エンタメ

似てるけど違う!妖怪・幽霊・おばけの違いって?

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

妖怪と幽霊、おばけの違いに関する雑学

ホラーなどで出てくるキャラクターに、妖怪や幽霊、おばけといった存在がいる。だがこの3つの存在、何となく似ていて、どんな差があるのかいまいち分からないってことはないだろうか?

私の場合は、「おばけと幽霊は一緒なんじゃないか…?」「いや、でも妖怪もおばけにカテゴライズできそうな気がする…」といったぐあいで、3つの違いをあまり分かっていない。

しかし、これから紹介する雑学を知っていれば、妖怪・幽霊・おばけの違いを理解することができる。一緒に3つの差を見ていこう。

【サブカル雑学】妖怪と幽霊、おばけの違い

ゆい
妖怪は「人ではないもの」、幽霊は「亡くなった人間の魂」、おばけは「変化した者」や「妖怪や幽霊の総称」…という違いがあるらしいわ。
ひかり
そ、そうなんだ…。あたし、妖怪は大丈夫なんだけど、幽霊とおばけはダメなんだよね…。

【雑学解説】妖怪=人外、幽霊=元人間、おばけ=変化した者

妖怪=人外、幽霊=元人間、おばけ=変化した者というトリビア

1つずつ解説していこう。

まずは「妖怪」だ。妖怪は、簡単に言えば「人ではないもの」…つまり、人外のものを指す。漢字に「あやしい」という字が使われいてるように、「人間が理解できない得体のしれないもの」というのが妖怪だ。

猫又や唐傘おばけというように、動物や物が妖怪に変化することもある。妖怪の中には座敷童や一つ目小僧など人型の者もいるが、幽霊と違って妖怪は「生き物」であることも特徴の1つだ。

妖怪は夕方暗くなっていく黄昏時(たそがれどき)に、特定の場所で出現することが多い。たとえば河童は川に現れ、天狗なら山に現れるといったぐあいだ。他にも、古い屋敷や海、道に現れる妖怪もいる。

おすすめ記事

日本三大悪妖怪とは?に関する雑学
日本三大"悪妖怪"とは?鬼・天狗・河童よりヤバいやつらの伝承!

続きを見る

さて、次は「幽霊」について解説しよう。幽霊というのは、亡くなった人の魂のことを指す。つまり、「元・人間で死んだ存在である」ということだ。

ひかり
そう…だから幽霊は怖いんだよ…。この世で一番恐ろしいものは、結局人間なんだから!
ゆい
…ひかりちゃん、いったい過去になにがあったの…?

仏教などで、人間は死ぬと成仏して死後の世界に行くという考えがある。しかし、幽霊は何らかの未練や恨みなどがあって、現実の世界をさまよっているのだ。幽霊は「丑三つ時」と言われる真夜中に、因縁のある人物や場所に現れることが多い。

おすすめ記事

日本には三大幽霊がいるという雑学
日本三大幽霊の怪談、知ってる?お岩さん/お菊さん/お露さん。

続きを見る

最後は「おばけ」。「妖怪や幽霊の総称」としての意味もあるが、もう1つおばけ固有の意味をつけるとしたら、「本来の姿から大きく変化したもの」というものになる。

化け猫や化け狐などのように動物が何かに化けたり、「もったいないおばけ」のように粗末にされた物が化けたりすると「おばけ」になる。

雑学まとめ

似てるけど違う!妖怪・幽霊・おばけの違いって?についての雑学まとめ

それではまとめで、簡単におさらいしよう。

  • 妖怪:得体のしれない人外。黄昏時、決まった場所に現れる。
  • 幽霊:亡くなった人の魂。真夜中、因縁のある人のところや場所に現れる。
  • おばけ:本来の姿から大きく変化したもの。「妖怪」「幽霊」の総称でもある。

似たような3つの存在だが、こうして見ると、それぞれに違いがあることが分かる。

ホラーものを見た際に、得体のしれない何かが現れたとき、今回の雑学を知っていれば何となくでも「あ、これは○○だな」というふうに見ることができるだろう。

ゆい
今回の記事のおかげで、ひかりちゃんの怖がりも少しは緩和され…
ひかり
るわけないでしょ!?むしろ恐怖増したわっ!!

おすすめ記事

地域によってご当地トイレの花子さんがいるという雑学
"トイレの花子さん"には地域でバリエーションがある!家族もいます。

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー