地球

"目には目を"戦法!ダイヤモンドはダイヤモンドで加工する

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

ダイヤモンドの加工に関する雑学

人は人との出会いによって磨かれる…。人間というのは強いようで弱く、人と人とが支えあうことで生きていくことができる。

しかし、これは人間においてだけではない。高価な宝石の象徴であるダイヤモンド。実はこのダイヤモンドという鉱石はダイヤモンドで加工するのだ。

今回の雑学ではそんなリッチな鉱石であるダイヤモンドとその加工について解説する。

【自然雑学】ダイヤモンドを加工するのに別のダイヤモンドを使う

じいさん
ダイヤモンドは鉱石の中で一番硬いんじゃ!
ばあさん
知っていますよ。硬すぎて、たしかダイヤモンドの加工はダイヤモンドでしかできないんですよね。
じいさん
ばあさん…詳しいのぅ…!

【雑学解説】ダイヤモンドで加工するのは鉱物の中で一番硬いから

ダイヤモンドは天然で採れる鉱石の中で一番硬いというのはあまりにも有名だ。

「一番硬い」ということを考慮すれば、ダイヤモンドを加工するのに別のダイヤモンドを使う理由は想像に難くないだろう。

お店に売っているダイヤモンドのあの輝かしさは、人が加工して作り出している。当たり前だが、あのキラキラした状態で自然界に存在しているわけではない。

じいさん
え…!そうじゃったのか!?

一番硬い鉱石なのだからダイヤモンド以外のものはダイヤモンドより硬度が低い。つまり、ダイヤモンドを加工しようとすると逆に加工する側がそぎ落とされていく。

だから、ダイヤモンドはダイヤモンドで加工する。

…ところが!なんと、最近になってダイヤモンドより硬い物質が発見されたという。それがコチラ!

おすすめ記事

ダイヤモンドよりも硬い物質があるという雑学
地球で最も硬い物質は"ウルツァイト窒化ホウ素"。ダイヤモンドより硬い鉱物!

続きを見る

しかし、上の記事を読んでもらえればわかるように、ロンズデーライトは市場に全く供給されていない稀少な物質であるため、ダイヤモンドの加工に使うわけにはいかないだろう。

やはり、ダイヤモンドの加工にはダイヤモンドを使うしかないのだ。

目には目を、歯には歯を。ダイヤモンドにはダイヤモンドを、というわけだ。

【追加雑学①】ダイヤモンドの加工法

「ダイヤモンドで加工をする」といっても、すべての加工工程でダイヤモンドが登場するわけではない。目的によってはレーザー加工をすることもある。

加工法は大きく分けて3つ

  • ダイヤモンドで加工する方法
  • レーザー加工
  • イオンビーム加工

「ダイヤモンドで加工するなんて、さすが古き良き職人の技だ!」と興奮している方がいたら申し訳ないが、レーザーやらイオンビームやら現代技術を駆使しまくりである。

大きく削るためにはダイヤモンド加工、薄く表面を削るためにはイオンビーム加工、穴を開けたり裁断するときはレーザー加工、など目的によって加工法を変える。

ばあさん
目的によって使い分けられているんですね。

スポンサーリンク

【追加雑学②】ダイヤモンドは割れないわけではない

これだけ硬いダイヤモンドだが、硬いからといって、割れないわけではない。なので

ばあさん
ダイヤモンド、老人会に持っていきましょう。硬いなら万が一落としちゃっても大丈夫ですよね。

というわけではないので注意が必要だ。

じいさん
ばあさんや…!待つのじゃ!待つのじゃあああ!

ダイヤモンドは炭素原子から成り立っており、その原子同士の結合力が強いから硬い。しかし、この硬さは傷つきにくさといってもいい。

「割れる」のは、とても短い瞬間に強い衝撃を与えると起こる。この瞬間的な衝撃には弱いのである。

雑学まとめ

今回は「ダイヤモンドを加工するのに別のダイヤモンドを使う」そんな雑学を紹介した。

硬いものをそれよりも柔らかいもので加工することは出来ない。ダイヤモンドを別のダイヤモンドで加工する理由は物理法則に則ったとてもシンプルなものだった。

これはよく考えれば自然な発想かもしれない。美しい女性には高価な化粧品が良く似合うし、高級食材には上品な食器が似合う。

じいさん
美しいばあさんには、美しいダイヤモンドがよく似合っとる。
ばあさん
あらまぁ。じいさんたら。

一流の素材を際立出せるためにはわき役も一流である必要があるのだ。

最も硬いからといって絶対にダイヤモンドをハンマーで叩いたらいけないよ! 絶対にね。

おすすめ記事

宇宙には「BPM37093」というダイヤモンドでできた星があるという雑学
ダイヤモンドでできた星がある。値段はいくらか計算してみた

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー