体の仕組みに関する雑学

人間の寿命は125歳が限界という雑学

体の仕組み

2020/6/29

寿命はどこまで伸びる?人間は最高125歳までしか生きられない?

人生100年時代といわれはじめた昨今。あなたは何歳まで生きたいと思うだろうか? 80歳くらい? はたまた100歳? なんならいけるところまで? もちろん、充実した人生を送ることが大事なのはいうまでもないとして、そもそも人間はどこまで長生きすることができるのだろう? 今回は気になる人間の寿命についての雑学に迫る! 【人体雑学】人間の寿命は125歳が限界?  科学者くん ダヴィンチさん、人って何歳まで生きられるんですか? ダヴィンチさん うーん…そうだな…人間の寿命の上限は125歳といわれているよ。 【雑学解 ...

昔は熱中症ではなく熱射病・日射病と言われていたという雑学

体の仕組み

2020/6/29

熱中症・熱射病・日射病の違いとは?原因と対策を解説!

暑くなると、毎年熱中症に関するニュースが流れる。実際、街中を歩いていても救急車で運ばれていく人々に遭遇することがある。 ところで、今では「熱中症」という言葉が主流であるが、昔は「熱射病」や「日射病」という言葉をよく耳にしなかったであろうか? 実は、これら3つの単語にはそれぞれ違いがあるのだ。 今回は、熱射病・日射病・熱中症についての雑学を紹介していくぞ! 【人体雑学】熱中症・熱射病・日射病の違いとは? ダヴィンチさん 科学者くん、熱中症・熱射病・日射病の違いが分かるかい? 科学者くん う~…分かりません… ...

人間の生存限界体温は42度という雑学

体の仕組み

2020/9/4

ここが限界。人間が生存できる限界体温はなぜ42度?

皆さん、平熱はどれくらいだろうか。おそらく36~37度の範囲に収まるのではないだろうか。そして、38度を超えたあたりになると熱があると判断して、会社を休もうかなと思うことだろう。 インフルエンザなどの場合は、39度や下手すると40度を超える場合もあり、そうなってしまうととてもつらく「自分、このまま死ぬかもしれない」と思った方も少なくないのではなかろうか。 しかし、人間の生存限界体温は42度らしい。今回はこの人間の生存限界体温について調べてみた。雑学として紹介していくので、最後までご覧いただきたい。 【人体 ...

人間の身体の65%は水でできているという雑学

体の仕組み

2020/9/8

超大事!人間の65%は水。その役割と必要な水分量は?

人間は食べ物がなくても、水さえあれば1か月ちかくは生きることができるといわれている。しかし、水がまったく飲めない状態になると、4日ほどで命を落としてしまうのだ。それほど、水は大事なのである。 今回の雑学では、人間の体内の水分についてご紹介しよう。 【人体雑学】人間の身体の65%は水でできている ダヴィンチさん 私たち人間の身体は、成人で体重の65%が水分でできているんだよ。 科学者くん ええっと、体重60kgの成人だったら、約40リットルの水分を抱えているということなりますね! 【雑学解説】水の主な役割 ...

胃が胃液で溶けない理由に関する雑学

体の仕組み

2020/6/29

強烈な酸なのに…胃が胃液で溶けない理由とは?

口に入れた食べ物は食道を通り、胃で消化されていることはご存知の方も多かろう。胃は、胃酸を出して食べ物を溶かしているわけだ。 胃酸にかかれば、どんな食べ物でも溶かしてしまう。とても強烈な酸であることが想像できるが、それほどまで強力な酸ならば、胃自体も溶けてしまうのではないか?  今回の雑学記事では、そんな素朴な疑問に答えてみた! ぜひ最後までご覧いただきたい。 【人体雑学】胃が胃液で溶けない理由とは? 科学者くん ダヴィンチさん、胃酸ってとっても強い酸なんですよね?じゃあどうして胃が溶けちゃったりしないんで ...

女性の陰毛専用のカツラが存在するという雑学

体の仕組み

2020/9/30

実は笑えない事情が…!女性の陰毛専用のカツラが存在する

陰毛専用のカツラ。まずその存在を聞かされた時、私が一番に思ったのが「いつ使うの?」だ。 「低俗なパーティーグッズなのかな?」「アフロとか金髪とかあんのかな?」などと、知能指数の低い発想しか出てこなかった自分を、今はひっぱたいてやりたい。 調べ進めるにつれ、そこには繊細な事情があることがわかった…。 【人体雑学】女性の陰毛専用のカツラが存在する ダヴィンチさん 今回の雑学は、科学者くんに話していいのか分からないけど…陰毛専用のカツラというものがあるんだ…。 科学者くん え?!どうしてそんなものがあるんですか ...

ひじ・ひざ・かかとがガサガサになる理由に関する雑学

体の仕組み

2020/6/29

角質・保湿ケアは入念に!ひじ/ひざ/かかとがガサガサになる理由とは?

ひじ・ひざ・かかとはちょっと気を抜くとすぐにガサガサ。見えないところだし別にいいか! なんて気を抜いていたら、すぐにサンダルをはく季節になってしまい「ケアがまにあわなーい!」と大慌てなんてことも。 かかとやひじがガサガサしているのを見てしまった世の男性たちからは、「母親みたい…」「萎える…」「せっかくきれいな足なのにもったいない…」なんていう厳しい声が…。 これはまずい、まずいぞ! 今回の雑学記事を読んでひじ・ひざ・かかとがガサガサになる原因を知って、対策をとろう! 【人体雑学】ひじ・ひざ・かかとがガサガ ...

人間は五感のほかに、温度感覚・痛覚・平衡感覚などの感覚があるという雑学

体の仕組み

2020/6/29

五感だけじゃない!人間には20種類以上の感覚がある【温度感覚/痛覚/平衡感覚】

人間の基本的な感覚といえば、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚の五感である。このすべてが正常に機能していることが、日常の活動を支障なく行ない、生活を楽しむためにも不可欠だ。 ある説では人間には「第六感」と呼ばれる、五感を超えた感覚もあるとされている。目に見えない何かを察知する能力や、霊感のような、理屈では説明できない感覚があるというのだ。 …とここまでいっておいてなんだが、今回はそんな「シックスセンス」の話ではない。そもそも人間には、五感・六感どころか、もっとたくさんの感覚があることがわかっている。 この雑学記 ...

尿検査の尿は朝起きてすぐの理由に関する雑学

体の仕組み

2020/6/29

スゴいぞ尿!尿検査をあさイチのおしっこで行う理由とは?

検診時期が近づくと少し憂うつな気分になるのが、家で忘れずに採らないと怒られるアレ、尿検査だ。朝起きてすぐ尿をコップに採るって、なんか面倒だ。 尿は身体の中の要らなくなった物が出ているだけでしょ? そんなもの検査して何がわかるんだ? そう思ったことがある人も多いだろう。 今回は、そんな不当な扱いばっかりされている尿検査の雑学だ。尿検査の尿が朝起きてすぐの理由を、雑学としてご紹介するよ! 【人体雑学】尿検査の尿は朝起きてすぐのものである理由とは? ダヴィンチさん 尿検査を朝一番の濃い尿で検査するのは、体の状態 ...

© 2020 雑学カンパニー