笑える 芸術・文学

太宰治は芥川賞が欲しすぎて超長文の手紙を書いた。その長さ4m。

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

芥川賞がめちゃめちゃ欲しかった太宰治

太宰治

「走れメロス」「葉桜と魔笛」「人間失格」など、数多くの有名な作品を執筆した太宰治。その人生は波乱に満ちていることでも有名である。

情緒不安定で、確認されているだけでも4度、自殺や心中を図っている。駆け落ちをした相手とは別の女性と心中を図り婚約者を激怒させたという話も残されており、なかなかに破天荒な人物だったと見受けられる…。

そんな太宰治が欲しくて欲しくて仕方なかったものは、現代にも残る由緒ある賞だったという。その賞を受賞したいがために太宰治は手紙を書く。その内容とは? 手紙を受け取った相手とは? 今回はそんな、太宰治の奇行についての雑学を紹介していくぞ!

【歴史雑学】太宰治は、芥川賞をもらうために懇願の手紙を書いた

秀吉くん
ほんとこの人は話題に事欠かない人っすよねえ…
信長さん
手紙の長さは巻紙4mぶんもあったそうだ。
秀吉くん
長っっっっ!!!!!

【雑学解説】太宰治のガチすぎるお願い「芥川賞を私に下さい。」

太宰治は川端康成に逆ギレした

ちょっとおちゃめな太宰さん

この長い長い手紙を受け取ることになったのは、芥川賞選考委員だった作家・佐藤春夫そのひとだ。なぜ太宰治は佐藤春夫にこのような手紙を送ったのか。選考委員だったという理由の他に、太宰治の才能にいち早く気づき、激励した人物であったからといった背景もある。

しかし「懇願」というのにふさわしい内容で、なかなかに重いメッセージであったことだろう。

「第二回の芥川賞は、私に下さいまするやう、伏して懇願申しあげます」という手紙の内容はすっかり有名になってしまった。その後も、私を忘れないで下さい・私を見殺しにしないで下さいと懇願が続いた結果が4mの手紙である。

川端康成に逆ギレする太宰治

しかし、太宰治が芥川賞を受賞することはなかった。まあ当然の結果だ。懇願した手紙を送れば受賞できるなら、審査員は手紙の山の中で窒息してしまうことだろう。

第一回芥川賞にノミネートされたが、残念ながら落選した太宰治。その後はいかに懇願してもノミネートすらされなかった。

落選した際、審査委員の一人だった川端康成の発言が気に障った太宰治は「刺す。さうも思つた。大悪党だと思つた。」という文章を発表した。完全な逆ギレである。

スポンサーリンク

【追加雑学①】破天荒作家・太宰治

前述のとおり、太宰治はなかなか破天荒な人物であったことはたしかだ。女性関係や金銭面もだらしがなく、周囲は大変だっただろう。

あるとき、お金を貸した友人が、返金の催促の手紙を太宰に送った。しかし返事は、太宰の妻から届いたということがあった。

「お金を借りて本当に申し訳ない。しかし今は本人に連絡が取れない。必ず返すので暫く待ってほしい。」といった内容だった。しかし、この手紙を書いたのは、妻になりすました太宰治本人である。元祖なりすまし詐欺だ。

芥川賞を懇願した理由も、作家として認められたいのではなく、賞金を手に入れて金銭的苦しみから解放されたかったからである。

【追加雑学②】芥川賞懇願の手紙が公開された

太宰治の芥川賞懇願の手紙

太宰治の芥川賞懇願の手紙

太宰治の「芥川賞懇願手紙」は、2015年に和歌山県新宮市にある佐藤春夫記念館にて公開された。記念館の館長は、「手紙も太宰治の作品の一つだと思えてくる。」と話したという。

たしかにここまでの文豪になると、書いた文章のすべてが価値の高いひとつの作品だと感じてしまうのも無理はない。

が、私が本人だったらまじでつらい。つらすぎる。

信長さん
やっぱ終活って大事だよね…

雑学まとめ

太宰治と芥川賞の雑学

太宰治の銅像。左は、幼少期に子守をしてくれたという越野タケ

今回は、太宰治の驚きのエピソードについての雑学を紹介した。太宰治が芥川賞を懇願するという「受け取った側が精神的に暗くなるような手紙」…4メートルにわたる長くて重い内容の手紙は、できることなら受け取りたくはない。

しかし太宰治というひとりの作家に深い興味を抱くものであることに間違いはない。こういった実話を知ったうえでもう一度作品を読んでみると、また新たな発見があるかもしれない。

「走れメロス」の裏話として太宰の友人が語った話なんかを知れば、もう一度読みたくなること間違いなしである。

秀吉くん
このゲスエピソードっすね…

おすすめ記事

太宰治と走れメロスに関する雑学
走れメロスの真実。太宰治の"クズ体験"をもとにした実話だった

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー