒアリが日本に定住する危険性も指摘されている。ヒアリの毒は、アナフィラキシーショックで人を死に至らせる可能性があるが、ヒアリは噛んで毒を注入するわけでなく、毒針で獲物を刺すのである。

ちなみに、羽をもつヒアリ女王アリとオスのアリだけである。しかし、羽をもったアリが少ないことを除けば、ヒアリはハチとほとんど変わらないのだ。

他に、戦闘能力の高いアリとして日本でも有名なパラポネラも、毒針をもっていると知られている。

ウサギちゃん
パラポネラは別名サシハリアリとも呼ばれていて、刺されるとかなり痛いらしいよ。

【追加雑学②】アリは最強の昆虫?

アリは非常に小さいため、弱い生き物と考えられることも少なくない。アリとゾウは圧倒的な力の差を表す表現として使われることもある。しかし実際のアリは、非常に強い生物なのだ。

インドネシア式じゃんけんでは、アリはゾウより強いとされている。小さいが数の多いアリは、その数でゾウをも圧倒すると考えられているのだ。アリはゾウの耳の中を攻撃するが、ゾウには反撃の手段がない。

また、軍隊アリは日本でも恐ろしい昆虫として知られているが、ジャガーのような大型の猛獣ですら軍隊アリから逃げ出すのは事実である。

実際に大きな動物が軍隊アリに襲われても、殺される前に逃げてしまうことがほとんどだが、怪我をして動けない牛などが食い殺されることは珍しくないという。

ライオンくん
小さくてもアリの力はなめられないぜ…。

実は恐ろしいアリの力

人間は多くの動物を絶滅させるなど、生態系に大きな影響を与えることがあるのはいうまでもないだろう。どうやらアリが生態系に与える影響力も凄まじいらしく、人間に匹敵すると考える専門家までいる。

また、アリの繁殖力もすごい! ヒアリは殺虫剤の影響で進化を遂げ、繁殖力が増してしまい、逆に数が増えてしまった。

このように、アリは生命力も非常に強い…。人間に過剰に恐れられているゴキブリよりも、アリの方がはるかに恐ろしいといえるのではないだろうか。

人間がいなくなった後、ゴキブリが地球を支配するという話もあるが、アリが支配者になることも十分に考えられるだろう…。

ウサギちゃん
ゴキブリに支配されるのもアリに支配されるのも、ボクはイヤだよ…。

雑学まとめ

シロアリ以外のアリハチの仲間という雑学についてご紹介した。日本のアリは一見、ハチに似ているように思えない。しかし、調べてみると、実際のアリはハチに非常に似ていた。

女王を頂点にメスを中心にした社会など、アリとハチを比べれば同種の昆虫でも全くおかしくないことがわかる。

日本の現状ではアリが人間を死に至らせることは少なく、ハチの方が危険だとは思う。しかし、アリがハチ以上の驚異になる可能性も否定できない。

ライオンくん
ハチだけじゃなくってアリまで強い毒をもったら大変だぞ…。
ウサギちゃん
そうだよね。日本でもアリは身近な虫だから、もしかしたら大騒動になってしまうかもね…。

おすすめ記事

女王蜂がいなくなるとどうなる?という雑学
女王蜂が死ぬとどうなる!?蜂の巣が存亡の危機に陥ります【動画】

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー