由来

納得!"お盆に海へ→幽霊登場"という迷信ができた理由とは?

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

「お盆に海に入ると幽霊に連れていかれる」迷信はどうしてできた?に関する雑学

「お盆に海に行ってはいけない。幽霊に連れていかれるぞ!」

そんなことを言われたことはないだろうか? 幽霊を信じない人にとっては、「そんなの迷信だよ」と笑ってしまうことかもしれないが、実はお盆に海に行くのを避けたほうが良いのは本当のことである。

しかし、「幽霊に連れていかれる」というスピリチュアルやオカルト的な理由ではなく、ちゃんとした理由があってのことだ。

さて、どうしてお盆に海に入ってはいけないのだろうか? その雑学について解説していこう。

【生活雑学】「お盆に海に入ると幽霊に連れていかれる」迷信はどうしてできた?

孫ちゃん
「お盆に海に入ると幽霊に連れていかれる」って迷信があるって聞いたんだけど…ほんと?
おばあちゃん
お盆は事故が起きやすいからねぇ。だからそんな迷信が生まれたんだよ。

【雑学解説】事故が起きやすいから避けたほうが良い「お盆の海」

今となっては、お盆を過ぎてもまだまだ夏の一部というイメージが強いかもしれないが、昔は「お盆を過ぎれば秋はすぐそこ」と考えられていた。

つまり、お盆は季節の変わり目なのだ。そうなると、海の調子も夏とは変わってくる。お盆になるまでにはなかった事故も起きやすい。

「事故が起きやすい」ということと、「お盆には亡くなった人が帰ってくる」ということが合わさり、「お盆には幽霊が帰ってくる。海に入ったら引きずり込まれるよ」といった迷信が生まれたわけだ。

おばあちゃん
まぁお盆といったら、ご先祖様がこの世に戻ってくる時期だからねぇ。
孫ちゃん
でもそのせいでそんな迷信が生まれちゃって、ご先祖様もいい迷惑かもね~。

ちなみに、なぜ「海」なのかというと、昔は「山や海はあの世につながる入り口」という考えがあったことに由来している。そのため、余計に「お盆の海には幽霊がいる」という発想につながったのだろう。

単なるオカルトな迷信だと思いやすいが、ちゃんとした理由があるものだ。この迷信を理解するためには、どのような事故が起きるのかを知っておく必要がある。

それでは、具体的にどのような事故が起きやすくなっているのだろうか? それぞれ解説していこう。

【追加雑学①】お盆の時期はクラゲが発生しやすいから

海水浴で怖いものの1つといえば、クラゲ。どの季節にもクラゲはいるのだが、お盆の時期には危ないクラゲが出てくる。

中でも危険なのが、アンドンクラゲだ。アンドンクラゲのもつ触手に触れてしまうと、皮膚にミミズ腫れが起きてしまい、激しく痛むことも。場合によっては心臓麻痺を起こしてしまうこともあり、とても危険なクラゲとして注意されている。

そのようなクラゲには、絶対に近づきたくないものだ。信心深い人は、毒性をもつクラゲを、幽霊のようなものだと思っていたのかもしれない。

おばあちゃん
今は迷信よりも、クラゲが出るから危険っていう方が浸透してるんじゃないかねぇ。

スポンサーリンク

【追加雑学②】台風の影響で流れや波に変動が現れやすいから

お盆を過ぎたあたりから、台風がやってくる。台風が遠いところにあるからといって、安心はできない。というのも、台風の影響で、海の流れや波が変動するのだ。

台風の影響で生まれる特殊な波を、土用波(どようなみ)という。遠くで発生している台風によってうねりが発生する。それが海水浴場に近づくにつれ、大きな波となるのだ。

そうなってしまうと、とても泳ぐ状況にはなれない。へたをすると波にさらわれるという事故につながる。

このほかにも、離岸流(りがんりゅう)という水の流れによって、膝ぐらいの高さでも引っ張られてしまうことがある。

孫ちゃん
あ、離岸流知ってる!前に海行ったとき、「離岸流による事故が発生しています」って注意書き見たことあるよ。

このような特殊な水の流れから、「海にさらわれる…!」といった具合に幽霊のしわざとして、迷信となったのだろう。

【追加雑学③】海水温度が下がることで足がつりやすくなるから

最初の方でも少し話したが、お盆は夏から秋への変わり目だ。となると、海水温度も下がる。

思ったよりも冷たい海水に体が驚き、足がつってしまうといったことがお盆の海では起きやすい。場合によっては海水の温度が原因で、心臓麻痺を起こしてしまうこともある。

「お盆はまだ夏の真っ最中」というイメージをもちがちだが、自然の中ではもう秋の動きになっている。こういった自然の変動は、知っておきたいものだ。

おばあちゃん
最近は夏の暑さが尋常じゃないからお盆過ぎても暑いけど、それでもなんとなく秋の気配は感じるからねぇ。

雑学まとめ

今回の雑学はいかがだっただろうか。

「お盆の海は幽霊が出るから行ってはいけない」

オカルト的な迷信だが、しっかりとした理由があるのだ。

たしかに、昔の人の考えで、偶然「亡くなった人が帰ってくるお盆」と「海の事故が起きやすい季節」が被ったから、このような迷信ができたのかもしれない。

しかし、「大事な人を守るため」の注意喚起として、このような迷信が生まれたことには変わりないだろう。

おばあちゃん
そうだね。迷信ってのは、「だから気を付けようね」って注意を促す意味合いも持ってるからねぇ。
孫ちゃん
たしかに海での事故は、命にかかわることが多いもんね。

おすすめ記事

長崎県ではお盆にお墓で爆竹をするという雑学
お盆に"お墓で爆竹"をする風習がある長崎県のスゴさ【動画】

続きを見る

京都には幽霊が買っていたと言われる飴があるという雑学
怖くない!京都には幽霊が買っていた飴がある【みなとや幽霊子育飴】

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー