アメリカ 意外

ピンクじゃない!アメリカで"エロい色"は何色?

アメリカでエロい色は意外と青という雑学

ピンク。主にカワイイとか女の子らしさをイメージさせる色だが、健全な男子ならばちょっとムフフな妄想が頭をよぎったりすることだろう。ネット世代にはわからないかもしれないが、筆者も思春期の頃はレンタルビデオ店のピンクのカーテンの向こうに行きたくて仕方なかった。

同じように読者の皆さんも「ピンク=エロい」と連想する人が少なくないはずだ。だが、これはどうやら日本だけの価値観らしい。というのもアメリカでは、エロい・セクシーを連想させる色は違うというのだ。

うーむ、筆者はピンク以外でエロい色といわれても想像つかない。(いや、白とか黒とか個人的なフェチはあるのだが)

実際にアメリカでのエロい色というのを調べてみたので、ぜひ雑学の1つとして最後まで読んでくれたら幸いだ。

【世界雑学】アメリカでエロい色は意外と青

どうやらアメリカでエロい色は、意外にも青らしい。

【雑学解説】英単語からわかるアメリカのエロい色

調査の結果、アメリカでエロをイメージさせる色は青ということがわかった。

具体的には、アダルトな単語や名詞には「青=blue」がついているのだ。たとえば日本でいうピンク映画は「blue film」といった具合だ。

以下にいくつかエロい意味で「blue」が使われている言葉をまとめてみたので目を通してほしい。

blue film ・ blue movie

前述したように日本でいうピンク映画やアダルトビデオのこと。では、エロ本のことはblue bookというのかなと思ったが、エロ本は普通にerotic bookらしい…。

blue bookだと、報告書や大学の答案用紙という、逆に固いイメージの言葉になる。

blue joke

直訳すると下品な冗談。日本でいう下ネタといったところか。知らなかったら、冗談に対して「寒い・スベってる」とツッコミをいれられていると勘違いしそうである。

blue comedy

こちらも意味としては下ネタだが、ニュアンス的には下ネタのあるお笑いという感じ。イメージが沸かない人は、加藤茶がドリフでやっていた「ちょっとだけよ」を思い浮かべてほしい。

これらがアメリカで使われるエロい系の単語である。英語の本家であるイギリスでも同じように使われるようだ。

なぜ「青=エロい」になったのかは諸説あるが、アメリカとイギリスでは、ポルノ映画のフィルムを規定で青色にしていたのが由来といわれている。

だが「blue」には、日本人が思うような悲しいイメージだったり、空や海などの意味ももちろん含まれているので、必ずしも「エロい」に繋がるわけではないことに気をつけてほしい。

スポンサーリンク

【追加トリビア】各国で違うエロい色

せっかくなので、アメリカ以外の国でエロい色はどんな色なのか調べてみた。

韓国・イタリア・フィリピンのエロい色

お隣の韓国やイタリア・フィリピンでのエロい色は赤だそうだ。たしかに赤には情熱的なイメージがあるし、女性が真っ赤な口紅をつけているのをセクシーと感じるのは世界共通なのかもしれない。

中国のエロい色

漢字文化の中国では、エロといえば黄色。エロ本のことは「黄色書簡」と書くらしい。日本では最近、コンビニからエロ本を撤去する動きがニュースになったが、中国ではそういった卑猥なものを一掃しようということで、「掃黄運動」と呼ばれる。

スペインのエロい色

スペインでのエロい色は緑。スペイン語で緑は「Verde(ベルデ)」。これにオジサンという意味の「Viejo(ビエホ)」を付け加えて「ビエホ・ベルデ(エロオヤジ!)」となるそうだ。…オジサンがエロいのも世界共通なんだな。

このように世界各国で、エロい色が日本とはぜんぜん違うことがわかった。ただ、どの国も共通して、エロを色で表現しているのはとても面白い。興味がある人はぜひ他の国々についても独自に調べてみるといいだろう。

トリビアまとめ

今回はアメリカをはじめとして、世界各国のエロを連想させる色についての雑学をまとめてみた。日本とは違う価値観や感性の違いが勉強になったし、エロい単語を辞書で調べていた思春期の頃を思い出してなんだか懐かしい気持ちだ。

ちなみに健全な青少年諸君はピンクな映画や本を読むときは、くれぐれも隠れて見るように! 

関連雑学

「エッチ」は「変態」の頭文字からきているという雑学
"エッチ(Hentai)"の語源はまさかの学術書…!【変態性欲心理】

続きを見る

こちらの記事もおすすめ!

Copyright© 雑学カンパニー , 2020 All Rights Reserved.