肉・魚の雑学一覧

「竜田揚げ」の名前の由来に関する雑学

肉・魚

2020/7/23

竜田揚げの由来は川!唐揚げとどう違うか説明できる…?

スーパーの総菜コーナーなんかでよく見かける「鶏の竜田揚げ」。マクドナルドに行っても「チキンタツタ」なんてメニューがあったりして、割とみんななじみ深い料理なのではないか。 しかしこの竜田揚げ…、なんで竜田揚げっていうの? 唐揚げと同じじゃないの? など、疑問を感じ始めると、気になることがたくさん出てくる。竜田ってどっかの地名なのか? その割にご当地料理という感じでもないけど…。 ということで、今回はそんなとっても気になる竜田揚げの雑学に迫るぞ! 【食べ物雑学】「竜田揚げ」の名前の由来 ガリガリさん 竜田揚げ ...

夏バテにはうなぎがいい?に関する雑学

肉・魚

2021/4/27

"夏バテにはウナギがいい"はウソ!ウナギの栄養効果とは?

思えば、鰻屋に踊らされるまま、土用の丑の日にはウナギを食べる人生だった。 「夏バテにはウナギがいい! ウナギを食べて夏バテを吹き飛ばそう!」。普段は高価で買えないがこの季節だけは特別・・・と。よく考えてみると夏バテに効くとはいうが、果たしてその根拠はなんだ? 本当に夏バテに効くのか !? 今回は、夏バテとウナギをテーマにした雑学を紹介したい。 【食べ物雑学】「夏バテにはウナギがいい」はウソ! ぷよぷよくん ムシャムシャ…やっぱり夏バテにはウナギだよねぇ。食べると元気になるよ! ガリガリさん 『夏バテにウナ ...

トロ、中トロ、大トロの違いは?に関する雑学

肉・魚

2020/6/29

トロ/中トロ/大トロの違いってわかる?実は栄養価も高いぞッ!【寿司】

日本食として、国内のみならず世界中から注目されている寿司。その寿司の中でも、知名度が高く、赤い鮮やかな色の人気ネタがマグロだ。 見るだけでヨダレが出てきそうな美味しいマグロは、寿司屋に行くと中トロや大トロなど、違う名称となっている。 トロ・中トロ・大トロはどう違うのか、気になる人も多いだろう。今回の雑学記事では、その違いを説明していこう! 【食べ物雑学】トロ・中トロ・大トロの違いは? ぷよぷよくん マグロのトロって脂がのってて美味しいよね…でも、お寿司の『中トロ』と『大トロ』の違いって何だろう? ガリガリ ...

A5ランクの牛肉が美味しいとは限らないという雑学

肉・魚

2020/7/6

A5ランクの牛肉=美味しいとは限らない…!最高級じゃない?【和牛】

お祝い事やご褒美に登場する肉といえば、なんといっても牛肉! 高級な肉の代名詞だが、思いうかべるのは霜降り肉ではないだろうか。 焼肉屋でよく目にする霜降り肉には「A5ランク」と書かれている。特に深く考えず、牛肉の最高ランクだと思っている人も多いだろう。たしかに最高ランクではあるのだが、その意味を知っているだろうか? 実は牛肉は、最高のA5ランクだからといって味が最高だとは限らないのである。まるでA5神話のようにありがたがっていたが、まさかの事実にビックリだ…! 今回はそんな、牛肉にまつわる驚きの雑学を紹介し ...

沖縄のコンビニおでんには豚足やスペアリブが入っているという雑学

肉・魚

2020/7/30

豚足とスペアリブ…?沖縄の"コンビニおでん"が超ウマそう…

沖縄ファミマのおでんCM 私は寒い時期に熱々のおでんを食べるのが幸せだ。一番好きな具が何かで論争になったりするが、味のしみた大根も卵も、すべての具が欠かせない。 今でこそおでんはコンビニで気軽に食べれるようになり、定番商品になっているが、実は地域差の激しい料理だったりする。その土地特産の具が入っていたり、ダシが違ったりして面白い。中でも個性が際立っているのは、沖縄のおでんだろう。 沖縄おでんは本土とだいぶ様子が違うのだが、特に沖縄のコンビニおでんはかなり独特だ。本土風のおでんが進出した結果、現地のおでんと ...

中国の餃子にはニンニクが入っていないという雑学

肉・魚

2020/7/5

中国では餃子にニンニクを入れない。日本の餃子と全然違う!

今回の雑学テーマは、餃子について。 餃子といえばニンニクが入った食べ物の代表格だろう。タクシーの運転手がニンニクの臭いがする乗客に「お客さん、餃子食べましたね」というコマーシャルがあったぐらいだ。 また餃子は中国から来た食べ物であり、そこから「中国人はニンニクを食べる」というイメージをもっている人も多いだろう。 しかしなんと、中国の餃子にはニンニクが入っていないという! これは日本人の味覚からすれば、なんだか物足りないように感じてしまうが…。真相に迫ってみるとそこには、日本で独自に発展した餃子文化を垣間見 ...

魚介類と魚貝類は意味が違うという雑学

肉・魚

2020/6/29

"魚介類"と"魚貝類"の意味はどう違う?それぞれの意味とは?

イタリアンのお店にいくとメニューに「魚介類のスープ」という料理があることも多い。料理自体はとても美味しいのだが、ふと気になったのは「魚介類」という言葉。 「魚介類」のほかにも「魚貝類」と書く場合もあるが、この2つの言葉。いったい何が違うのだろうか? 違いがあるなら知っておかないと、今後誤って使用する場合がある。というわけで今回は、「魚介類」と「魚貝類」の違いについての雑学だ! 【食べ物雑学】「魚介類」と「魚貝類」はどう違う? ぷよぷよくん 『魚介類』と『魚貝類』って読み方も一緒だけど…違いなんてあるの? ...

そのまま食べるより栄養価が高い!サバ缶の秘密に関する雑学

肉・魚

2020/8/13

サバ缶vs生のサバ。栄養価が圧倒的に高いのはどっち?

テレビでサバ缶が話題になって、一時期スーパーの棚から消えたことがあった。もともとサバ缶好きの筆者はションボリしたのだが、最近ようやくサバ缶が店頭に戻ってきた。それも、いろいろなメーカーの種類が取りそろえられるようになって嬉しい。 そもそもサバ缶はどうしてこんなに話題になったのか? 今さら人に聞けないサバ缶の凄いポイントを、今回の雑学では改めて整理してみた。 知れば知るほどサバ缶は凄い! これは店頭から消えるわけである。 【食べ物雑学】そのまま食べるより栄養価が高い!サバ缶の秘密 ぷよぷよくん サバ缶ってお ...

「ビフテキ」は「ビフテック」の略だが「ビフテック」の語源は「ビーフステーキ」という雑学

肉・魚

2020/6/29

ビフテキの語源は"ビーフステーキ"ではない!?ステーキとトンテキの語源についてもご紹介!

肉…肉喰いてぇ…! 血が滴るような肉に喰らいつきたい!! 無性にそんな衝動に駆られることはないだろうか? そんなときのチョイスは、焼き肉よりも塊肉。そう、ステーキ一択であろう。もちろんビフテキである。 「え? ビフテキって、死語なんじゃないの?」…そんな声が聞こえてきそうだ。たしかに、日常会話で「ビフテキ」なんてフレーズを最近聞いたことがない。しかし、このレトロ感あふれる言い回し、個人的には嫌いじゃない。 ところで、このビフテキという単語、「ビーフステーキ」の省略形だと思われている方はけっこういるのではな ...

肉・魚

2020/7/29

ホタテ貝には"目"が80個もある。食べづらくなる…?

刺身・炒め物・バター醤油焼き・炊き込みご飯…その食べ方もさまざまな高級食材、「ホタテ貝」。 特に肉厚な貝柱は子どもから老人まで愛されているアイドル食材である。 でも、通ならやっぱりホタテのヒモ! 刺身の食感も捨てがたいし、噛めば噛むほど旨みがにじみ出てくる干物もいい。酒好きはだいたいヒモが好きだ。 でも、そんなヒモの秘密を知ってしまうと、ちょっと…いや、だいぶ食べにくくなってしまうかも。 それでも知りたい人は、いざ行かん! 今回はホタテのヒモについている「大量のアレ」の雑学である! 【食べ物雑学】ホタテ貝 ...

© 2021 雑学カンパニー