世界のびっくり

広告の力…!"サンタクロース=赤い衣装"はコカ・コーラのクリスマスキャンペーンから!

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

サンタクロースが赤い衣装を着ているのはコカ・コーラがきっかけという雑学

チキンケーキプレゼント年末の楽しいイベントといえば…そう、クリスマスだ!

プレゼントを配りまわるサンタクロースの姿は世界中どこに行っても同じである。赤い衣装を着て白い髭を生やし、恰幅の良い優しそうなおじさんだ。

世界中で同じ姿をしているだなんてすごい! でもこのサンタの姿、実はある企業世界に広めたことを知っているだろうか? そこで今回は、サンタクロースの赤い服に関する雑学を紹介しよう!

【世界雑学】サンタクロースが赤い衣装を着ているのはコカ・コーラがきっかけ

ロバート
あ~もうすぐクリスマスかぁ!今年、サンタクロースは何をくれるかな♪この時期は赤い服を見るだけでもテンションMAXだぜ!
エイミー
アンタまだサンタクロースなんて信じてるの?

あの赤い衣装、1931年のコカ・コーラのクリスマスキャンペーン用のイラストが元になってるらしいわよ!

【雑学解説】クリスマスの慣習は企業戦略で作られている?!

クリスマスの慣習は企業戦略で作られているというトリビア

聖ニコラウス

サンタクロース4世紀頃にトルコで暮らしていた守護聖人聖ニコラウスが起源だといわれている。そう、実はサンタクロースはもともと実在した人物なのである!  トナカイに乗って空を飛ぶからおじさんの妖精だと思ってた…。

聖ニコラウスはある伝説がきっかけで、後にサンタクロースになったといわれている。

ニコラウスはある日、貧困三人の娘を身売りしなければならない家族の存在を知った。そのとき彼は窓から金貨を投げ入れ、それが暖炉に吊るしてあった靴下の中に入ったのだ!

家族は身売りもされずめでたし、めでたし。これが「良い子にしていると夜中にサンタクロースが靴下の中にプレゼントを入れてくれる」というお話になったのである。

ロバート
やっぱりサンタクロース…もとい聖ニコラウスはいいおじさんなんだな!!

時は経って1931サンタクロースクリスマスの象徴として全世界の人々に知れ渡っていた。

しかし、その姿かたち国によってさまざま服が緑だったり・痩せていたり小人のような姿だったり…。そんなとき、コカ・コーラ社クリスマスキャンペーン用にサンタクロースが描かれた広告を作った。

当時広告アートを担当していたハッドン・サンドブロムという人が描いたサンタのイラスト赤い衣装に白い髭、おなかが出ているおじさん…そう、あのサンタの姿そのものなのである!

それ以降、コカ・コーラが世界に進出するに伴って、赤い衣装を着たあのサンタクロースの姿全世界に定着したのである。

 ではここで、日本でも放送されたコカ・コーラのCMを見てみよう!

ロバート
コレコレ!やっぱサンタクロースっていったら、このイメージだよな!
エイミー
このCM、いつ見ても心があったかくなるわよね!

な、懐かしい…! と思う人もいれば、初めて見た人もいるかも?

どちらにせよ、コカ・コーラ毎年こんな感じサンタクロースが登場するCMを作っている。

このCMを見ただけでクリスマスが楽しみな気持ちになってくる。宣伝効果ってすごい…!

スポンサーリンク

【追加雑学①】クリスマスケーキを定着させたのは不二家

クリスマスケーキを定着させたのは不二家というトリビア

 花より団子派のみなさん! サンタクロース以外にクリスマスといえば…そう、クリスマスケーキだ!

 日本ではイチゴが乗ったショートケーキに、砂糖で作られた小さなサンタさんが乗っているのが定番である。これを定着させたのは…なんとペコちゃんでお馴染みの不二家だ。コカ・コーラの次は不二家?!

 実は、1922に不二家は「クリスマスにイチゴが乗ったショートケーキを食べよう」というキャンペーンを行い、今でもその風習が残っているのである。

関連雑学

クリスマスケーキを食べるのは日本だけ!?に関する雑学
"イチゴのクリスマスケーキ"は日本だけ!海外のケーキ事情とは?【不二家】

続きを見る

 あれ、コカ・コーラのキャンペーンは1931年だから…サンタクロースが赤い衣装を着る前から不二家はこんな経営戦略をしていたの?!

 恐るべしペコちゃん。ただテヘペロしているだけの子じゃなかった…。

エイミー
アタシたちの国・アメリカにはこんなかわいいケーキはないわよね。
ロバート
そうだな…オレたちの定番っていったらクッキーかな?オレもクリスマスにクリームたっぷりのケーキ食いたい…。

関連雑学

ショートケーキの"ショート"の意味とは?イチゴがあるのは日本だけ!

続きを見る

【追加雑学】クリスマスチキンを定着させたのはケンタッキーフライドチキン

クリスマスチキンを定着させたのはケンタッキーフライドチキンというトリビア

 またまた花より団子派のみなさん! ケーキ以外にクリスマスに食べるものといえば…そう、クリスマスチキンだ!

 実はこれもある企業の戦略によってできた風習である。それはカーネルおじさんでおなじみ、ケンタッキーフライドチキンである。

本来クリスマスは七面鳥を食べるのが正式だ。しかし、日本人は七面鳥に馴染みがない そこで、ケンタッキーは1974「クリスマスはケンタッキー」というキャッチコピーのCMを流し、定着化に成功したのである。

 恐るべしカーネル・サンダース。ただのサンタのコスプレが似合うおじさんではなかった…。

ロバート
クリスマスにケンタッキーフライドチキン?!なんか変な感じがするぜ…。

 雑学まとめ

広告の力…!"サンタクロース=赤い衣装"はコカ・コーラのクリスマスキャンペーンからという雑学まとめ

 今回はサンタクロースとクリスマスの雑学について紹介した。

 クリスマスは赤い服を着てチキンとケーキを食べよう! ってこれらはすべて企業の戦略に踊らされてたのか…。

 いや、でもせっかくの楽しいイベント! 踊らにゃ損々!

チキンケーキを食べながらコーラを飲んで…なんだかカロリーが気になるところだが、一年に一度のイベントなんだから思う存分楽しもう!

エイミー
そうね、アタシもクリスマスだけはダイエットのことを忘れることにするわ!!
ロバート
エイミー…ちょっと言いにくいんだけど、ついこの間も『ダイエットは忘れる』って言ってケーキバイキングに行っていなかったかい?
エイミー
ロバート、ちょっと黙っていてちょうだい!!

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー