虫と昆虫の雑学一覧

世界一大きなチョウはアレクサンドラトリバネアゲハという雑学

虫・昆虫

2020/7/2

世界一大きなチョウ"アレクサンドラトリバネアゲハ"とは?【動画】

ひらひらと優雅に飛んでいるチョウチョを外で見ると、つい和んでしまう。世界にもたくさん種類がいるチョウだが、なにも小さくて可愛らしいものばかりではない。 日本で見られるものは、比較的小さめのチョウが多いのだ。しかし、南太平洋のパプアニューギニアという国に、正直引いてしまうくらい大きいチョウが生息していることはご存知だろうか? 今回は、世界一大きいと評されるそのチョウの雑学を紹介しよう! 【動物雑学】世界一大きなチョウ「アレクサンドラトリバネアゲハ」とは? ウサギちゃん 現在世界で一番大きな種類のチョウは『ア ...

女王蜂がいなくなるとどうなる?という雑学

盛り上がる 虫・昆虫

2020/8/30

女王蜂が死ぬとどうなる!?蜂の巣が存亡の危機に陥ります【動画】

ピンクのシールが貼られているのが女王蜂 女王蜂はその巣を構成するすべての蜂を生む、組織の核となる蜂だ。彼女はひとつの巣に1匹しか存在しない。 もし、女王蜂が巣からいなくなるとどうなるのだろうか? 核を断たれた巣は、壊滅の道を辿るしかないのか…? 実は女王蜂がいなくなると、今度は巣に残ったほかの蜂たちが卵を産むようになる。 なんだ、なら安心じゃないか。…と、思うところだが、これがそうともいえない。新しく子どもが生まれて来たとしても、一度女王蜂を失った巣が壊滅に向かっていくことはほぼ避けられないのだ。 今回は ...

アメンボは水の上をどうやって移動してる?という雑学

虫・昆虫

2020/6/29

アメンボは水の上をどうやって移動してる?多機能な足がスゴい【動画】

先日、近所を散歩していると、畑の用水路でアメンボがスーッと水辺を移動していた。まるで忍者のように水面を浮けるとは、なんともうらやましい生物である。 田舎育ちの筆者は何の疑問も抱いたことはなかったが、よく考えたらアメンボはどうして水の上に浮けるのだろうか。それも単に浮くだけではなく、歩いて移動までする(歩くという表現が正しいかどうかはわからないが)。 気になったので、さっそく調べてみた! 【動物雑学】アメンボは水の上をどうやって移動してる? ライオンくん アメンボって水の上を器用に移動してるけど、どういう仕 ...

オニグモが毎晩クモの巣を張り替える理由に関する雑学

虫・昆虫

2020/9/6

オニグモが毎晩クモの巣を張り替える理由とは?【動画】

オニグモ クモといえば、糸で作った巣を張り巡らせ、獲物を狙う肉食ハンター。 家の中でも、放っておくといつの間にかクモの巣が…なんてこともしばしばだ。害虫を食べてくれるクモは益虫とされることも多いが、クモの巣をそのままにしておくのはキレイな家とはいえないだろう…。 でも、そんな人間の都合に応えるように、毎日巣をたたむクモがいるのだ。今回は、そんなクモの雑学をお届けしよう! 【動物雑学】オニグモが毎晩クモの巣を張り替える理由とは? ウサギちゃん オニグモは毎晩巣を作り、毎朝その巣をたたんでしまうんだ。 ライオ ...

日本のホタルのうち光る種は5分の1しかいない?に関する雑学

虫・昆虫

2020/6/29

1/5だけ…?日本のホタルは光らない種類のほうが多い【動画】

日本の夏の風物詩といえば夜に光るホタルである。 「物思へば沢のホタルも我が身よりあくがれいづる魂(たま)かとぞみる」…『後拾遺和歌集』に載っている和泉式部の歌だ。恋に焦がれる魂をホタルの光に見立てている。 1000年も昔の和歌にもたびたび登場するホタル。ちらちらと儚げに光りながら漂うホタルは、はるか昔から雅で風流な虫として日本人の心をがっちりつかんできたのだ。まさにひとつの文化だといえるだろう。 「ホタルの光」に「火垂るの墓」。文学だけでなく歌にアニメにと、多くの人々に親しまれて愛されてきたホタル。ホタル ...

網をはらないクモがいる?に関する雑学

虫・昆虫

2020/6/29

"クモの巣"を作るのは少数派!網を張らないクモはけっこういる。

クモといえば糸を吐く虫というイメージがあるだろう。 スパイダーマンは糸をワイヤーのように使い、空を飛びながら移動するが、本物のクモは糸を出して風を利用することで空を飛ぶことができる。また、クモは糸を使って網をはることで獲物を捕らえている。しかし、全てのクモが糸で網をはって捕らえているわけではないらしい!? 網をはらないクモがいるという雑学をご紹介しよう。 【動物雑学】網をはらないクモがいる ウサギちゃん 網をはらないで獲物を捕らえるクモも案外多いんだよ。 ライオンくん え?!クモっていったらあの網も特徴の ...

蚊を仕留めるコツに関する雑学

虫・昆虫

2020/6/29

蚊vs人類。蚊の習性を利用して仕留める方法を伝授する!

蚊…それは人類の天敵といっても過言ではない存在。地球上の生物の中で最も人類を殺しているのは蚊だ。 もはやこれは蚊と人類との戦争である。我々は勝たねばならない! なんとしても…これは蚊が嫌いだからとか、痒くなるのが嫌だからとかそんな理由ではない。 雑学を知って、効率的に蚊を仕留めよう。 【動物雑学】蚊を仕留めるコツは? ライオンくん あんな小さい相手を仕留めるのは難しそうだけど…。 ウサギちゃん 蚊の習性を理解することで仕留められる可能性は上がるんだ。ほかにも、扇風機などで対策をとることもできるんだよ。 【 ...

ミツバチが蜜を運ぶ方法に関する雑学

虫・昆虫

2020/6/29

蜜専用の胃がある…!ミツバチが蜜を運ぶ方法とは?【動画あり】

ミツバチは花の蜜を集めて、自分の巣に運ぶ。しかし、ミツバチは蜜を運ぶための容器をもっているはずもない。一体どうやって、液状の蜜を集めて運んでいるのだろうか? 実はミツバチの体は、蜜を運ぶために驚くような構造をしている。 ミツバチの蜂蜜作りは、非常に効率的で無駄がない。蜜を運ぶ段階から蜂蜜作りが始まっていることにも驚かされる。 今回の雑学では、ミツバチが蜜を運ぶ方法や、蜂蜜を作る方法についてご紹介しよう。 【動物雑学】ミツバチが蜜を運ぶ方法とは? ライオンくん そういえば、どうやってミツバチは液体の蜜を運ん ...

フンコロガシは、なぜフンをころがすのかという雑学

虫・昆虫

2020/6/29

独り占め…。フンコロガシがフンを転がすのはなぜ?【動画】

自分の体よりも大きなフンを、コロコロと転がすフンコロガシ。テレビでフンコロガシが紹介されると、必死にフンを転がす姿に感心して見ていたが… そもそもフンコロガシは、なんのためにフンを転がしているのか…そして、そのフンをどこへ持って行こうとしているのか? このような疑問をもったことはないだろうか。このように突っ込みどころが多いフンコロガシ…。 というわけで今回の雑学では、フンコロガシがコロコロと頑張っている理由について調べてみたぞ! 【動物雑学】フンコロガシは、なぜフンを転がすのか ライオンくん フンコロガシ ...

クモは羽がなくても空を飛ぶことができるという雑学

虫・昆虫

2020/6/29

クモは糸を使って空を飛べる。長距離の移動も可能!

空を飛べる動物といえば、鳥や昆虫を頭に浮かべる人がほとんどだろう。空を飛ぶ生き物はコウモリもいるが、基本的に羽や翼をもたない生物は空を飛ぶことができないと考えられている。 しかし、羽ももたないのに、数百キロもの距離を空を飛んで移動する生物が存在する。それはなんとクモである。 クモは一体どうやって空を飛ぶのだろうか? クモは空を飛べるという雑学をご紹介しよう。 【動物雑学】クモは羽がなくても空を飛ぶことができる ライオンくん クモが空を飛べるだって?!糸でも使うのか? ウサギちゃん ライオンくん、その通りだ ...

© 2021 雑学カンパニー