肉食・巨大動物

カバの雑学まとめ5選!トリビア&豆知識を一覧にしました

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

カバの雑学まとめ

子どものころに読んだ絵本に出てくるカバは、のんびり屋で優しいおじさんのように描かれていることが多かった。動物園でも、カバのエリアには、微笑ましく癒したっぷりな雰囲気が漂っている。

おっとりとした顔つきや、ぽっちゃりしたお腹、短い足でのっそり歩く様子を見ると、やっぱり絵本のイメージと同じだな、と思わされる。

しかし実際のカバの習性は、イメージとはだいぶ異なるようだ。

今回はそんな、カバに関する雑学記事をまとめてみた! カバの本当の習性を知ることで、さらに親しみを感じることができるはずだ!

カバの雑学まとめ5選!トリビア&豆知識を一覧にしました

気になるカバの雑学記事をチェックしていこう!

出血か!?カバの汗が赤い? に関する雑学

出血か!?カバの汗が赤いんだけど大丈夫なの…?【動画あり】

続きを見る

カバの皮膚が分厚いことはうすうす分かっていたが、これほどまでとは驚いた!

私もカバがライオンやトラに噛まれているシーンを、映像で観たことがある。痛々しい光景に思わず目を背けてしまうが、本人はあまりダメージを感じていないということか。それなのに、皮膚の表面はデリケート? もう意味が分からない。

動物園に行くと、決まって水に浸かっているカバ。水遊びが好きだとばかり思っていたが、どうやら敏感な皮膚と赤い汗に関係がありそうだぞ! とても複雑な体の構造をもつカバに感心した。

ノロそうだけど時速40kmで走れるカバに関する雑学

カバは泳げないが陸では速いという雑学
ノロそうだけど時速40km。カバは泳げないが陸では超速く走れる【動画あり】

続きを見る

あの丸みを帯びた体型と、決して長いとはいえない足、そしてつぶらな瞳にまんまと騙され、「カバは大人しい」という勝手なイメージをもっていた。

アフリカで、最も人を殺す動物はカバなのだ。たしかに、あの巨大な体で突進され、踏みつぶされたら、人間なんてひとたまりもないだろう。

動物園のカバからは凶暴さが全く伝わってこないせいか、このトリビアは不思議で仕方がない…。

おならがひどすぎるカバに関する雑学

カバのオナラがひどすぎるという雑学
カバのおならマーキングが爆音すぎる。ウンチも撒き散らす…【動画】

続きを見る

なんとも笑えるトリビアである。カバがおならをしている動画を観て、ひとりで笑い転げてしまった! 想像以上に大きく、そして長い。しかも、一緒に糞までまき散らす。動画で観る分には微笑ましいが、周りにいた人はたまったもんじゃないだろう。

尻尾をブルンブルンと回転させて、糞を拡散! ストレスが相当溜まっているのではないかと、同情してしまうほどだ。

カバのおならが強烈過ぎて、日頃の悩みが吹っ飛んでしまったぞ。カバよありがとう~!

スポンサーリンク

カバは草食動物ではない?カバの生態に関する雑学

カバのピンクの汗は高性能な粘液という雑学
カバは草食動物ではない?カバの生態をご紹介!【動画あり】

続きを見る

カバの大人しいイメージが、どんどん崩れていくぞ。たしかに、あの巨大な体型では、植物だけでお腹は満たされないだろう。

環境下によっては肉を食べざるを得ない場合もあるということか。温和そうな見た目だけに、たまに肉を食しているだけでも驚いてしまう。

人間同様、見た目だけで判断してはいけないな…。

喧嘩上等!カバのあくびはあくびじゃなくて戦闘態勢に関する雑学

カバのあくびはあくびではないという雑学
喧嘩上等!カバのあくびは戦闘態勢なんです【動画】

続きを見る

動物園でもカバのあくびを目にすることは多々ある。大きな口をゆっくり全開にしている姿を見ると、「退屈で眠たいのだろうな」と勝手に想像していたが、逆であった。

意外な一面が多すぎるカバ。しかし子どものころ読んだ本に登場したカバは、人間が勝手にレッテルを貼っているだけ。意外に思えても、彼らは昔から何も変わっていないのだ…。

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー