米・パン

カリフォルニアロールはどうやって生まれた?世界最長はどのくらい?【動画】

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

「カルフォルニアロール」はアメリカ生まれのお寿司という雑学

日本人ならやはり寿司! 寿司が食べられるとなれば目の色を変える人も多いだろう。

とはいえ本格的な寿司店のものはなかなか食べられない。手軽に寿司を食べられる回転寿司は、大人から子どもまでみんなのオアシスだ。

最近定番になりつつあるが、回転寿司の変わり種は見ていて飽きない。そんな変わり種の中でも、特に女性と子どもに大人気なのが「カリフォルニアロール」である。

見た目といい、カラフルな具といい、伝統的な握り寿司とは一線を画すカリフォルニアロール。その名前や誕生の由来には、実は日本人の知恵と工夫が詰まっているのだ。

今回はそんなカルフォルニアロールについての雑学を紹介していこう!

【食べ物雑学】カリフォルニアロールはどうやって生まれた?

ぷよぷよくん
カリフォルニアロールって、アメリカのカリフォルニアで生まれたお寿司なんだよね?やっぱり現地のアメリカ人が作ったのかなぁ?
ガリガリさん
アメリカ人じゃなくて、カリフォルニアの日本人寿司職人が考案したんだぜ。

【雑学解説】カリフォルニアロールが寿司を広めた

外国人にも寿司を食べてもらおうという優しさと工夫からうまれた。というトリビア

リトル東京地区

今でこそ世界中で日本食が食べられるが、1900年台初頭は寿司をはじめとした魚の生食文化は海外で馴染みのないものだった。

1963年、ロサンゼルスにあるリトル東京で開店した日本料理店「東京会館」では、お客の外国人が寿司をなかなか食べてくれずに苦労していた。

「生の魚を食べるのも抵抗があるのに、それを米と一緒に食べるなんて! おまけに真っ黒の得体のしれない物(海苔)は気味が悪い…。」

ぷよぷよくん
あんなに食欲をそそられる見た目のお寿司なのに…外国人はボクたちとは違う感覚をもってるんだねぇ。

これを耳にした東京会館オーナーの小高大吉郎は、スシ・バーで寿司を握っていた職人の真下一郎に相談をする。そして外国人になんとか寿司を食べてもらおうと新メニューを試行錯誤した結果が、「カリフォルニアロール」となった。

考案当時の具は、アメリカでも馴染み深い茹でたタラバガニの脚身マヨネーズで和え、アボカドと一緒に巻いたもの。海苔の見た目にとらわれず風味はしっかり味わってもらおうと、海苔をご飯の内側に入れて丁寧に裏巻きにした。

これが外国人にも大ヒット! 具にもさまざまなアレンジが登場。1980年台には日本に逆輸入されることになった。

ガリガリさん
外国人の舌に合うカリフォルニアロールが考案されたからこそ、今では世界中で日本の寿司が受け入れられてるのかもしれないな。

【追加雑学①】スパイダーロールやフィラデルフィアロールとは?

スパイダーロールやフィラデルフィアロールに進化した。というトリビア

カリフォルニアロールは見た目がケーキのようでかわいいこと、アボカドが日本でもブームになったことなどから女性を中心に大ヒットし、さまざまなアレンジが加えられた。

メインの具を揚げ物にチェンジし、アボカドの他にレタス・大根・キュウリなどを巻いたサラダ巻き風の「スパイダーロール」

今では日本でも定番のサーモンを中心にし、アボカド・クリームチーズ・タマネギなどを巻き込んだ「フィラデルフィアロール」

さらに最近では、ツナ缶・玉子焼き・かんぴょう・かまぼこなど生魚以外の食材を巻き、スイートチリソースやマヨネーズをつけて食べる「ハワイロール」も登場! 世界中でさまざまな進化を遂げている。

ぷよぷよくん
どのロールも美味しそうだなぁ…食べたい、食べてみたいよ…じゅるり…

スポンサーリンク

【追加雑学②】世界最長のカリフォルニアロール

超長いカリフォルニアロールを作ろう! という、なんともビッグな挑戦をした大学がある。それがカリフォルニア大学のバークレー校だ。

そこには日本研究センターが併設されていて、ここがけっこう凄い。日本に関する書籍の蔵書数が全米第2位というのも凄いが、村上春樹・宮崎駿・緒方貞子・稲森和夫といった層々たるメンバーを招待しまくって講演会を行っている。

この日本研究センターでは、設立50周年を記念して、2009年11月9日に盛大な日本食祭りを開催。そこで行われたのが、世界最長のカリフォルニアロール作りだ。

使用された魚は80kgを超え、米約90kg・アボカドとキュウリが各36kgずつと破格のサイズ! 長さは330フィートとのことで、えぇっと、100mを超えているってことだよね…?

ぷよぷよくん
それだけの量のカリフォルニアロールが食べられたら、ボク死んでもいいよ!
ガリガリさん
いや…そもそもそんだけの量食ったら死ぬぞ。
超楽しそう!世界最長ロールを巻いた時の動画

英語がわからない筆者だが、楽しそうな様子は伝わってくる。カリフォルニアロールおそろいTシャツがかわいいぞ!

ぷよぷよくん
みんなで巨大カリフォルニアロール作るのって楽しそうだねぇ。

カリフォルニアロールの雑学まとめ

カリフォルニアロールについての雑学を紹介してきた。

カリフォルニアロールはアメリカ人が考えたのかと思っていたけれど、考案者が日本人だというのは意外だった。今でこそ「sushi」は世界的に食べられているが、進出当初のアメリカでは生魚が受け入れられず苦労したのだろう。

筆者が特に感動したのは、「気味が悪い」と嫌がられた海苔を使わないのではなく、抵抗なく食べられる方向で考案した寿司職人の心意気だ。

巻き寿司は海苔の風味があってこそ。「この美味しさをぜひ味わってもらいたい」と外国人のためを思って作られたのだ。

カリフォルニアロールには思いやりと工夫が一緒に巻き込まれているのかもしれない。

ぷよぷよくん
カリフォルニアロールはアメリカ生まれのお寿司だけど、日本人らしい思いやりの精神が宿ってたんだね。
ガリガリさん
そうだな。これからは、そういう寿司職人の思いも一緒に噛みしめて食べたいぜ。

おすすめ記事

実は、お寿司は日本生まれの料理ではないという雑学
起源は東南アジア!お寿司は日本で生まれた料理ではない

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー