麺・カレーの雑学一覧

江戸時代に水戸黄門はラーメンを食べたことがあるという雑学

麺・カレー

好奇心旺盛すぎ!水戸黄門はラーメンを作って食べていた【水戸藩らーめん】

再現された水戸藩らーめん 今回の雑学テーマは、今や当たり前の国民食となっているラーメンについて。 ラーメンが普及したのはおそらく戦後に入ってからだと思うが、なんと江戸時代に水戸黄門が食べたことがあるというのだ。そもそも江戸時代にラーメンがあったというのが驚きである。 筆者の父は2018年に還暦を迎えたが、初めてラーメンもとい中華そばを食べたのは中学生の頃だったそうだ。それほど希少だったラーメンを、あの有名な水戸黄門が江戸時代に食べていたなんて…。 にわかには信じられないので、真相を探ってみることにした。 ...

カップ麺の味付けは地方によって違うという雑学

麺・カレー

関東vs関西!カップ麺の味付けは地方によって違う

忙しくて時間のないときや、小腹の空いたときの夜食に。また保存食としても大活躍のカップ麺。今やその種類は無数にある。 「栄養が偏るから」「塩分が多いから」といった健康面で避けている人は多いだろうが、「味が嫌いだから食べない」といった人はいないだろう。 忙しいビジネスマンを中心にファンも多く、少子高齢化に逆境するようにカップ麺ブームの勢いは留まることを知らず、年間消費量は毎年増え続けている。 そんな数多くの人々に愛され続けているカップ麺だが、地域によって味を変えている製品があるのをご存知だろうか? 今回は、カ ...

初めてレトルトカレーが発売されたのは大塚食品の「ボンカレー」という雑学

麺・カレー

元祖感ある〜。世界初のレトルトカレーはボンカレー!【大塚食品】

レトルトカレー。レトルトパックをお湯で3分煮込むだけで、本格的なカレーが1人前できあがる。私たちの食生活にすっかりおなじみの食べ物だ。 今では数多くの種類が発売されているレトルトカレーだが、初めて発売されたのは大塚食品の「ボンカレー」なのだ! 「やはりボンカレーか!」と、素直に納得してしまう。「レトルトカレーといえば?」と聞かれたら、多くの人が「ボンカレー!」と答えるのではないだろうか。もはや国民食といえるほど有名すぎるレトルトカレーだ。 今回は、このボンカレーにまつわる雑学を紹介するぞ! 【食べ物雑学】 ...

ライスカレーとカレーライスは違う?に関する雑学

麺・カレー

盛り付けの差!"ライスカレー"と"カレーライス"は違うものだぞ!

異国情緒漂いながらも国民食と呼べるほどに日本に浸透している食べ物、カレー。そういえばカレーが嫌いな人って、あまり見たことがない気がする。 そんな国民的人気者カレーをフルネームで、あなたはなんと呼んでいるだろうか。 カレーライス? ライスカレー? 私の周りでは「カレーライス」と呼ぶ人が多いが、喫茶店に入ると「ライスカレー」と書かれたメニューを目にすることもある。カレーとライスの順番が逆になっただけに思えるこの2つの呼称、なにか違いがあるのだろうか。それとも深い意味はないのかな。 今回の雑学ではそんなカレーの ...

カルボナーラはイタリア語で?に関する雑学

笑える 麺・カレー

あれ…ダサい…カルボナーラを本場イタリア語にするとガッカリだった

カルボナーラは旨い。 筆者はイタリアンレストランでパスタを頼むとき、だいたいカルボナーラと決めている。なぜならば、旨いだけでなく語感もいいからだ。カルボナーラって響き、ちょっとオシャレじゃないか? 「カルボ」で一度濁音をもってきて、「ナーラ」と伸ばすところに心地よいリズムを感じる。 ところで、あなたはカルボナーラの意味をご存知だろうか? また、本場のカルボナーラと日本のカルボナーラは違うということもご存知だろうか? この雑学記事を読めば、イタリアンレストランでのデートの会話に困らない…かもしれない。 【食 ...

麺・カレー

そうめんとひやむぎ…違いはなに?うどんとの違いは?

そうめんは食欲がわかない暑い夏でも、温かいものが恋しい寒い冬でも活躍する食べ物だ。夏は流しそうめんというイベントも楽しむことができる。 そうめんとよく似ている食べ物に、ひやむぎがある。少しそうめんより太いように見えるが、そうめんとひやむぎの明確な違いはわかりにくい。 そこで今回の雑学では、そうめんとひやむぎの違いについて調べてみた。太さ以外にも違いはあるのだろうか? あまり気にせずにそうめんを食べていた人は、もしかするとひやむぎを食べていたのかもしれないぞ! 【食べ物雑学】「そうめん」と「ひやむぎ」違うの ...

鴨南蛮の「南蛮」とは?に関する雑学

麺・カレー

鴨南蛮の"南蛮"ってなに?そばに入ってるアレでした

「南蛮渡来の~でございます。ひっひっひ。」時代劇で、悪代官たちが悪だくみするシーンでよく出てくる「南蛮」という言葉。中国が異民族に対してつかっていた蔑称だが、日本では単純にヨーロッパや東南アジア、スペインやポルトガルを指す言葉だ。 この「南蛮」という言葉は料理によく登場するが、そばやうどんの「鴨南蛮」は南蛮渡来の食べ物…ではなさそうだ。なぜあの純和風なそば・うどんが「鴨南蛮」と呼ばれているのだろうか? 鴨南蛮の「南蛮」ってなんだ? 今回の雑学記事では、この「南蛮」について解説していくぞ! 【食べ物雑学】鴨 ...

麺・カレー

日本生まれ!ナポリタンスパゲッティは横浜で誕生した

どこか懐かしく、ついつい注文してしまうナポリタンは、幅広い世代から多く愛されるスパゲッティのメニューである。 スパゲッティというとイタリアを思い浮かべる人が多いと思うが、この大人気メニュー・ナポリタンは日本発祥ということは知っていただろうか? 今回は日本人なら誰もが知っているナポリタンスパゲッティについての雑学を詳しく説明していこう! 【食べ物雑学】ナポリタンスパゲッティは日本発祥 ナポリタンスパゲッティは神奈川県の横浜市にあるホテルの料理長が考えた、日本発祥の洋食メニューである。 【雑学解説】ナポリタン ...

海上自衛隊では週に一度カレーの日があるということに関する雑学

麺・カレー

艦食にベスト!海上自衛隊は週一でカレーを食べる【動画あり】

インド発祥のカレーは、イギリスから日本に伝わり、今やどこの家庭の食卓にも並ぶ定番メニューだ。食品会社「ヱスビー食品」が発表したマーケティングデータによると、「カレーの香りは心をうれしい状態にする可能性があることが脳波から判明した!」とのこと。 今や日本人にはなくてはならない存在になったカレーだが、カレーといえば、横須賀海軍カレーや大湊海自カレーなど、海上自衛隊の艦内でふるまわれる、いわゆる「艦めし」が有名だ。 海上自衛隊では習慣的にカレーを食べており、今では「よこすかカレーフェスティバル」というイベントで ...

ハヤシライスの由来は?に関する雑学

麺・カレー

元祖多すぎ!ハヤシライスの由来が混沌としている…

数種の野菜と薄切り牛肉で香り豊かに煮込まれたハヤシライス。この上品でコク深い味わいが人々を虜にする。 一方でカレーライスのせいでいつも2番手止まりという、ある意味不遇な扱いの料理でもある。いやいや…「ハヤシライスのほうが好きだよ!」って人も多いはずだ! 今回はそんなハヤシライスに関する雑学である。 そういえば…ハヤシライスって洋食っぽく見えて、めちゃくちゃ純和風な名前だよな…。いったいどんな由来が隠されているんだ? 【食べ物雑学】ハヤシライスの由来とは? ぷよぷよくん ハヤシライスって日本発祥の食べものだ ...

Copyright© 雑学カンパニー , 2020 All Rights Reserved.