アメリカ

グレーだった!アメリカ大統領官邸は"ホワイトハウス"ではなかった|世界雑学

アメリカの「ホワイトハウス」はもともと白くなかった!という雑学

「名は体を表す」とはよくいうが、実際に名前を聞いただけで姿形まで思い浮かぶものは珍しい。しかし、アメリカ大統領官邸の「ホワイトハウス」は、名前を聞くだけであの立派な建物と真っ白な外壁がすぐに思い浮かぶ、珍しい例だ。

やはり、アメリカの象徴的な建物だけあって、設計の段階からインパクトを狙ってあの白い外壁にしたのだろう。…と思いきや、実はホワイトハウスは建設された当初は白い外壁ではなかったのだ!

では、どんな経緯で現在のような白い外壁の「ホワイト」ハウスになったのか? その歴史を辿っていこう!

【世界雑学】アメリカの「ホワイトハウス」はもともと白くなかった!

「ホワイトハウス」の外壁の色は、もともとグレーだった!

【雑学解説】大統領官邸が「ホワイトハウス」になった経緯

アメリカ大統領官邸の建設が始まったのは、イギリスから独立して間もない1792年、大統領が初代ジョージ・ワシントンだったときのこと。その後、1800年に完成したものの、ワシントンはすでに亡くなっており、初めて大統領官邸に住んだ大統領は第2代のジョン・アダムズだった。

完成した大統領官邸の外壁には石材が使われており、現在のような白色ではなくグレーの建物だったようだ。しかし、イギリスとの米英戦争さなかの1814年、大統領官邸はイギリス軍によって焼き討ちにあい、外壁を残して消失してしまう。

大統領官邸の再建

米英戦争後、大統領官邸は残った外壁を使って再建されることとなる。1817年に完成した新しい大統領官邸は、焼け焦げた跡を隠すために外壁が白く塗られており、その外観から「ホワイトハウス」と呼ばれるようになったのだ。

そして、セオドア・ルーズベルト大統領時代の1902年にホワイトハウスが増築されたのをキッカケに、正式に「ワシントン・ホワイトハウス」という名称になったのである。

白い外壁になった理由が、戦争だったとは…。意外な歴史に驚いた方も多いのではないだろうか?

スポンサーリンク

【追加トリビア】ホワイトハウスには娯楽施設がいっぱい!

外観はよく知られているホワイトハウスだが、その内部がどうなっているかは知らない人の方が多いだろう。そんな人のために、ホワイトハウスの内部を説明している動画がコチラである。

動画でも説明しているが、ホワイトハウスはアメリカ大統領官邸として、大統領とその家族、そして多数のスタッフが駐在しているため、キッチンや医務室などの生活に必要な設備が用意されている。

もちろん、ホワイトハウスは大統領が政務を行なう場所でもあり、記者会見やレセプションのための会場、会議を行なう部屋なども存在する。しかし、なんとそれ以外にも、さまざまな娯楽施設が用意されているのをご存知だろうか?

ホワイトハウスの屋内にはボウリング場や映画館が設置されており、屋外にもプール・テニス場・パッティングゴルフ場・ジョギングコースなどの設備もある。トランプ大統領の家族がホワイトハウス内のボウリング場で楽しむ姿がコチラだ。

https://www.instagram.com/p/BPiTJmKjThI/?utm_source=ig_web_copy_link

意外と立派な施設なのが、さすがアメリカ! といった感じである。

大統領の趣味を反映

そして、ホワイトハウスには各大統領の趣味や嗜好によって、さまざまな娯楽設備が入れ替わりで設置されているとのこと。

たとえば、セオドア・ルーズベルト大統領のときはポーカールーム、ウィルソン大統領やクーリッジ大統領の時代にはビリヤード台が設置されていたこともあるそうだ。

なお、2019年には、ゴルフ好きのトランプ大統領が、ゴルフシミュレーターを設置したことが話題となっている。

ちなみに、日本の首相官邸には、政務に必要な設備はあるものの、娯楽施設は存在しないようだ。ただ、議員会館には国会議員と秘書だけが使えるトレーニングジムがあるらしい。

トリビアまとめ

ホワイトハウスほど名を知られている建物が、最初は白くなかったとは驚きだった! 焼き討ちにあっていなかったら、「グレーハウス」とか「ストーンハウス」という名前になっていた可能性もあったかもしれない…!

しかし、やはりあの白い外壁のインパクトは強烈だ。もしもグレーのままだったら、現在ほど世界中で有名になってはいなかっただろう。災い転じて福となす…とは、まさにこんなことかもしれない…と思う筆者であった。

こちらの記事もおすすめ!

Copyright© 雑学カンパニー , 2019 All Rights Reserved.