ためになる

なぜ?"女性から男性にチョコ"は日本だけ!【バレンタインデー】

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

バレンタインデーにチョコを送るのは日本だけという雑学

2月14日といえばバレンタインデー。年頃の男の子ならみんな、朝からドキドキ・ソワソワしているのではないだろうか?

もちろん、チョコを渡して告白しようと思っている女の子は、それ以上に期待と緊張でドキドキしているはずだ。だが、そもそもどうしてバレンタインデーにチョコを贈ることになったのだろうか? 今回はそんな雑学についてご紹介しよう。

そこには、我々の知らなかったバレンタインデーの歴史があったのだ! 

【生活雑学】バレンタインデーにチョコを送るのは日本だけ

孫ちゃん
バレンタインデーって女性から男性にチョコを渡すけど、それが日本だけってほんと?
おばあちゃん
外国じゃあ男性から贈ることが多いみたいだねぇ。義理チョコも日本だけの文化らしいよ。

【雑学解説】女性が男性にチョコを贈るのは日本だけ

女性が男性にチョコを贈るのは日本だけというトリビア

日本以外の国でのバレンタインデーは、「男性から女性にプレゼントを贈る」もしくは、「恋人同士でプレゼントを贈りあう」日だというのだ。いったい何がどうなって日本だけ今のような事態に陥ったのだろうか?

生まれてから今まで、当たり前のように男性諸君にチョコを進呈してきたが、「女性が男性にチョコを贈るのは日本だけ」と聞くと、女性の私としてはなんだかすごく損したような気分になってしまう…。

孫ちゃん
うん、なんかわかる。さらに義理チョコも日本だけって考えると余計にそう思っちゃうね。

チョコが贈られるようになったのはいつから?

1985年、メリーチョコレートがバレンタインセールにチョコを売り出したのが始まりだという。「年に1度、女性から男性へ愛の告白を!」というのがキャッチコピーだったというので、なるほど、これが今の日本のバレンタインの起源になっていると思ってまず間違いなさそうだ。

さらに、翌々年には森永製菓で、バレンタインデーの企画がマスコミを使って大々的に展開されたという。これはもう間違いなく日本のチョコレート業界によって作り上げられた、日本独自のバレンタイン文化だと思っていいだろう。

おばあちゃん
チョコレート業界にまんまとのせられたって感じだねぇ。

おすすめ記事

バレンタインデーにチョコを贈る習慣をつくったのは「モロゾフ」という雑学
バレンタインデーの由来とは?チョコを贈る習慣ができた理由は?

続きを見る

スポンサーリンク

【追加雑学①】バレンタインデーの起源

バレンタインデーの起源についてのトリビア

バレンタインデーは英語で書くと「Valentine's day」。つまりバレンタインは人の名前だったのだ。

おすすめ記事

キューピットすぎ…バレンタインデーの由来は"ヴァレンティヌス"さん

続きを見る

歴史は13世紀の古代ローマにさかのぼる。

キリスト教の司祭バレンタインが、結婚を禁止された恋人たちをこっそりと結婚させてあげていたことが始まりだ。なんと当時の皇帝は、故郷に家族を置いていくのが心残りで戦争に行きたがらない兵士たちをどうにかするために、結婚を禁止していたというのだ。

そんな恋人たちを気の毒に思って皇帝の命令に逆らい、恋人たちを結婚させてあげていたバレンタイン司祭は、不幸にも捕まり処刑されてしまう。その日が2月14日バレンタインデーだったのだ。

孫ちゃん
「2月14日」の日付けにはちゃんと意味があったんだね。

【追加雑学②】海外のバレンタインデー

アメリカでは日本とは全く逆。男性から女性へ、花束やプレゼントを渡すのが普通だ。レストランでディナーの予約もして、ばっちりエスコートしてくれる。もちろんそこまでするのだから、好きでもない相手に義理ですることはない。好きな女性や恋人に愛を伝える日なのだ。

おばあちゃん
もともとレディーファーストの国だから、こういうことも自然にできるんだろうねぇ。

イタリアやイギリスなどのヨーロッパでも、男性は女性に真っ赤なバラの花束をプレゼントするのが人気のよう。恋人同士でプレゼントやカードを贈りあうこともあるようだ。

変わっているのが同じアジアの台湾。なんとバレンタインが1年に3回もあるというのだ。1回目は2月14日、2回目が3月14日、そして3回目は7月7日にある「七夕情人節」も恋人同士のイベントなのだという。

やはり女性から男性にではなく、恋人同士がお互いにプレゼントを贈りあうのが習慣のようだ。

孫ちゃん
日本もこういう方がいいな~。

雑学まとめ

なぜ?"女性から男性にチョコ"は日本だけ!【バレンタインデー】についての雑学まとめ

バレンタインデーについての雑学、いかがだっただろうか。日本のバレンタインデーは西洋などほかの国とは違い、かなり独自の発展をしたようだ。

もちろん今まで通りの日本のバレンタインが好きな方もいるだろうが、たまには恋人やパートナーに西洋風のバレンタインを提案してみては? いつもと違って新鮮で、よりムードのあるバレンタインを過ごせるかも!?

おばあちゃん
でも恋人同士のイベントだと、相手がいない人にはちょっとかわいそうだねぇ。
孫ちゃん
たしかにそういうところから義理チョコが始まったんだろうけど…。まあでも義理チョコとか友チョコとかで盛り上がるのも楽しいんだけどね。

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー