食べ物の由来

ポカリスエットの開発秘話。"飲む点滴"と言われる理由は?

ポカリスエットが飲む点滴といわれている理由に関する雑学

ポカリスエットは大塚製薬から販売されている清涼飲料水。スポーツ後に飲むポカリの味はホントに格別で、思わず「生き返った~」と口に出る。あの味を嫌いな人はいないといってもいいだろう。

さて、スポーツだけでなく風邪をひいて食欲がないときなども「ポカリを飲め」と親から勧められた経験はないだろうか? 実は、ポカリは飲む点滴といわれている。なぜ、こんな二つ名がついているのか、今回はこの雑学について検証してみた。

【食べ物雑学】ポカリスエットが飲む点滴といわれている理由は?

今ではスポーツドリンクのイメージが強いポカリスエットだが、もともとは「飲む点滴」をコンセプトに医薬品の延長として開発された。

【雑学解説】もともとは医薬品の延長として発売された

もともとは医薬品の延長として発売された。というトリビア

大塚製薬は点滴の成分をもとにポカリスエットを開発しているので、ポカリの成分は点滴と似通っているのだ。ポカリには体内に含まれている7種類のイオンなど豊富な栄養素が含まれている。

点滴といえば体が弱っていて食事も取れないようなとき、食事の代わりに栄養を摂取するためにおこなわれるものだ。点滴は注射で血管にダイレクトで栄養を注入するので吸収が早い。栄養失調のときの素早い回復方法として適した方法だ。

ただ点滴は注射をしなくてはならず、点滴をしているあいだ、時間がかかる。点滴の飲み物があれば、こうした点滴のデメリットは解決できる。

さて、ポカリスエットの開発秘話を紹介しよう。当時の大塚製薬の技術者たちは「画期的な飲み物を作りたい!」という野望をもっていた。そんな折、ある一人の人物が「点滴を飲み物にできないか」と提案したことで、ポカリの開発が決まったのだ。

この提案者は、新商品開発のため、メキシコに出張に行っていたのだが、現地の水事情がよろしくなく、体調を崩し、入院してしまった。そのとき医者から炭酸飲料を渡され「体内の水分と栄養が失われているから、まず水を飲んで、そのあと栄養を取るように」と指導をうけた。

「こんなとき、ゴクゴクめて、水分補給と栄養補給を同時にできるような飲み物があったらいいのに…」というのが提案にいたった経緯。

ちなみに、この人物は社内で「味の天才」という異名をもつ人物で、オロナミンCの味を決めた人物でもある。

関連雑学

常温の炭酸はダイエットになる?に関する雑学
代謝アップ!常温炭酸水ダイエットのやり方と効果とは?

続きを見る

カルピスは発売当初は滋養強壮ドリンクだったという雑学
カルピスの歴史とは?日本初の乳酸菌飲料はこうやって誕生した!

続きを見る

スポンサーリンク

【追加雑学①】発売当初は苦戦を強いられた

発売当初は苦戦を強いられた。というトリビア

点滴はそのまま飲んだらとても飲めるようなものではない。ゴクゴク飲めるような美味しさを得るために2年以上の期間、試行錯誤をかさね、ようやく販売にこぎつけたわけだが、それでも発売当時は酷評をうけた。

大塚製薬の営業マンが総出で販売店に営業をかけたが「こんな味で売れるか!」となかなか置いてもらえなかった。なかには「こんなもの飲ませやがって」と激怒し、ポカリスエットを営業マンにかけてくるカミナリおやじのような販売店もあったとのこと。

そこで大塚製薬は考え、サンプリング無制限という大きな賭けにでた。「飲んでもらい説明すれば、きっと良さが伝わる!」このアツい思いをそのまま、あらゆる場所でサンプリングを開始した。こうしたたゆまぬ努力もあり、現在のような支持を得るまでにいたったのだ。

【追加雑学②】アクエリアスとの違いは?

ポカリとよく比較されるのがアクエリアス。味も見た目も似ているが、両者の違いは何なのだろう。ひとことでいえば成分が違う。

異なる商品なのだから当たり前だが、具体的にはポカリは糖分やナトリウムが多く含まれ、アクエリアスはアミノ酸やクエン酸などが多く含まれている。

ポカリはアクエリアスよりも栄養価が高いので、風邪や体調不良のときにおすすめ。たいして、アクエリアスに含まれているアミノ酸などは疲労回復に適しているので、運動後はアクエリアスのほうが適している。

関連雑学

アミノ酸と抗酸化物質でメンタルが強くなるかも!という雑学
産後うつ対策にはこの食材!アミノ酸+抗酸化物質でメンタル改善へ

続きを見る

雑学まとめ

医薬品の延長!ポカリスエットが"飲む点滴"と言われる理由と開発秘話。という雑学まとめ

ポカリスエットについての雑学、いかがだっただろうか。ポカリスエットは「飲む点滴」として開発された清涼飲料水で、成分が点滴と似通っているのである。

点滴をそのまま飲んだら不味すぎて体がうけつけないが、あんなに甘くておいしいものにまでもっていったのは、開発者の努力のおかげ。発売当初もなかなか受け入れられなかったが、営業の人たちもあきらめずに地道な努力を続け、今の確固たる地位を築いたのだ!

いま読まれている記事

© 2020 雑学カンパニー