漫画・ゲーム

忍者かい!"ワンピース"のサンジの名前は"ナルト"だった

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

「ワンピース」のサンジはもともと「ナルト」という名前になるはずだったという雑学

ワンピースという秘宝をめぐって、主人公のルフィたちが冒険を繰り広げる人気漫画「ワンピース」。そのルフィの仲間であり、たばこがトレードマークのコックが、サンジだ。

実はサンジ、最初は違う名前になるはずだったのを知っているだろうか? とある事情でその名前はボツになってしまったのだが…。

今回は、そんなサンジにまつわる雑学を紹介しよう。

【サブカル雑学】「ワンピース」のサンジはもともと「ナルト」という名前になるはずだった

「ワンピース」に登場するサンジは、最初は「ナルト」という名前が考えられていた。しかし、「NARUTO」が連載されたことから、「サンジ」になった。

【雑学解説】あの漫画と被って変更に

あの漫画と被って変更したというトリビア

サンジはもともと「ナルト」と名付けられるはずだった。というのも、サンジの眉毛がナルトのようにグルグルしているからだ。

しかし、この名前は変えなければならなかった…というのも、「NARUTO」の連載が開始したからだ。「NARUTO」といえば、忍者が主役のバトルアクション漫画である。連載中は、「ワンピース」と並ぶほどの人気作品だった。

「ワンピース」は「NARUTO」開始の2年前から連載していたのだが、「NARUTO」が開始するまでサンジは登場していなかった(漫画版は第43話から登場)。

「ナルト」と名付けられるキャラが登場する前に、「NARUTO」が連載したことから、「ナルト」と名付けられるはずだったキャラは「サンジ」になったのだ。

もしもサンジが「ナルト」としてもっと早く登場していたら、「NARUTO」は「NARUTO」ではなかったかもしれない。ほぼ同時に「NARUTO」と「ナルト」が登場していたら、どうなっていただろうか。

スポンサーリンク

【追加雑学】サンジのたばこは、海外版ではチュッパチャップスになってる

サンジのたばこは、海外版ではチュッパチャップスになってるというトリビア

サンジつながりで、もう1つトリビアを紹介しよう。「ワンピース」は海外でも放送されているのだが、海外版ではサンジのトレードマークであるたばこが、チュッパチャップスに変えられている。

おすすめ記事

チュッパチャプスのロゴをデザインしたのはアノ芸術家だった…超大物!

続きを見る

なぜこのような変更が行われたのか。それは、アメリカでは「ワンピース」は子供向けアニメとして扱っているからだ。

アメリカでも日本と同じように、「アニメを見て子供が真似をする」ということが起こる。そのため、子供向けアニメにたばこは出したくないのだ。

このほかにも、サンジと同じく愛煙家のスモーカー大佐も、「チェイサー大佐」と名前を変えられて、葉巻をくわえず、口から煙を出す人物となっている。

また、バトルによる流血が消されていたり、お酒がソフトドリンクになっていたり、お色気的なキャラデザインが軽減されていたり…。子供向けなので徹底的に健全に修正している。

元を知っている日本人からすれば、「どれだけ敏感になっているんだ…」「なぜそこを修正するんだ…」などのツッコミが出てきそうだが、アメリカにもアメリカの事情や考えがあるのだから、仕方ないと思うしかないだろう…。

雑学まとめ

忍者かい!"ワンピース"のサンジの名前は"ナルト"だったという雑学まとめ

 

サンジの名前についての雑学、いかがだっただろうか。サンジはもともと「ナルト」という名前で登場するはずだった。しかし、登場前に「NARUTO」が連載されたため、「ナルト」になるはずだったキャラは「サンジ」となった。

正直、「ナルト」よりも「サンジ」のほうがしっくりくる。登場前に「NARUTO」が始まってよかったと思っている。

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー