自然現象

知っておきたい:震度とマグニチュードはどう違う?

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

震度とマグニチュードの違いに関する雑学

「震度」と「マグニチュード」って何が違うの?

一度は疑問に思ったことがあるのではないだろうか。「なんで同じ地震を表す意味なのに言葉が違うんだ!紛らわしいぞ!」とお怒り中の読者に朗報がある。

震度とマグニチュードの違いは簡単だ。聞けば納得。なんてことのない単純な違いなのである。

そこで今回の雑学では、この違いについて取り上げていくのでぜひ見ていってもらいたい!

【自然雑学】「震度」と「マグニチュード」の違いは?

ばあさん
震度とマグニチュードの違いは、一言で表すと「観測地点の違い」なんですよ。
じいさん
観測地点の違い…?どういうことじゃ?
ばあさん
震度は「私たちが生活している地点での地震の大きさ」、マグニチュードは「震源地点での地震の大きさ」のことを指すんです。
じいさん
な、なるほど…!

【雑学解説】震度とマグニチュードの定義

震度とマグニチュードの違いは一言で表すと「観測地点の違い」といえる。

震度は「ある観測地点での地震の大きさ」であるのに対し、マグニチュードは「震源地点での地震の大きさ」のことを指す。

震度は「私たちが生活している地点での揺れの大きさ」のことを表す。「愛知県西部は震度3」「愛知県東部では震度2」なんて言い方をすることはみなさんご存知だろう。

じいさん
たしかに…!1つの地震でも、場所によって震度は違うな…!

当然だが、震源地から近ければ震度は大きくなり、遠ざかれば震度は小さくなる。このように観測する場所ごとに異なるのが「震度」という、地震の大きさを表す言葉の特徴だ。

マグニチュードというのは別の言葉で表現すると「地震そのものの大きさ」を表す指標だ。

ゆえに「震度」とは異なり値は一つしかない。

スポンサーリンク

【追加雑学】震度とマグニチュードの値の目安

震度は自身の危険に直結する値なので、聞き馴染みの深い指標だろう。

目安としては以下の通り。

  • 小規模の地震:震度0~2
  • 中規模の地震:震度3~4
  • 大規模の地震:震度5弱~

震度と比べて馴染みのないマグニチュードの大きさの目安は以下の通り。

  • 小規模の地震:マグニチュード5.0以下
  • 中規模の地震:マグニチュード6.0
  • 大規模の地震:マグニチュード7.0

といった具合である。

ばあさん
もしものときのために、覚えておくといいかもしれませんね。

ちなみに、日本史上最大の「東日本大震災」のマグニチュードの値は9.0であり、これは世界の歴史からみてもトップクラスの規模の地震である。

おすすめ記事

マグニチュード6以上の地震の20%は日本で起こっているということに関する雑学
地震大国…マグニチュード6以上の地震の20%は日本で発生している

続きを見る

雑学まとめ

今回の雑学では「震度」と「マグニチュード」の違いについてお話しした。

マグニチュードの値で数字を言われてもパッと理解できないのは、実際に重要なのは震度だからだ。いくら地震そのもののエネルギーが大きくても、我々の生活に支障をきたさなければ問題ない。

ただ、二つの用語の意味を知っていて損はないだろう。

ばあさん
地震はいくつになっても怖いですね。
じいさん
大丈夫じゃ…!なにがあっても、ばあさんのことはわしが守る…!
ばあさん
じいさん…。うふふ、心強いです。

おすすめ記事

地震の直後、津波の予報がすぐわかるのはなぜ?という雑学
津波予報の仕組み!地震の直後に津波が予測できるのはなぜ?

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー