果物

デカい…!加熱調理用の"プランテンバナナ"という品種とは?【動画あり】

加熱調理用の"プランテンバナナ"という品種に関する雑学

日本人なら米を食え! 筆者は大の白米好きなので、米を食べると日本人でよかったなぁとしみじみ感激する。

世界にはさまざまな主食があるが、特にアジアでは米が主食の王者だ。米以外ならイモ・トウモロコシ・小麦などが挙げられるだろう。

中でも珍しい主食、それはバナナではないだろうか。たしかに栄養満点だし甘くて美味しいよね、と思った人は、その概念を一度捨ててほしい。

生のままでは食べられない、そして栄養価もまったく違う巨大な調理用バナナ「プランテン」! 名前からして強そうなバナナだが、日本人の想像の斜め上をいくハイスペックなバナナなのである。

今回はそんな「プランテンバナナ」についての雑学を紹介していく!

【食べ物雑学】バナナには加熱調理用の「プランテンバナナ」という品種がある

日本で見かけるバナナと違い、巨大で固くて生では食べられない品種。アフリカや南米ではどう調理しても美味しい万能野菜の扱い。

【雑学解説】見た目はバナナだけど、色もサイズも違う

見た目はバナナだけど、色もサイズも違うというトリビア

日本でよく見るバナナもプランテンも、「バショウ科」の植物。熱帯地域原産なので、メキシコ・ブラジル・エクアドル・コスタリカなどでは自生しているものを見ることができる。

あの長細い独特の形はそっくりなのだが、特徴的な差は色と大きさ。熱帯地域やアメリカではプランテンが普通に店頭販売されているのだが、黄色いものより緑色のものが目立つ。

一応熟すと黄色くなるのだが、たとえ熟しても生のままでは食べられない。プランテンは通常緑色の状態で加熱調理して食べるものなのだ。味も甘くはなく、食感は芋のようである。

サイズは普通のバナナの2.5倍はあるかもしれない…。とにかく巨大、そして固い。固すぎて手では皮が剥けないので、ナイフを使うくらいだ。

よくバナナを凍らせて釘を打つなんてネタがあるけれど、プランテンならそのまま鈍器として使えそうな勢いだ。自衛用にはいいかもしれない。

そんな強そうな見た目とは真逆に、プランテンはありとあらゆる調理法で美味しくなる万能野菜だ。揚げる・煮る・焼く・蒸す、さまざまな食べ方に使われ、主食として大人気である。

関連雑学

バナナにはもともと種があったという雑学
紀元前の突然変異!かつてバナナにはデカい種がたくさんあった

続きを見る

スポンサーリンク

【追加トリビア①】加熱調理の方法はさまざま

プランテン料理のなかでも人気なのは揚げる調理法。ベネズエラやコロンビアの他、カリブ料理ではプランテンを2度揚げして薄くつぶした「トストーネス」が大人気だ。

スペイン語で「トーストする」という意味のこの料理法は、見た目もトーストのように薄くつぶされてカリカリ。塩を振ってそのまま食べたり、チーズの上にのせたりする。カリッ・サクッ・ホクッとして美味しいそうだ。

キューバやプエルトリコでは茹でたプランテンをすりつぶし、目玉焼きと一緒に朝ごはんにそえるという。見た目はバナナだが、まったく甘くないからこそできる食べ方だろう。

タイで現地の子どもたちが揚げバナナを作る動画発見!

小さな子どもの手と比べると、プランテンの大きさがよく分かる。包丁を使って切っている様子を見るに、固そうだ。まるでかき揚げのようなプランテンが面白い。

【追加トリビア②】バナナとプランテンでは栄養価が別物!

見た目と味わいだけでなく、一番大きな差は栄養価だろう。同じ100gで比べてもその差は歴然である。

まずはバナナだが、特徴としてビタミンやミネラルをたくさん含んでいる。甘いからなのかカロリーもやや高く、あまりに食べ過ぎてしまうとダイエットにはむいていない。

対するプランテンは、各種ビタミンとミネラルはバナナに負けるものの、カリウムやナトリウムは通常バナナより少し多い。そして何より特筆すべきなのはでんぷんの量だろう。

主食として有名な野菜はすべてでんぷん質が高いことが多いが、プランテンはバナナよりはるかにでんぷん量が多く、おまけにタンパク質がバナナの約6倍も含まれている。

このでんぷんは生のままだとゴムのように固いが、加熱によって「ジューシーで柔らかく」と大変身する。このでんぷん質が、プランテンを主食として機能させているのだろう。

トリビアまとめ

デカい…!加熱調理用の"プランテンバナナ"という品種があるというトリビアまとめ

日本ではなかなか食べられない、プランテンについての雑学を紹介してきた。たまに大型青果店に並ぶらしいが、お値段は1本で約200円が相場だ。「調理用バナナ」で検索すると食材店や青果店などから通販で購入することも可能(季節による)である。

甘い日本のバナナでは迫力が欠けてしまうが、運よくプランテンがあったら「フライドプランテン」を作ってみよう。

本格的なインドネシア料理・アフリカ料理店ではバナナ料理を出すところもある。筆者はアフリカ料理店で、ワニの肉とプランテンを食べてアフリカ人に拍手喝さいを受けたことがあるが、普通に美味しかった。見かけた人はぜひ一度お試しあれ!

関連雑学

日本には皮まで食べられるバナナがあるという雑学
日本産!皮まで食べられるバナナがある。【動画あり】

続きを見る

Copyright© 雑学カンパニー , 2020 All Rights Reserved.