食べ物の由来

オムライスの元祖は銀座の"煉瓦亭"?大阪の”北極星”?【動画】

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

オムライスの元祖は東京銀座の「煉瓦亭」という雑学

オムライスといえば、チキンライスを卵で包んだ料理である。洋食の定番メニューであろう。

ちなみに、筆者の母親が作るオムライスはふんわり卵とデミグラスソースであったが、個人的には薄焼き卵とケチャップが好みである。恋人にオムライスを作った時には、毎回ケチャップで愛のメッセージを書くなんていうこともしていたな…あーあ…(遠い目)

さて、そんなオムライスの元祖、いったいどこにあるのかご存知であろうか? それは銀座にある「煉瓦亭」というレストランである。しかし、ここのオムライスは、我々のイメージするオムライスとは一味も二味も違うのだ。

今回はそんな、元祖オムライスについての雑学をご紹介していこう!

【食べ物雑学】オムライスの元祖は銀座の「煉瓦亭」

ガリガリさん
東京・銀座にある『煉瓦亭』っていう洋食レストランが、『オムライス発祥の店』っていわれてるんだぜ。
ぷよぷよくん
へぇ、オムライスの元祖のお店って銀座にあったんだねぇ。

【雑学解説】煉瓦亭のオムライスは普通のオムライスとは違う

「元祖」といっても、煉瓦亭のオムライスは普通のオムライスとは違うについてのトリビア

東京銀座に店を構える煉瓦亭は、創業1895年という老舗中の老舗洋食レストランだ。ここは、オムライスだけでなく、トンカツ・ハヤシライス・エビフライ・カキフライなど様々な洋食を生み出した店としても有名である。

ガリガリさん
洋食史を語るうえで欠かせないレストランなんだ。

煉瓦亭のオムライスは、1900年に誕生した。当初はまかないメニューだったのだが、客たちからの要望により、1901年から店のメニューとして提供されるようになったのだそうだ。

しかし、そんな長い歴史をもつ煉瓦亭のオムライスは、我々の想像するようなオムライスではない。いったい何が通常のオムライスと異なっているのかというと、まずはもうその見た目から明らかに違う

本来はライスの表面を覆っているはずの卵が、ライスの中に混ぜ込まれて調理されているのだ。食べてみると、オムライスの概念が吹き飛ばされること間違いなしである。

「煉瓦亭のオムライス、食べみたいけど、銀座まではなかなか行けない」…という方も少なくはないであろう。煉瓦亭のオムライスのレシピはネットでもあげられているので、そんな方は自宅でチャレンジしてほしい。

簡単に説明すると、具材はひき肉・玉ねぎ・マッシュルーム。味付けは醤油・砂糖・塩コショウというシンプルなライス。それを一人前当たり2個の溶き卵でオムレツ型にまとめあげる…というのが煉瓦亭流オムライスである。

ぷよぷよくん
え?卵に包まれてないの?ボクの知ってるオムライスとは別物なんだね。

ちなみに、こちらが実際のオムライスが見られる動画だ。新鮮なイメージを抱く方もいらっしゃるのでは?

ガリガリさん
これはこれで美味しそうだな。

煉瓦亭のオムライスを食べた感想

以前、関西に住んでいた筆者は、息抜きと称しては仲の良い友人と東京旅行にひんぱんに出かけていた。よく立ち寄っていたエリアは銀座と秋葉原である。

ある時、その友人が「オムライスの元祖銀座にあるらしい。気になる。」と言い出した。洋食は女子どもが食べるもの、大人は黙って和食かエスニック派の筆者だったが、その時は彼の提案に乗ることにした。

煉瓦亭の昔ながらの食堂っぽい店内に懐かしい気分を覚えつつ、2人でオムライスを注文。メディアでは大絶賛のオムライス…さて、お味は…。

正直に言おう。すまん、ちょっとがっかりした。「節子…これオムライスやない…ってか値段高!!」というのが筆者の感想である。なんというか…オムライスというよりも、ご飯がパラパラしていない洋風チャーハンというか…。

ぷよぷよくん
クレームのオンパレード…煉瓦亭のオムライス、美味しくないの?

誤解しないでほしい。煉瓦亭のオムライスはたしかに美味しかった。絶妙な加減のとろとろ卵と上品な味付けのライスは相性抜群である。

しかし、そのお値段1500円也。この値段ならば、付け合せのスープとサラダが欲しいというのが本音である。この1品だけなら…個人的には700円が上限価格。

煉瓦亭のオムライスを食べながら、筆者は友人と「銀座…恐ろしいところ!!」と震えたものである。ちなみに、それ以来筆者と友人の間では「煉瓦亭」は禁句となった。

ガリガリさん
1500円くらいで驚いていたら、銀座で何にもできないぜ。

スポンサーリンク

【追加雑学】実は関西にもあるオムライスの元祖

実は関西にもあるオムライスの元祖についてのトリビア

煉瓦亭のオムライスを食べた後、筆者の脳内では「オムライスとはなんだ?」という疑問がむくむくと頭をもたげ始めた。

我々の知っているオムライスと、オムライスの元祖の原材料は似ている。しかし、その実態は似て非なるものだった…一時期は「オムライス」まで禁句になるくらい悩んだ。

ぷよぷよくん
そこまで病んじゃう気持ち、ボク分かるなぁ…

あまりにもオムライスについて悩んでいた筆者に、件(くだん)の友人は、「大阪にもオムライスの元祖があるらしいで」と教えてくれた。

大阪心斎橋の「北極星」のオムライス

もうひとつのオムライスの元祖…それは、大阪心斎橋にある北極星というレストランである。こちらのオムライスは、おなじみの薄焼き卵でケチャップライスを包んだタイプのものだ。

このオムライスが誕生したのは、1925年のこと。ある胃が弱い常連客は、いつもそのレストランで白ごはんとオムレツを注文していたのだそうだ。おそらく、すぐに胃の調子を悪くしてしまうため、食べられるものが限られていたのであろう。

いつも同じメニューを頼むその客に同情した店の主人は、ある日ケチャップライスを薄焼き卵で包んだ料理をその客に提供した。これが、北極星のオムライス誕生秘話である。

ガリガリさん
北極星のオムライスは、店の主人のやさしさから生まれたものだったんだな。

北極星でオムライスが生まれたのは煉瓦亭より後ではあるが、オムライスの形状とその由来、そして筆者は関西出身であることから、個人的には北極星をオムライスの元祖としたい。

ただ、まだこちらのレストランには行ったことがないので、機会があればぜひ訪れてみたいと思う。

こちらは北極星のオムライスが見られる動画だ。馴染みのある見た目で食欲をそそられる。

ぷよぷよくん
おいしそう!コレだよ、コレが『オムライス』だよ!!

オムライスの元祖|雑学まとめ

オムライスにまつわる雑学を紹介してきたが、いかがだっただろうか。オムライスの元祖は、東京銀座にある老舗洋食レストラン・煉瓦亭である。

しかし、ここで提供されるオムライスは、卵がライスの中に混ぜ込まれているという一風変わったオムライス。したがって、「オムライスは卵に包まれているもの!!」というイメージを強くもっている方には、正直あまりおすすめはしない。

ただし、勘違いのないようにいっておくが、煉瓦亭のオムライスはまずいという訳ではない。店の看板メニューなだけあって、美味である。ただし、銀座価格だということを念頭に置いて食してほしい。

ガリガリさん
たしかに煉瓦亭のオムライスはみんなが知っているオムライスとは違うけど、一食の価値はあるメニューだぜ。
ぷよぷよくん
ちょっと高くても、ボクも一度は食べてみたい…じゅるり…

おすすめ記事

とんかつは日本人が作った料理という雑学
日本人に馴染む工夫!"とんかつ"は日本で誕生した料理【煉瓦亭】

続きを見る

ハヤシライスの由来は?に関する雑学
ハヤシライスの由来と語源が謎…!元祖多すぎ!【動画】

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー