スイーツ・お菓子

ガムとチョコレートを一緒に食べるとガムがなくなる理由とは?

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

ガムとチョコレートを一緒に食べるとガムがなくなる理由に関する雑学お菓子の定番と言えば、ガムやチョコレートがある。実はこの2つを同時に食べると、不思議な現象が起こるのだ。

それが「あれ? ガムが口の中から消えた!」という、ガム失踪事件である。

これには食の七不思議ともいえる、あるメカニズムが関係しているらしい。友達や気になる相手にこの雑学を披露すると、尊敬されること、きっと間違いなし!

【食べ物雑学】ガムとチョコレートを一緒に食べるとガムがなくなる理由

ぷよぷよくん
ガムとチョコレートを一緒に食べたら、ガムが消えちゃったんだ!気づかないうちに飲み込んじゃったのかなぁ…
ガリガリさん
飲み込んだワケじゃないと思うぞ。ガムはチョコレートの油で溶けてしまうんだぜ。

【雑学解説】ガムがなくなるのは「食べ合わせ」が原因

ガムがなくなるのは「食べ合わせ」が原因というトリビア

ガムを長時間噛んでいると、だんだん味がなくなってゴムのようなものが口に残る。それが「ガムベース」と呼ばれるものである。

どんなものかというと、

  • 植物性樹脂
  • 酢酸ビニル樹脂

このような原料から作られている。これに風味や味をつけたものが、一般的に食べられるガムだ。

ぷよぷよくん
植物性樹脂と酢酸ビニル樹脂…名前からして食べれそうなものじゃないけど…
ガリガリさん
もちろん安全性はしっかり試験で確認済みだぜ。

一方、チョコレートの原料はというと、

  • カカオマス
  • 砂糖
  • ココアバター
  • 粉乳

このようなものから作られている。チョコレートのとろけるような口どけは、ココアバターによるものだ。ココアバターとはカカオ豆から抽出した脂肪分で、いわゆる油のことである。

実は、ガムベースは油に溶けやすいという弱点がある。そのため、ガムを口に入れたままチョコレートを食べると、ココアバターの油で溶けてしまうのである!

ぷよぷよくん
ガムが油に弱いっていうのはなんだか意外だなぁ…
ガリガリさん
油以外にも弱いものがあるんだぜ。

おすすめ記事

チョコレートとココアの違いは?に関する雑学
チョコレートとココアの違いとは?ココアバターがカギです

続きを見る

スポンサーリンク

【追加雑学①】ガムは「熱」にも弱い

ガムは「熱」にも弱い?というトリビア

油にめっぽう弱いガムだが、もう1つ弱点がある。それが、熱に弱いということだ。

ほんとかよ! と思う人は、ぜひガムを食べながら熱々のコーヒーを飲んでみてくれ。あっという間にガムが行方不明になるはずだ。

ガリガリさん
あったかいお茶とかでも良さそうだな。オレはそんな実験しないけど。

【追加雑学②】ガムを飲み込んでも大丈夫?

飲み込んだガムは完全には消化吸収されないため、体に残ってしまう。といっても、別に飲み込んだからといって死にはしないから大丈夫。忘れたころに、ガムは便としてでてくるので、一生残ることもない。

飲み込み過ぎたら大変かもしれないが。

ガムの雑学まとめ

ガム+チョコレート=ガム消えた!ってなる理由についての雑学まとめ

ガムがなくなる雑学について解説してきたが、いかがだっただろうか?

ガムの弱点である油と熱を持つ食べ物は、他にもたくさんある。熱々の天ぷらや焼き肉、ポテトチップスなど、いろんな食べ物で試してみるのも面白いかもしれない。

自己責任でお願いするが、もし、ガムがめっちゃ溶ける! という食べ物を見つけたら、ぜひお教えていただきたい…!

ぷよぷよくん
ガムと天ぷらを一緒に食べたら、すごい速さで溶けていきそうだね。
ガリガリさん
味の組み合わせ最低だぞ…ソレ…

おすすめ記事

カーペットや服についたガムは氷で冷やすととれるという雑学
服やカーペットについたガムを剥がす方法は?氷だけで超簡単!【動画】

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー